中西大介のニュース

スポーツビジネス経営人材の育成と活用を中核として、スポーツのオープンイノベーションを起こす

PR TIMES / 2016年11月15日09時54分

業界を変革する経営リーダーを育成する「一般財団法人スポーツヒューマンキャピタル(東京都文京区、代表理事:中西大介 以下SHC)」は、Jリーグが2015年度より発足させた人材教育・研修事業である「Jリーグ・ヒューマン・キャピタル(以下、JHC)」事業を新たに独立させた法人組織です。SHCは、サッカー界だけにとどまらない、競技の枠を超えた、将来のスポーツ経営を [全文を読む]

ブルーカレント・ジャパン代表の本田哲也がJリーグのマーケティング委員に就任

PR TIMES / 2015年03月23日15時34分

マーケティング委員会委員長の中西大介氏(Jリーグ常務理事)は「国内外の様々な業界において戦略PRおよびマーケティング分野で多数の実績を残した本田哲也氏を、この度Jリーグのマーケティング委員としてお迎えすることができ、大変光栄に存じます。サッカーが、そしてJリーグが日本においてもっともっと日常の中に溶け込み、『週末にJリーグがあるライフスタイル』が当たり前の [全文を読む]

Jリーグ、経営危機からの反転攻勢が始まった 「ネット配信」が変革のきっかけだった

東洋経済オンライン / 2017年06月06日08時00分

「パフォームとの交渉でもこの点は決して譲らなかった」(中西大介常務理事)。 [全文を読む]

10億円減収“ジリ貧”Jリーグに、いったい何が? 放映権・年間130億円契約説の裏側とは

日刊サイゾー / 2016年06月14日15時00分

2013年当時、Jリーグ競技・事業統括本部長だった中西大介は「来シーズン、このままだとJリーグの収入が10億円単位で減る。“ゆでガエル”にならないために、2ステージ制にして、TBSから10億円を引っ張る」と語っていた。つまり「われわれが2ステージ制にする英断を行ったことで、各クラブへの配分金などを減らすことなくJリーグを維持できます」というアピールである。 [全文を読む]

原博実氏がJリーグ副理事長就任 元日本代表MF福西崇史氏は特任理事に

超ワールドサッカー / 2016年03月09日17時39分

【理事・監事・特任理事 一覧】※は新任◆チェアマン村井満(公益社団法人 日本プロサッカーリーグ)◆副理事長※原博実(公益社団法人 日本プロサッカーリーグ)◆常務理事中西大介(公益社団法人 日本プロサッカーリーグ)◆理事※木下 由美子(公益社団法人 日本プロサッカーリーグ)◆理事(非常勤)有森裕子(株式会社RIGHTS. 取締役)井畑滋(株式会社鹿島アントラ [全文を読む]

原博実氏のJリーグ副理事長就任が正式決定…福西崇史氏は特任理事に

ゲキサカ / 2016年03月09日16時58分

以下、理事・監事・特任理事一覧(※は新任) ▼チェアマン 村井満(公益社団法人日本プロサッカーリーグ) ▼副理事長 原博実(公益社団法人日本プロサッカーリーグ)※ ▼常務理事 中西大介(公益社団法人日本プロサッカーリーグ) ▼理事 木下由美子(公益社団法人日本プロサッカーリーグ)※ ▼理事(非常勤) 有森裕子(株式会社RIGHTS.取締役) 井畑滋(株式 [全文を読む]

チャンピオンシップ成功も、“建前主義”のJリーグ事務局とサポーターの溝は埋まらず……?

日刊サイゾー / 2015年12月09日22時00分

Jリーグの中西大介事務局長は、チャンピオンシップを開催することに関し、『世界では2ステージ制を採っているサッカー強豪国が多い』『メキシコはカンファレンス制がある』など、詭弁ばかりを述べていた。はっきり『民放のゴールデンで放送してもらうため』と言ってしまえばよかったのに、きれいごとを言ってサポーターを丸め込もうとしたため反発され、大きな溝を作ってしまった。例 [全文を読む]

札幌・野々村社長、名古屋・久米社長らをJ理事に選任

ゲキサカ / 2015年04月28日20時45分

以下、理事・監事・特任理事一覧 ▽チェアマン 村井満 公益社団法人 日本プロサッカーリーグ ▽専務理事 中野幸夫 公益社団法人 日本プロサッカーリーグ ▽常務理事 大河正明 公益社団法人 日本プロサッカーリーグ 中西大介 公益社団法人 日本プロサッカーリーグ ▽理事(非常勤) 有森裕子 株式会社RIGHTS. 取締役 井畑滋 株式会社鹿島アントラーズ・エ [全文を読む]

村井チェアマンへのけん制か? Jリーグ・新たに発足した「マーケティング委員会」の狙いとは

日刊サイゾー / 2014年04月20日16時00分

もちろん、今までJリーグ幹部と関わりのなかった有識者を外部から招聘しているならば話は別だが、委員は委員長の中西大介氏をはじめ、おなじみのメンバーばかり。 サッカー関係者の間では、「2ステージ制を推し進めたメンバーの集まりでは?」という声が上がっており、仰々しく委員会にする意味が感じられず、まさに「会議が多くなる」「横文字が増える」「意味不明な部署が増える」 [全文を読む]

Jリーグ、2ステージ制検討への疑問 複雑化でファン離れ加速の懸念も…世界潮流と逆行

Business Journal / 2013年07月28日06時00分

先日、Jリーグ中西大介競技・事業統括本部長が2ステージ制復活を打ち出したことに、耳を疑った人は多いだろう。 2ステージが世界基準ではない、とバッサリ切り捨てるつもりは毛頭ない。問題は、なぜ今2ステージを採用しようと言い出したのか? 根拠はなんなのかということだ。 関係者に聞いた話によると、事務局はチャンピオンシップを行うことによるメディア露出を狙っていると [全文を読む]

フォーカス