岡田和生のニュース

【フィリピン】ラスベガスやマカオを超えろ! 日本の大富豪・岡田和生氏のカジノ

Global News Asia / 2017年04月11日09時00分

カジノのオーナーは、日本の大富豪・岡田和生氏。成長著しいフィリピンの、新しいギャンブルの中心地「エンターテイメント・シティ」は120万平方mの巨大な埋立地だがカジノ・オカダはその3分の1を占めている。 この数十億ドル規模の開発は、ショッピングセンター、高級ホテル、ミシェランの星付きレストラン、それにドリームワークスが手がけるテーマパークまで擁している。 [全文を読む]

パチンコ王が美術館を箱根にオープン 日本・中国・朝鮮の名品を展示

太田出版ケトルニュース / 2013年10月02日10時46分

10月4日(金)、神奈川県箱根町の小涌谷に、実業家・岡田和生氏が収集した日本・中国・朝鮮の美術品を展示する「岡田美術館」がオープンする。 この美術館は、パチスロ機・パチンコ機・周辺機器の開発・製造・販売を行うユニバーサルエンターテインメント(旧社名・アルゼ)創業者の岡田和生氏が収集した、日本・東洋の美術品や考古遺品などの文化財を公開する施設。明治時代に存在 [全文を読む]

日本の長者番付 2代目、3代目の常連化が経済硬直を体現

NEWSポストセブン / 2017年04月20日16時00分

パチンコ・パチスロ機の製造業では、SANKYOの毒島秀行氏が8位(総資産4660億円)、ユニバーサルエンターテインメントの岡田和生氏が18位(2440億円)、平和の石原昌幸氏が28位(1440億円)、三洋物産の金沢要求氏兄弟が44位(1070億円)、セガサミーHDの里見治氏が45位(1050億円)に入った。パチンコホールなど遊技場の経営では、マルハンの韓 [全文を読む]

日本長者番付クローズアップ パチンコ王・里見治が挑む大ばくち

Forbes JAPAN / 2017年04月07日07時30分

パチンコ業界のライバル企業ユニバーサルエンターテインメントの岡田和生会長(日本長者番付18位)も同様の戦略を進める。20億ドル(約2200億円)を投じてフィリピンの首都マニラに建設した「オカダマニラ」は、カジノ、ホテル、オカダブランドのレストランなどが入る統合型リゾートで、昨年12月に仮オープンした。パチンコ企業は、これまでの慣習を捨てる必要性に迫られてい [全文を読む]

フォーブス「日本長者番付 2017」発表、孫正義が首位奪取

PR TIMES / 2017年04月06日10時35分

その他に資産増加幅が大きかった顔触れには、パチンコメーカーのユニバーサルエンターテインメント会長、岡田和生(18位、資産22億ドル)が含まれる。同社の売上高は2016年12月までの9か月間で50%近く増加。株価の上昇により、岡田の年間資産増加率は69%に達した。 [全文を読む]

カジノは日本に必要か。マニラの日系カジノに行ってみた

文春オンライン / 2017年04月01日17時00分

午後8時過ぎ、共同出資者でパチスロ機メーカー「ユニバーサルエンターテインメント」(本社・東京都江東区)の岡田和生会長(74)がスーツ姿でステージに姿を見せた。 司会者のフィリピン人アーティストから「ここにいる皆さまにメッセージをお願いします」と求められると、岡田会長は「私からの言葉はメリークリスマス!」と声を張り上げ、右腕を高々と掲げて笑った。 続いてオ [全文を読む]

フォーブス世界長者番付入りの日本人 パチンコ業界から3人

NEWSポストセブン / 2016年05月10日16時00分

同じく19位にはパチスロ・パチンコメーカーのユニバーサルエンターテインメント(旧・アルゼ)会長・岡田和生氏も名を連ねる。遊技業界は強しだ。 ※週刊ポスト2016年5月20日号 [全文を読む]

90年代の長者番付 消費者金融やパチンコ関連社長が名を連ねた

NEWSポストセブン / 2015年09月22日16時00分

その後も『平日半額セール』など新戦略を展開して“価格破壊”を引き起こし、日本マクドナルドを外食業界でトップクラスに育て上げたカリスマ経営者でした」(経済ジャーナリスト・福田俊之氏) 1999年度は、この当時にパチスロ機で約50%のシェアを誇った岡田和生・アルゼ社長がトップとなり(同25億3711万円)、消費者金融とパチンコ機器メーカーの創業者が長者番付の上 [全文を読む]

日本人が経営、日本式のおもてなしカジノフィリピン・マニラで2016年12月オープン

@Press / 2015年08月20日10時45分

同社(取締役会長 岡田和生氏)は、日本式のおもてなしを最優先したカジノである、「マニラベイリゾート」を、2016年12月にオープンと発表しました。【観光立国ニッポンに、カジノを】日本政府観光局(JNTO)が2015年7月22日に発表した訪日外客数の統計を見ると、2015年上半期(1月~6月)は、前年同期比46%増の914万人となっています。政府はさらなる観 [全文を読む]

会社の利益約11億でも8億の報酬を得るあの社長 「辞める」と言い続け高額報酬を懐に

Business Journal / 2015年04月04日10時00分

2位はユーシンの田邊耕二会長兼社長(8億3400万円)、3位はユニバーサルエンターテインメントの岡田和生会長(8億1000万円)などが続く」(3月18日付東洋経済オンライン記事『“年収1億円超”の上場企業役員443人リスト』より) 筆者はかねがね、「日本の上場企業の役員報酬は欧米に比べて低い。退任後10年間も株主訴訟の対象となるリスクを考えればもっと高くて [全文を読む]

フォーカス