玉川堂のニュース

アートの域へ達したマツダのデザインに、日本のモノづくり精神を見た

&GP / 2015年10月10日18時00分

新型ロードスターのキースケッチを描いたデザイナーが、このトラックレーサーのスケッチも描いたんですよ」(中牟田さん) 伝統技法により銅の塊からたたき出された玉川堂の「魂銅器 KODOKI」 この写真にあるオブジェ「魂銅器 KODOKI(こどうき)」も、ミラノサローネに出展されたものです。 「魂動デザインと、そこから生まれたラインナップが完成した今、マツダはネ [全文を読む]

マツダ、「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2015」に出展

JCN Newswire / 2015年10月09日14時44分

4月にイタリア ミラノで開催された「ミラノデザインウィーク2015」*1に出展し好評を博した、マツダが独自にデザインしたトラックレーサー「Bike by KODO concept」とソファ「Sofa by KODO concept」の他、玉川堂*2作の鎚起銅器「魂銅器(こどうき)」や、金城一国斎*3作の卵殻彫漆箱「白糸(しらいと)」といった、マツダのデザイ [全文を読む]

オカザえもんもビックリ!“まるでネコ”の肉球スイーツとは?

Walkerplus / 2014年11月17日19時13分

ご当地キャラ、オカザえもんで有名な愛知県岡崎市にある、老舗和菓子店「小野玉川堂」の一品だ。毎月11日と22日(ワンワンの日、ニャンニャンの日)の2日間のみ、数量限定で販売。 一番の特徴は、その“肉球らしさ”。ふわふわとしたネコ足の柔らかさは羽二重餅で再現し、ぷにぷにとしたピンク色の肉球のツヤは羊羹(ようかん)で仕上げている。「肉球羽二重餅」の白は、チーズと [全文を読む]

江戸以来の金属加工の技に脱帽!新潟・燕市のモノづくりの歴史を体感できるスポット3つ

サライ.jp / 2016年11月02日17時00分

この製法を200年にわたり伝承するのが「玉川堂」さんです。築100年を超える登録有形文化財の工房では、20人ほどの職人が汗を流しています。 [caption id="attachment_103808" align="alignnone" width="500"] 鎚起銅器の製品。[/caption] [caption id="attachment_10 [全文を読む]

鎚起銅器 玉川堂 200周年記念企画「玉川堂 200年展 ~ 打つ。時を打つ。」

PR TIMES / 2016年06月09日09時30分

6月19 日(日)まで 銀座 ポーラ ミュージアム アネックスにて新潟県燕三条にて鎚起銅器(ついきどうき)の技を継承する玉川堂(ぎょくせんどう)は、創業200周年を記念した展覧会、「玉川堂 200年展 ~ 打つ。時を打つ。」を2016年6月4日(土)から6月19日(日)まで、ポーラ ミュージアム アネックスにて開催しています。展覧会では、1816年創業時か [全文を読む]

無形文化財の鎚起銅器を手掛ける「玉川堂」が銀座で作品展。江戸から続く“木目金”技法も披露

FASHION HEADLINE / 2016年05月10日15時00分

新潟県の無形文化財で、鎚起銅器(ついきどうき)の技を継承する玉川堂(ぎょくせんどう)200周年を記念した展覧会「玉川堂200年展 ~打つ。時を打つ。」が、6月4日から19日まで東京・銀座のポーラ ミュージアム アネックスで開催される。 職人が金鎚で銅器を「打つ」作業とともに、時を重ねる(「時を打つ」)ことでより美しさを増す玉川堂の銅器。同展では、歴史や伝統 [全文を読む]

谷川じゅんじ×鎚起銅器「玉川堂」のコラボアートピース、世界限定100個で登場

FASHION HEADLINE / 2014年11月17日17時00分

「空間をメディアにしたメッセージの伝達」をテーマにブランディングプロモーションを手掛けてきたJTQ代表の谷川じゅんじが、新潟燕三条の無形文化財・鎚起銅器の老舗「玉川堂」とコラボレーションし、アートピース「鎚起和器『月』」を発売した。 鋭く輝く澄んだシルバーの半球体のデザインは、絶えることのない月の満ち欠けがモチーフ。見る角度によって満月から半月、新月へと変 [全文を読む]

創刊号で大ヒットした、有元さんご愛用の「玉川堂」銅の道具を充実 『YOKO’S MARKET』Vol.3を 増部・増頁で10月1日に発行

PR TIMES / 2012年09月28日10時15分

巻頭特集では、昨年創刊号で大ヒットした「茶器シリーズ」の工房である、新潟の「玉川堂(ぎょくせんどう)」を有元さんと訪ね、手作りの銅の道具の魅力をご紹介します。今号では「両手鍋」などを新たにラインナップします。さらに秋田の「樽富(たるとみ)かまた」から、有元さんが愛用する、天然秋田杉で作られたおひつ(表紙で使用)を紹介するほか、有元さんおすすめのキッチン用品 [全文を読む]

日本の「入浴」を文化として世界に発信 日本橋三越本店で「湯道への道」開催!

PR TIMES / 2017年05月12日17時36分

◎会期 5月10日(水)~16日(火)日本橋三越本店 本館1階中央ホール 5月17日(水)~30日(火)本館5階 インテリアプロモーション ◎トークイベント【参加費無料】 5月13日(土)14:00~(13:30開場) 湯道提唱者 小山薫堂と、湯道に賛同し、湯道具を制作した職人たちによるトークショー 出演者:小山薫堂 ゲスト:中川周士(中川木工芸)、山田 [全文を読む]

新潟県唯一の醸造イベント!【にいがた醸造サミット2016】11月19日(土曜日)に開催!新潟県内のワイン、クラフトビール、日本酒、発酵食の醸造家が一堂に集結!

PR TIMES / 2016年11月08日15時09分

[画像1: http://prtimes.jp/i/21357/13/resize/d21357-13-361347-0.jpg ]【プロ同志が熱く語る「醸造サミット」講演スケジュール】第一部 ビール×チーズ 新潟麦酒(株)/ロイアルヒルホルスタインズ第二部 味噌×鎚起銅器 (株)峰村商店/(株)玉川堂第三部 ワイン×日本酒 カーブドッチワイナリー/麒麟山 [全文を読む]

「魂動」デザインを香りで表現!? MAZDA×資生堂コラボのフレグランスに込められた「美」とは

ガジェット通信 / 2016年08月10日20時00分

前田氏は、これまで無形文化財の鎚起銅器『玉川堂』や、金城一国斎との卵殻彫漆箱といった伝統工芸とのコラボレーションによってデザイナーやモデラーに刺激を受けてきた経緯を語り、「2Dから3Dを飛び超えて4Dに挑戦したようなもの」と資生堂に香りの制作を依頼した理由を挙げ、「資生堂独自の書体にも高い美意識に根差したモノ創りの思想が込められている」とシンプルで美しい [全文を読む]

「二人三脚で金属と人生を歩む」鎚起銅器職人・渡辺和也【新潟の旅】

FASHION HEADLINE / 2016年07月18日20時00分

無形文化財にも指定されている鎚起銅器(ついきどうき)を200年に渡り、国内で唯一継承する玉川堂や、半世紀に渡り切れ味の良い包丁を追求してきた藤次郎株式会社といった、世界に誇る技術を有す地域のものづくり企業が燕市にはあります。この燕市の地場産業の原点は江戸時代の和釘にはじまりヤスリ、彫金、鎚起銅器と、時代の移り変わりと共に職人たちの技術が受け継がれてきたそう [全文を読む]

自然と人がともに暮らす町。新潟で見た日本の原風景【新潟の旅プロローグ】

FASHION HEADLINE / 2016年07月16日18時00分

新潟のほぼ中央部に位置する燕市は刃物の町として知られ、200年の歴史を持つ無形文化財 鎚起銅器「玉川堂」を始め、鍛冶から発展した世界レベルの金属加工技術を誇ります。同じく国の重要無形文化財に指定されており、江戸時代初期から受け継がれる新潟西部は小千谷市の麻織物・小千谷縮(おぢやちぢみ)もあれば、日本有数のニット産地の加茂市や五泉市もあり職人文化を育んでい [全文を読む]

「大日本市博覧会」が国内巡回! 限定品・イベントが盛りだくさん

TABROOM NEWS / 2016年01月12日03時07分

写真左上から時計回りに、 「東京 江戸切子グラスセット(麻の葉文/無地)」1万2000円(税抜)/200個限定 「長崎 波佐見焼 HASAMI BLOCKMUG 麻の葉手描き染付」6000円(税抜)/50個限定 「奈良 本麻 御茶巾」900円(税抜)/500個限定 「石川 金沢箔 拭き漆金箔竹箸」5000円(税抜)/300セット限定 ▽中川政七商店街 限定 [全文を読む]

「クルマはアートだ!」 マツダ、「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2015」に出展【ニュース・トピックス:マツダ】

CORISM / 2015年10月27日11時30分

好評を得た独自にデザインしたトラックレーサー「Bike by KODO concept」とソファ「Sofa by KODO concept」の他、玉川堂作の鎚起銅器「魂銅器(こどうき)」や、金城一国斎作の卵殻彫漆箱「白糸(しらいと)」といった、マツダのデザインテーマ「魂動」に共感して創作された日本の伝統工芸を展示している。 こうしたアートワークは、「CAR [全文を読む]

クルマはアートだ! マツダ、「This is Mazda Design. CAR as ART」展を開催

Autoblog JP(オートブログ) / 2015年10月23日22時30分

金属加工産地として知られる新潟県燕市を本拠とする玉川堂は、200年の歴史を持つ鎚器工房。今回は銅板がなかった時代の技術を再現し、銅の塊から数人掛かりで叩き出すことで創り上げた「魂銅器」を出展。 漆を立体的に盛り上げ、彩色する「高盛絵」という独自の技法を広島で打ち立てた金城一国斎の技法を受け継ぐ七代目は、魂動デザインから感銘を受け、「白糸」と名付けられた卵 [全文を読む]

51のショップが参加「JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK 2015」始まる

TABROOM NEWS / 2015年10月21日19時23分

JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK 2015 開催日時:2015年10月24日(土)〜11月3日(火・祝) 会場:東京 メイン会場 / 伝統工芸青山スクエア(東京都港区赤坂8-1-22) 名古屋 メイン会場 / 国際デザインセンター(愛知県名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパーク・デザインセンタービル) ▽東京・参加店舗 URB [全文を読む]

ニッポンの伝統工芸に出逢う。創り手と使い手を繋ぐ『JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK 2015』が10月24日(土)より今年も開催!

PR TIMES / 2015年10月15日16時09分

[画像1: http://prtimes.jp/i/15601/1/resize/d15601-1-643805-10.jpg ]■開催概要【期間】2015年10月24日(土)~11月3日(火)【会場】東京メイン会場:伝統工芸青山スクエア 東京都港区赤坂8-1-22 名古屋メイン会場:国際デザインセンター 愛知県名古屋市中区栄3-18-1 (ナディアパーク [全文を読む]

今年も工場の扉が開かれる! 第3回「燕三条 工場の祭典」は68拠点が参加

TABROOM NEWS / 2015年09月28日13時32分

150年にわたり包丁つくりを続ける「義平刃物」や、鉞(まさかり)などを製造し伝統的工芸品の認定も受ける「水野製作所」、2010年に人間国宝に認定された玉川宣夫による銅器製造「玉川堂」など、職人技術による伝統的ものづくりを継承してきた工場の数々が一斉に、ものづくりの現場をお披露目します。 各工場が趣向を凝らした体験や見学ツアーを開催するほか、案内所の一部もも [全文を読む]

新潟・燕三条のファクトリーを一斉開放、ものづくりの現場を見学・体験できる「工場の祭典」

FASHION HEADLINE / 2015年07月03日19時00分

ラインアップは、150年に渡り培った技と信用を礎に“良く切れて、切れ味が長持ちし、錆びにくい” 包丁を製作する「義平刃物」や、三条下田地区の大自然で育まれた酒造好適米「五百 万石」、「越淡麗」を用いて新潟清酒として代表的な淡麗辛口の酒を製造する「福顏酒造」を始め、鉞(まさかり)や板金用掴箸を手掛ける「水野製作所」、茶器や酒器、花器などの幅広い銅器を製造する [全文を読む]

フォーカス