永山久夫のニュース

甘酒......心の傷まで治してくれる、飲む点滴・甘酒

ニューズウィーク日本版 / 2016年11月19日07時00分

和食を知り尽くした食文化史研究家の永山久夫氏(85歳)が、自らの若く貧しい時代を支えた「食の知恵」を初公開。今回は日本の伝統的なノンアルコールドリンクの甘酒> 東北大学大学院農学研究科の都筑穀准教授の研究によると、昭和50(1975)年ごろ、日本の一般家庭で採られていた食事が最も健康的だという。あらゆる種類のダイエット法が登場しては消えていく中で、この研究 [全文を読む]

1日おきに魚と肉......栄養のかたよりを防ぐ永山流食事法

ニューズウィーク日本版 / 2016年11月18日12時01分

和食を知り尽くした食文化史研究家の永山久夫氏(85歳)が、自らの若く貧しい時代を支えた「食の知恵」を初公開。1日おきに魚と肉を食べるのがいいという> 東北大学大学院農学研究科の都筑穀准教授の研究によると、昭和50(1975)年ごろ、日本の一般家庭で採られていた食事が最も健康的だという。あらゆる種類のダイエット法が登場しては消えていく中で、この研究は話題とな [全文を読む]

高野豆腐......凍り豆腐(高野豆腐)は植物性タンパク質の王様

ニューズウィーク日本版 / 2016年11月17日15時20分

和食を知り尽くした食文化史研究家の永山久夫氏(85歳)が、自らの若く貧しい時代を支えた「食の知恵」を初公開。彼が薦める食材の1つが、高野豆腐だ> 東北大学大学院農学研究科の都筑穀准教授の研究によると、昭和50(1975)年ごろ、日本の一般家庭で採られていた食事が最も健康的だという。あらゆる種類のダイエット法が登場しては消えていく中で、この研究は話題となった [全文を読む]

主食以外の自分流サプリメントを、毎日必ず食べる

ニューズウィーク日本版 / 2016年11月20日08時30分

和食を知り尽くした食文化史研究家の永山久夫氏(85歳)が、自らの若く貧しい時代を支えた「食の知恵」を初公開。サプリメントは自分流でいいという> 東北大学大学院農学研究科の都筑穀准教授の研究によると、昭和50(1975)年ごろ、日本の一般家庭で採られていた食事が最も健康的だという。あらゆる種類のダイエット法が登場しては消えていく中で、この研究は話題となった。 [全文を読む]

ご飯を最後に食べる「会席料理式ダイエット」のすすめ

ニューズウィーク日本版 / 2016年11月16日19時37分

和食を知り尽くした食文化史研究家の永山久夫氏(85歳)が、自らの若く貧しい時代を支えた「食の知恵」を初公開> 東北大学大学院農学研究科の都筑穀准教授によると、昭和50(1975)年ごろ、日本の一般家庭で採られていた食事が最も健康的だという。1960年、1975年、1990年、2005年の食事メニューを再現し、比較実験した研究から得られた結論だ。 あらゆる種 [全文を読む]

世界も、今の人たちも、和食の素晴らしさをまだ知らない

ニューズウィーク日本版 / 2016年12月29日11時06分

<『昭和のシンプル食生活』を上梓した食文化史研究家の永山久夫氏(85歳)。健康と長寿をもたらす和食について、話を聞いた> 永山久夫氏は、現在85歳。和食を知り尽くし、「昭和の食生活」を自ら実践してきた専門家だ。福島県に生まれ、漫画家を目指して上京、結婚。一児を授かるが、妻に先立たれてしまう。以来、貧乏暮らしをしながら仕事と子育てを続けた永山氏は、40代も半 [全文を読む]

「福島の美味しいものブランドプロジェクト」の季刊情報誌『福島美味めぐり』10月31日創刊!

@Press / 2014年10月23日10時00分

【媒体概要】 タイトル :「福島美味めぐり」 創刊 :2014年10月31日 発行サイクル:10月、1月、3月、6月末日 判型 :297×104mm、中綴じ、オールカラー、12頁 印刷 :オフセット印刷 価格 :無料 配付場所 :日本橋ふくしま館MIDETTE(ミデッテ) 福島駅西口複合施設「コラッセふくしま」 福島駅西口「福島美味ショップ」 その他福島 [全文を読む]

<箱根町主催>五感で学ぶ、未病改善プロジェクト「はこじょウォーク&リラックス」5月27日(土)開催~ 森ヨガ&森林セラピー(R)で未病を改善 ~

PR TIMES / 2017年05月17日13時10分

昼食では未病を食から改善するために、食文化史研究家 永山久夫氏に監修いただいた健康と美味しさにこだわった「天女さまのおむすび」作りを皆さまにご体験いただけます。これまで森林浴に興味のなかった方や、ヨガ初心者の方、またお子様連れのご家族にも安心してご参加いただける内容となっています。週末は箱根芦ノ湖畔の森で、爽やかな空気を感じながら、ゆったりと過ごしてみては [全文を読む]

海外でも大注目!「豆類」にダイエット効果が期待できるワケ

アサ芸プラス / 2017年02月01日09時58分

食文化研究家で西武文理大学講師の永山久夫氏が解説する。「わが国では古来より、大豆は100歳食、食べる薬とも言われてきました。みずほの国の食文化の基本は、米と大豆と季節ごとのありあわせ料理。この食事は太らないばかりか、成人病も防ぎます。納豆に含まれるナットウキナーゼは血栓を溶かし、血液サラサラ効果を持つので、代謝アップに繋がります。代謝が上がることで、脂肪燃 [全文を読む]

テレビの見すぎは寿命を縮める!?「健康寿命」の延ばし方

日刊大衆 / 2017年01月20日11時30分

生命はそれ自体で調和が保たれているので、そのまま取り入れるのが人の体にもいいと考えられているのです」(同) また、『健康寿命をとことん延ばす――「食」の決めワザ100』(宝島社新書)など、健康と食に関する多くの著書がある食文化史研究家の永山久夫氏も、食材を丸ごと食べるのが長寿効果の高い食べ方だと考える一人だ。 ちなみに現在、都道府県別の平均寿命のトップは長 [全文を読む]

厚労省調査 健康寿命No.1は鰻とお茶の消費多い浜松

NEWSポストセブン / 2016年11月04日07時00分

食文化史研究家で綜合長寿食研究所所長の永山久夫氏は、国内の“長寿村”と呼ばれる地域の食生活を長年にわたり調査している。 「厚労省の研究班が全国20大都市の健康寿命を調査したデータによると健康寿命ナンバーワンは浜松でした。お茶とウナギの消費量が非常に多い地域です」(永山氏) 緑茶については、ポリフェノールの一種であるカテキンが含まれていて、血圧降下作用や血 [全文を読む]

1日一杯の味噌汁で突然襲われる「脳の病」が予防できる!

アサ芸プラス / 2016年10月29日09時58分

そして食生活の見直しが最大の予防になると力説するのは、食文化史研究家で西武文理大学の講師を務める永山久夫氏だ。永山氏はわが国の伝統食の見直しを提唱する。「今、和食が世界的に注目を集めていますが、なんといっても和食の中で優れものは味噌、大豆食品です。味噌は最高の健康食品ですよ」 大豆は良質なタンパク質を豊富に含んでいるが、発酵することでアミノ酸に分解され、旨 [全文を読む]

夏バテの特効薬!「鬼平」も好んだ「甘酒」は栄養補給に最適な“飲む点滴”

アサ芸プラス / 2016年08月21日09時58分

西武文理大学客員教授で食文化研究家の永山久夫氏がこう語っている。「江戸時代、客はショウガのしぼり汁をたらしてもらい、熱々の甘酒を飲む。ブドウ糖やビタミン類、それに発酵によって発生した麹菌や酵母、酵素類が生きているので、夏バテを防ぐスタミナドリンクとしても欠かせなかった」 フードコンサルタントで栄養士の小林久美子氏が、これを裏付ける解説をしてくれた。「甘酒は [全文を読む]

信長、秀吉、家康が好んだ豆味噌 ストレス耐性高める

NEWSポストセブン / 2016年05月09日16時00分

その秘訣が「食」にあると語るのは、食文化史研究家で元・西武文理大学客員教授の永山久夫氏だ。 「戦で勝敗を決するのは強靱な肉体と直感力と頭能。武将たちは命を賭けた戦のストレスに抗うための方法が『食』にあることを知っていたのです」 中でも戦国時代の三英傑、信長、秀吉、家康に共通するのが、大豆100%の「豆味噌」を好んで食していたことだ。 「豆味噌は必須アミノ酸 [全文を読む]

伊達政宗の抜群の記憶力を支えた「豆めし」

NEWSポストセブン / 2016年05月06日16時00分

●写真は食文化史研究家・永山久夫氏監修の『武将メシ』(宝島社刊)より(撮影・明石雄介) ※SAPIO2016年6月号 [全文を読む]

徳川方に捕縛された石田三成 再起誓いニラ雑炊を要求

NEWSポストセブン / 2016年05月02日16時00分

●写真は食文化史研究家・永山久夫氏監修の『武将メシ』(宝島社刊)より(撮影・明石雄介) ※SAPIO2016年6月号 [全文を読む]

縄文時代ルーツの「どっぽ鍋」 ホルモンパワーを現代に蘇生

NEWSポストセブン / 2016年02月07日07時00分

食文化史研究家の永山久夫氏が勧めるのが「縄文どっぽ鍋」だ。永山氏が語る。 * * * 縄文人は究極の自由人だ。 空腹になった時だけ、石斧をとればよいハンターだ。竪穴住居のいろりに土器をかけ、肉や魚を焼き、熱灰でソバ粉のおやきを作る。蜂蜜などで味をつけた甘いクッキーもあり、女性たちが目がない。炉のそばには、山ブドウを発酵させた、まっ赤な縄文酒もある。 最近、 [全文を読む]

伊達政宗、生涯メタボと無縁だった健康体の秘密は「仙台味噌」にあり!

アサ芸プラス / 2015年06月14日17時59分

食文化史研究家の永山久夫氏はこう言う。「味噌には味、身、美の三素と脳、病、骨、老、精を鍛える五強がある。名だたる戦国武将はこぞって味噌を愛用していた。長寿の食でもありダイエット効果も抜群です」 海外でも和食によるダイエットがブームになっている。改めて我が国の伝統食を見直してみたいものだ。(谷川渓) [全文を読む]

食文化研究家「以前は食堂で虫が入ってても気にしなかった」

NEWSポストセブン / 2015年01月15日11時00分

食文化史研究家・永山久夫氏は、「異物混入を防ごうとする企業の姿勢は絶対に必要」と強調しながらも、こう指摘する。 「以前は、町の食堂やレストランで出された料理に虫が入っていたとしても、あまり気にしない寛容さが日本にはあったと思います。自分で料理しても、虫や髪の毛は入りますし、虫が入っているというのは『有機栽培で殺虫剤を使っていない野菜』という証拠かもしれませ [全文を読む]

「うどん」じゃ駄目ですか? 年越しが「そば」な理由

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月28日11時30分

山田うどんってなに? では、なぜ年越しに「うどん」ではいけないのだろう? 『日本人の「食」、その知恵としきたり』(永山久夫/海竜社)で、“なぜ年越しは「うどん」ではなく「そば」なのか”を調べてみた。 そもそも、「年越しそば」の習慣が始まったのは、江戸時代中頃のこと。年越しに食べるものが「そば」だった理由は、「縁起担ぎ」にある。この縁起には諸説あるものの、 [全文を読む]

フォーカス