田畑一也のニュース

「ヨシノブ巨人」メルトダウンで菅野が“メジャー決意”(1)「監督はやりたくなかった」

アサ芸プラス / 2017年06月10日09時56分

今年は田畑一也コーチ(48)が豊田コーチの後釜となりましたが、ドラフト10位の苦労人が身につけたこだわりの野球論を尾花コーチが容認せず、対立することが多い。結果、田畑コーチがそのストレスを選手にも向け、アドバイスを求めた選手に『面倒くさい』と突き放すこともしばしばです。スタッフのいざこざの“被害”を受け続けている選手からは『もう勘弁してくれ』と嘆く声が頻繁 [全文を読む]

巨人・吉川光、移籍後初先発 田畑コーチ「良いピッチングを期待」

ベースボールキング / 2017年04月06日17時00分

田畑一也投手コーチは先発する吉川光について「ゲームやイニングによって良し悪しが出てくるピッチャー」としながらも、「キャンプオープン戦を見る限り、ボールひとつひとつはいいものを持っている」と評価する。 つづけて田畑コーチは「チームの連勝中ということもあり、プレッシャーはあると思いますが、そこを乗り越えてもらって、良いピッチングを期待しています」と話した。 [全文を読む]

野村監督時代から続くヤクルト“再生工場”

ベースボールキング / 2017年02月16日07時45分

野村監督時代に再生された選手のひとりに、95年オフにダイエーからヤクルトにトレードで入団した田畑一也がいる。田畑はダイエー時代に2勝しか挙げられなかったが、移籍1年目の96年に12勝をマーク。翌97年には15勝を挙げ、リーグ優勝に大きく貢献した。 広島時代に4番を務めるなど、通算155発を記録した小早川毅彦は、96年オフに自由契約となりヤクルトへ移籍。9 [全文を読む]

巨人・田口が160球の熱投!「バテた?」の言葉に「まだです!」

ベースボールキング / 2017年02月14日17時00分

田畑一也投手コーチは、160球の投げ込みを行った田口について「昨シーズンは6回、7回が壁になっていた。それを乗り越える意識をもって投げているのでしょう」とイニング別では6回の13失点が最も多かったこともあり、それを克服するために投げ込んだのではないかと分析。 つづけて田畑コーチは「強いボールがいっていた。やるべきことをやって、目標に向かって備えている。そ [全文を読む]

【プロ野球】V奪回が史上命令! コーチを入れ替えて臨む2年目の由伸ジャイアンツ。その陣容は?

デイリーニュースオンライン / 2017年01月06日16時05分

監督:高橋由伸 ヘッドコーチ:村田真一 投手コーチ:尾花高夫 投手コーチ:田畑一也 投手兼トレーニングコーチ:木村龍治 打撃コーチ:江藤智 打撃コーチ:二岡智宏 内野守備走塁コーチ:井端弘和 外野守備走塁コーチ:大西崇之 バッテリーコーチ:村田善則 トレーニングコーチ:伊藤博 このうち、新たにそのポストについたのが、2016年はいずれも2軍で指導していた [全文を読む]

【プロ野球】ノムさんの歩んだ道に咲いた月見草の子どもたち。「野村再生工場」のオールスター選手を総まとめ

デイリーニュースオンライン / 2016年12月27日16時05分

田畑一也 1996年にダイエー(現ソフトバンク)から移籍。ダイエー時代は2勝しかしていなかったが、2年連続で2ケタ勝利をマーク。人呼んで「野村再生工場の最高傑作」。 小早川毅彦 広島から戦力外通告を受けてヤクルトに移籍した1997年、開幕戦で巨人のエース・斎藤雅樹から3打席連続本塁打を放ち、リーグ優勝への勢いをつけた。 ■阪神監督時代(1999年~200 [全文を読む]

2014ドラフト決定、歴代“珍経歴”の個性派選手は?

週プレNEWS / 2014年10月27日11時00分

野村克也監督時代のヤクルトで活躍した田畑一也は、社会人の北陸銀行を故障で退社後、実家で大工をしていたが、91年にダイエーの入団テストに合格。ドラフト10位で指名され、「元大工のプロ」と呼ばれた。 最近では、07年に大学生・社会人ドラフト4巡目で阪神に指名された黒田祐輔の所属先「シャンソン化粧品」も話題になった。駒澤大を中退後、プロ入りを目指しながら、地元 [全文を読む]

2014ドラフト直前、今こそ懐かしの名物男・パンチョ伊東を語ろう!

週プレNEWS / 2014年10月21日06時00分

伊東は、91年のドラフトで通算1991人目となる田畑一也(元北陸銀行)の名を読み上げたのを最後にパ・リーグを退職。以後はメジャーリーグ通のコメンテーターとして活躍した。 時にはその“不変”なヘアスタイルをネタにされることもあったが、その真相は明かされず……やがて体調を崩し、02年にこの世を去った。 ちなみに、ニックネームの“パンチョ”は、メキシコ人に多い [全文を読む]

フォーカス