安田光のニュース

チーム紹介:帝京長岡高(新潟)

ゲキサカ / 2017年01月01日23時32分

第95回全国高校サッカー選手権 帝京長岡高(新潟) チーム紹介&注目選手↓ 過去の全国大会成績↓ 登録メンバーリスト↓ 帝京長岡高関連ニュース 帝京長岡高写真ニュース 画▼全国大会日程 1回戦 1-1(PK4-5)徳島市立高(徳島)■出場回数 3年ぶり5回目■過去の最高成績 8強(12年度)■その他、過去の主な全国大会成績 ■監督 古沢徹■主将 GK深谷圭 [全文を読む]

美人はふわっと香らせる “恋引力”アップの香水とは?

anan NEWS / 2016年09月17日12時00分

「実力以上に、“いい女”に仕立て上げてくれる、心強いパートナー」(美容エディター&ライター・安田光絵)。50ml¥11,500(マーク ジェイコブス) ◇いしざか・しょう フレグランス・プロデューサー。セントネーションズ代表。日本を代表する、パフューマリスト。著名人にも支持者多数。 ※『anan』2016年9月21日号より。写真・田村昌裕(FREAKS) [全文を読む]

1回で太ももマイナス2cmも! サロンマニアが本気で推薦するサロン

anan NEWS / 2016年08月26日08時00分

カメラマンの藤沢由佳さん、美容ライターの安田光絵、フリーPRの栗田綾野さん、ライターの真島絵麻里さんが、数あるサロンのなか、実際に通ってみて、本当に効く! と感じた選りすぐりの名店だけをピックアップしてくれました。 * * * 安田:ダイエットしても、なかなかヤセないのが太ももやお尻などのパーツ。私は、自分の力ではどうすることもできなくて、プロの力を借り [全文を読む]

[関東2部]神奈川大登録メンバー:前期

ゲキサカ / 2017年04月12日15時51分

第91回関東大学サッカーリーグ戦2部 神奈川大登録メンバー ■監督 長谷川大 ■主将 DF 寺前光太(4年=日大藤沢高) ▼GK 1 中村圭吾(4年=山梨学院高) 12 山川卓己(3年=清水ユース) 21 坂口璃久(2年=星稜高) ▼DF 2 久保秀介(4年=高松商高) 3 石渡旭(3年=静岡学園高) 4 白井達也(2年=市立船橋高) 5 寺前光太(4年= [全文を読む]

[選手権予選]帝京長岡が新潟明訓に4発リベンジ!3年ぶりの全国へ:新潟

ゲキサカ / 2016年11月14日22時29分

帝京長岡は前半24分、MF安田光希の右CKをニアサイドのFW楜澤健太が頭で逆サイドのゴールネットへ流し込んで先制点。さらに直後の26分には右サイドでの崩しからMF木村勇登が上げたクロスをMF陶山勇磨がダイビングヘッドで合わせて2-0と突き放す。 帝京長岡は31分にも安田の左足FKを木村が頭でゴール右隅へ突き刺して3点目。後半、新潟明訓も反撃したが、GK深 [全文を読む]

[選手権予選]“PK要員”のMF野本が出場20秒でV弾!帝京長岡が堅守と延長後半ラストプレーの一撃で決勝進出:新潟

ゲキサカ / 2016年11月08日12時12分

アディショナルタイムはゼロだったため、まさにラストプレーだったCKをMF安田光希(2年)が左足で蹴り込むと、わずか15秒か20秒前に投入されたばかりの背番号8の頭を経由して、ボールはゴールネットを揺らしていた。 右手を突き上げて走り出した野本にチームメートたちが笑顔で駆け寄る。その口々から発せられたのは祝福の声よりも「何で、オマエが!」という言葉。ニアサイ [全文を読む]

[MOM1887]帝京長岡FW楜澤健太(3年)_注目レフティー、意表突くプレー連発し、2発も!

ゲキサカ / 2016年09月24日09時18分

左SB安田光希の左足クロスをニアへ飛び込んだ背番号10が左足ダイレクトボレーでゴールネットに突き刺した。ゴール前での相手との駆け引きから一瞬の動きで背後を取って鮮烈ゴール。「(クロスがDFの)頭を越えればタイミングで取れるなと思っていた。入り込むだけだったので当てるだけでした。クロスが良かったです」。決して簡単では無いシュートのように映ったが、本人にとって [全文を読む]

[プリンスリーグ北信越]中学生が計3得点!!「4年以内に日本一」掲げる帝京長岡が長岡ダービー制す!

ゲキサカ / 2016年09月24日00時37分

左サイドからMF陶山勇磨(2年)とSB安田光希(2年)がしつこく打開を試みていた帝京長岡は前半25分、連続攻撃から安田が縦へ抜け出して左足クロス。これをニアサイドへ巧みに飛び込んだエース楜澤が左足ダイレクトで合わせてリードを奪った。この1点によって攻撃が落ち着いた帝京長岡はエース楜澤のアイディア溢れるボールコントロールと突破や、局面に人数をかけて相手の逆を [全文を読む]

疲れで目元の“劣化”が! スペシャルケアで食い止めろ

anan NEWS / 2016年09月17日08時00分

視界まで広くなり、アイクリームの必要性を再確認」(安田光絵)。15g¥10,000(ニールズヤード レメディーズ) ■クリニーク ペップ スタート アイ クリーム 1本で目元悩みをマルチに解決。寝不足などのむくみも、短時間で軽減。「球状のアプリケーターでマッサージすると、むくみがスッキリ。ちょうどいいサイズ感も、持ち運びに便利」(モデル・あめさん)。「疲れ [全文を読む]

秋に下降しがちな“素肌力”を持ち上げる優秀ケアアイテム7選!

anan NEWS / 2016年09月16日12時00分

乾燥肌の救世主です」(美容エディター&ライター・安田光絵)。「とにかくテクスチャーが好み。サラッとした感触だけど、軽すぎず、とろみさえ感じる希少な化粧水。その保湿力は、クリームを塗るのを忘れるほど」(ヨガインストラクター・渡辺由布子さん)。360ml¥5,500 9/16発売(アクセーヌ) ■ソフィーナ ボーテ 高保湿化粧水。 乾燥して硬くなった角層の奥の [全文を読む]

「午後2時に食べたら太らない」は本当? 専門家の意見は

anan NEWS / 2016年01月22日20時00分

写真・水野昭子 文・風間裕美子 安田光絵 山縣みどり [全文を読む]

痩せたいけど炭水化物がやめられない…そんな人に朗報! ダイエットパスタ登場

anan NEWS / 2016年01月22日12時00分

写真・水野昭子 田尻陽子 文・風間裕美子 安田光絵 山縣みどり [全文を読む]

お手本は原始人! アメリカで大人気の「パレオダイエット」とは

anan NEWS / 2016年01月22日08時00分

文・風間裕美子 安田光絵 山縣みどり [全文を読む]

[選手権]チームメートの注目FW小川に「負けないくらい点取りたい」桐光学園はMFイサカ・ゼインが選手権初ゴール

ゲキサカ / 2016年01月02日20時38分

1-0の後半13分、MF安田光希(3年)の右CKの処理を相手守備陣が誤ると、「落下地点はだいたい分かっていたので」とゴールエリアに落ちて来たボールにいち早く反応してGKの前に入り込み、頭でゴールへと押し込んだ。 さらに31分にはMF田中雄大(1年)のスルーパスにタイミングよく抜けだして独走。最後はGKをかわしにかかったところでファウルを受けてPKを獲得した [全文を読む]

[選手権]大迫越え掲げるFW小川が2発!焦れずにスタイル発揮の桐光学園が3-0発進

ゲキサカ / 2016年01月02日20時08分

安田の先発は良かったと思います」と評した技巧派レフティーMF安田光希(3年)や、10番MF鳥海芳樹(2年)、イサカ・ゼインらのアイディアや、左SBタビナス・ジェファーソン(2年)のパワフルな突破、また2対1の状況では足裏パスでのスイッチを多用してサイドの局面を何度も切り崩し、決定的なシーンを作り出す。22分には左MF西川公基(2年)がDF2人の間を割って入 [全文を読む]

[選手権]チーム紹介:桐光学園高(神奈川)

ゲキサカ / 2015年12月29日12時07分

クロスへの対応も自信見せる守護神 ■過去の全国大会成績 【13年度(3回戦敗退)】 2回戦 1-0 高知商高(高知) 3回戦 0-1 四日市中央工高(三重) 【12年度(4強)】 2回戦 4-2 四日市中央工高(三重) 3回戦 3-0 佐賀商高(佐賀) 準々決勝 2-1 作陽高(岡山) 準決勝 0-3 京都橘高(京都) 【11年度(3回戦敗退)】 1回戦 [全文を読む]

[総体]苦戦も勝ち切る強さ、神奈川V候補・桐光学園は座間をPK戦で振り切る

ゲキサカ / 2015年06月16日19時05分

前半終了間際にはMF安田光希(3年)が左足で放り込んだFKがGK頭上を襲い、クロスバーの跳ね返りを小川が右足で狙った。 一方、座間もMF川元雄太(3年)とMF神山知也(2年)のダブルボランチら中盤の選手たちが相手のサイド攻撃に対して最終ラインをカバーし、クロスもCB柴田航平とCB森井寛之が弾いていく。また攻撃面でも26分にDFを競りながらボールを運んだFW [全文を読む]

[プリンスリーグ関東]プレミア復帰へ負けられない戦い・・・桐光学園vs三菱養和は1-1ドロー

ゲキサカ / 2015年05月12日15時21分

U-18日本代表の注目ストライカー、FW小川航基主将をはじめ、右SBイサカ・ゼインや10番MF安田光希(全て3年)ら昨年からの主力残る桐光学園とU-18日本代表候補のMF瀬古樹主将やMF松井輝純(ともに3年)、MF齋藤一、DF杉山耕二(ともに2年)といった昨年の日本クラブユース選手権優勝経験者を擁する三菱養和。プレミアリーグ復帰を掲げて戦う両チームだが、 [全文を読む]

[プリンスリーグ関東]桐光学園、プレミアモードに切り替えて神奈川ダービー勝利

ゲキサカ / 2014年11月23日07時53分

試合は互角の立ち上がりとなったが、桐光学園は前半19分に右に開いた2年生MF安田光希が中央からのパスを受け、すかさず後方から駆け上がったMF有馬侑希にボールを預けると、ゴール前へ移動。有馬がドリブルで縦に運びながらタイミングを計って横パスを入れ、安田がダイレクトで合わせて先制点を奪った。 安田は「有馬君に預けておけば大丈夫。ボールが戻ってきたら、あとは触 [全文を読む]

[選手権予選]「チーム力ではウチの方が上」日大藤沢が田場V弾で桐光学園の4連覇阻止!:神奈川

ゲキサカ / 2014年10月14日18時43分

12分、MF安田光希(2年)の左FKをファーサイドのCB井上瑠寧(3年)が頭で折り返すと、左サイドで詰めた小川が左足でゴールへ押し込んだ。あっという間の同点劇。ボールを奪ってから連動したパスワークで前線まで運んでくる桐光学園は、多少アバウトなボールを前線に入れても小川やFW佐藤孝太(3年)が高さ、キープ力を活かして連続攻撃に繋げてしまう。そして右サイドから [全文を読む]

フォーカス