村田善則のニュース

芝浦工業大学、国内4つの工業系大学と共同で「第1回 工大サミット」を梅田にて6月24日開催

@Press / 2017年05月24日11時00分

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/129111/LL_img_129111_1.png 「工大サミット」参加5大学 ■「第1回 工大サミット」開催概要 日時 :2017年6月24日(土) 13:00~17:00 場所 :大阪工業大学 梅田キャンパス OIT梅田タワー(大阪市北区茶屋町1-45) (受付:2階受 [全文を読む]

愛知工業大学を含む全国の私立5工大が6月24日に「第1回工大サミット」を開催 -- 日本の未来を支える理工系人材育成について考える

Digital PR Platform / 2017年05月24日08時05分

◆「第1回工大サミット」開催概要 【日 時】 6月24日(土) 13:00~17:00(受付開始 12:30) 【場 所】 大阪工業大学梅田キャンパス OIT梅田タワー(大阪市北区茶屋町1-45) 【プログラム】 13:10~13:20 ご挨拶: 村田善則氏(文部科学省 高等教育局 私学部長) 13:20~14:20 講演: 水落隆司氏(三菱電機株式会社 [全文を読む]

巨人・由伸監督も我慢の限界? ファン「小林はおごりと甘えがある」

J-CASTトレンド / 2017年05月19日19時01分

巨人の村田善則バッテリーコーチも 「皆さん急成長って言いますが、技術的な急成長っていうのは、実はなくて...。(技術は)急には上がらないです」 と分析している。 それでも高橋監督は辛抱強く使ってきた。しかし、とうとう耐え切れなくなったか、前述の試合では、今季はじめて小林をスタメンから外し、實松一成(36)を起用した。 今回の「小林外し」に、ツイッター上で [全文を読む]

打率.173と苦しむ巨人・小林誠司

ベースボールキング / 2017年05月18日17時05分

巨人の村田善則バッテリーコーチが18日、小林誠司について言及した。 3月に行われたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表に選出され、チームトップの打率.450を記録した小林だったが、シーズンが開幕してから打率はリーグワーストの.173と苦しむ。 村田善コーチは「打率の面では、(打率.182の)梅野(阪神)も小林と変わらない。チームが勝ってい [全文を読む]

WBCで急成長の巨人・小林誠司 村田善コーチ「素直、謙虚、キビキビやろう!」

ベースボールキング / 2017年03月31日16時34分

WBC日本代表のコーチを務めた巨人の村田善則バッテリーコーチが31日の試合前に、日本代表の“ラッキーボーイ”として活躍した巨人の小林誠司について語った。 小林誠は、昨季規定打席到達者の中でリーグワーストの打率.204と打撃に課題を抱えていたが、WBCではチームトップの打率.450、1本塁打、6打点の活躍をみせた。 村田善コーチは小林誠に向けて「WBCを経験 [全文を読む]

【プロ野球】左投手がいない!? 選ばれし28名の侍戦士たちの特徴とは? 歴代WBCメンバーと徹底比較!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月06日17時05分

■2017WBC 代表選手・監督・コーチ ■投手 大谷翔平(22=日本ハム)右投左打 増井浩俊(32=日本ハム)右投右打 宮西尚生(31=日本ハム)左投左打 菅野智之(27=巨人)右投右打 秋吉亮(27=ヤクルト)右投右打 牧田和久(32=西武)右投右打 則本昂大(26=楽天)右投左打 松井裕樹(21=楽天)左投左打 千賀滉大(23=ソフトバンク)右投左 [全文を読む]

【プロ野球】V奪回が史上命令! コーチを入れ替えて臨む2年目の由伸ジャイアンツ。その陣容は?

デイリーニュースオンライン / 2017年01月06日16時05分

監督:高橋由伸 ヘッドコーチ:村田真一 投手コーチ:尾花高夫 投手コーチ:田畑一也 投手兼トレーニングコーチ:木村龍治 打撃コーチ:江藤智 打撃コーチ:二岡智宏 内野守備走塁コーチ:井端弘和 外野守備走塁コーチ:大西崇之 バッテリーコーチ:村田善則 トレーニングコーチ:伊藤博 このうち、新たにそのポストについたのが、2016年はいずれも2軍で指導していた [全文を読む]

「巨人松井秀喜監督」で入閣確実とされる「意外な名前」とは

NEWSポストセブン / 2014年01月30日16時00分

1992年のドラフト5位で、佐世保実業から巨人入りした村田善則捕手だ。 「松井は現役時代から、選手仲間とほとんど食事することがなかったほどの一匹狼ですが、同期入団で2人だけ高卒だった村田と松井は、今も親友同士です。入団当初から松井がチームを背負って立つ選手であると心得、松井が練習に専念できるよう村田が雑用を引き受けていた話は有名。その時の恩義から松井が監督 [全文を読む]

プロ野球界 有力選手と個人的関係結び存在意義高める選手も

NEWSポストセブン / 2013年03月06日16時00分

巨人時代の工藤公康の登板では、村田真一ではなく村田善則が起用されたし、最近でも中日・山本昌が投げるときには正捕手・谷繁元信を押しのけて、小田幸平がマスクを被っている。 「絶対的なエースに取り入ることができれば寿命は延びる。ただ問題は、そのエースが引退やトレードでいなくなったときに、こっちまでとばっちりを受けることなんだけど(笑い)」(パ・リーグの中堅捕手) [全文を読む]

フォーカス