林健のニュース

チーム紹介:関東一高(東京B)

ゲキサカ / 2017年01月04日15時30分

第95回全国高校サッカー選手権 関東一高(東京B) チーム紹介&注目選手↓ 過去の全国大会成績↓ 登録メンバーリスト↓ 関東一高関連ニュース 関東一高写真ニュース 画▼全国大会日程 1回戦 1-0 野洲高(滋賀) 2回戦 1-2 正智深谷高(埼玉)■出場回数 初出場■過去の最高成績 ―■その他、過去の主な全国大会成績 全国高校総体4強1回(15年)■監督 [全文を読む]

[選手権]チーム紹介:丸岡高(福井)

ゲキサカ / 2015年12月29日12時16分

第94回全国高校サッカー選手権 丸岡高(福井) チーム紹介&注目選手↓ 過去の全国大会成績↓ 登録メンバーリスト↓ 丸岡高関連ニュース ▼全国大会日程 2回戦 vs松山工高(愛媛)■出場回数 4年連続28回目 ■監督 小阪康弘 ■主将 DF道木宏明 ■今季成績 [総体](県4強) 準決勝 2-2(PK3-4)福井商高 [リーグ戦] 県1部リーグ優勝(13勝 [全文を読む]

東海大入部予定選手、選手権4強の佐野日大DF福田主将、東海大仰星SB面矢ら

ゲキサカ / 2017年04月05日17時34分

そのほか、国体岡山県選抜で10番を背負ったMF丸山智弘(作陽高)、大型ストライカーのFW林健次(丸岡高)、選手権神奈川県予選準優勝の相洋高MF石橋直也、湘南工大付高の実力派CB米澤哲哉、星槎国際高湘南のCB加藤日向も東海大へ進学する。 以下、東海大の入部予定選手 ▽GK 阿部輝(ベガルタ仙台ユース) ▽DF 米澤哲哉(湘南工大付高) 加藤日向(星槎国際高 [全文を読む]

チーム紹介:高松商高(香川)

ゲキサカ / 2017年01月04日17時01分

第95回全国高校サッカー選手権 高松商高(香川) チーム紹介&注目選手↓ 過去の全国大会成績↓ 登録メンバーリスト↓ 高松商高関連ニュース 高松商高写真ニュース 画▼全国大会日程 2回戦 0-1 駒澤大高(東京A)■出場回数 11年ぶり22回目■過去の成績 3回戦敗退(84、93、05年度)■その他、過去の主な全国大会成績 全国高校総体4強1回(95年)■ [全文を読む]

[MOM1720]関東一FW林健太(2年)_高校入学後初の3発!昨年の強力FW陣のように武器身につけて多くのゴールを

ゲキサカ / 2016年03月07日08時25分

身につけて取れるようになりたいです」と意気込むFW林健太(2年)が「アンブロGACH1-TR【ガチトレ】キャンプ」初戦で3得点を叩きだした。 「1点目はCKの折り返しが相手が触れずこぼれてラッキーゴールでした」というゴールで勢いに乗ると、後半にはスルーパスで抜けだして最後は自ら放ったシュートのこぼれ球を押し込んで2点目。さらにMF菅屋拓未(2年)の折り返し [全文を読む]

大正8年創業の老舗人形店を展開する株式会社真多呂人形がWebマーケティングによる売上拡大を目的としてヴァンテージマネジメント株式会社のコンサルティングサービスを導入

DreamNews / 2014年11月19日18時00分

成長企業向けWebマーケティングサービスを提供するヴァンテージマネジメント株式会社(本社:東京都中央区銀座、代表取締役:中山紘太、以下ヴァンテージマネジメント)は、株式会社真多呂人形(本社:東京都台東区上野、代表取締役:金林健史、以下真多呂人形)でのサービス活用事例を2014年11月19日付で公開いたしました。成長企業向けWebマーケティングサービスを提供 [全文を読む]

出版不況は関係なし!? 人気ヤクザ雑誌「月刊実話ドキュメント」が“黒字なのに休刊”へ……

日刊サイゾー / 2017年03月16日18時00分

近年は蜷川正大氏、高須基仁氏、林健氏の連載や、東西寺春秋原作・ほんだあきと作画などによる実録漫画、芝岡友衛と森田フミゾーの4コマ、ジャーナリストの青山智樹氏、片岡亮氏による国際情勢記事などがレギュラーとなっていた。 ただ、最近は暴力団排除の傾向が強まった上、山口組の分裂もあって取材がしにくくなったという話もある。 「ヤクザとべったりでやっていると勘違いさ [全文を読む]

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.17(3)「ヒ素カレー」事件の林真須美容疑者の判決は…

アサ芸プラス / 2017年01月05日17時52分

ところが、その一部がC氏(林健治)の懐に入っていた」〉(98年9月10日号) こうして林真須美と健治の「疑惑の夫婦」がマスコミに登場した。健治に白アリ駆除の前歴、ヒ素中毒と思しき症状などが露顕。また真須美は、食い下がる報道陣を軽々といなす言動や、保険金に関する豊富な知識、浪費癖などがテレビ報道とともに注目を浴びた。 「林真須美『妊娠3カ月流産』に[7人の男 [全文を読む]

「震えました…」 10人の正智深谷が終盤の大逆転で関東一に“ミラクル”勝利

ゲキサカ / 2017年01月02日22時34分

DF立石爽馬(3年)を中心に最終ラインから丁寧にパスを回し、MF冨山大輔(3年)を経由して、2トップのFW景山海斗(3年)とFW林健太(3年)へと攻撃をつなげていった。すると前半8分、左サイドをえぐってMF菅屋拓未(3年)が上げたクロスは味方には合わなかったが、これで獲得した右CKの流れから相手のハンドを誘発。冨山が蹴ったPKはGK戸田海斗(3年)に止めら [全文を読む]

市船が今年もPK戦で早期敗退…夏冬連覇逃す 1回戦で桐光撃破の長崎総科大附も鹿児島城西にPK負け:2回戦第1試合

ゲキサカ / 2017年01月02日17時43分

以下、2回戦第1試合の結果 【2回戦】 (1月2日) [味の素フィールド西が丘] 山形中央高 0-1 一条高 [一]梅本耕平(35分) [駒沢陸上競技場] 高松商高 0-1 駒澤大高 [駒]米田泰盛(57分) [NACK5スタジアム大宮] 聖和学園高 1-1(PK4-2) 徳島市立高 [聖]大八木隆斗(61分) [徳]郡紘平(65分) [浦和駒場スタジア [全文を読む]

関東一が初陣勝利!GK負傷のアクシデント跳ねのけ開幕戦で野洲を撃破

ゲキサカ / 2016年12月30日15時47分

前半10分、MF菅屋拓未(3年)が右サイドに展開し、MF篠原友哉(2年)が縦に仕掛けて折り返すと、ゴール前でフリーのFW林健太(3年)が右足で狙ったが、まさかの空振りとなり、絶好の先制機を生かせなかった。 創部35年目で悲願の初出場を果たした関東一だが、昨夏の全国高校総体ではベスト4と躍進。当時2年で全国4強を経験した10番の冨山がボランチの位置で攻撃を組 [全文を読む]

[MOM1944]関東一DF石島春輔(3年)_狙うは晴れ舞台でのリベンジ。“カンイチ”が誇る対人無双のCB

ゲキサカ / 2016年11月13日07時12分

すると、チームは後半開始早々に林健太のオーバーヘッドで先制。1点を追い掛ける成立学園が圧力を強める中で、鈴木友也と石島のCBコンビを中心とした堅陣は揺るがない。成立学園も後半20分には、関東一に勝利を収めた関東大会予選でゴールを奪った高橋恒樹を投入し、半年前の再現を狙ってきたものの、「関東大会予選は裏でやられてしまったので、そこを一番頭に入れて試合に臨み [全文を読む]

[選手権予選]林オーバーヘッド弾!成立の反撃凌いだ関東一が悲願の初優勝!!:東京A

ゲキサカ / 2016年11月12日20時22分

ポゼッションを高め、両ワイドを広く使って攻める成立学園がFW竹本大輝のシュートなどでゴールを目指したのに対し、関東一はMF景山海斗、FW新藤貴輝、FW林健太のスピードを活かして攻め返した。 前半は0-0で終わったが、後半5分にスコアが動く。関東一は左CK後の混戦から林が鮮やかなオーバーヘッド弾を決めて先制。押し込みながらも1点が遠い成立学園は終盤、FW町田 [全文を読む]

[選手権予選]後半残り5分からの2ゴールで同点!エース冨山延長V弾!V候補・関東一が逆転で東京A準決勝へ!

ゲキサカ / 2016年10月16日21時18分

それでも後半開始からU-17関東トレセンメンバーのFW重田快(2年)を投入し、16分までにFW林健太(3年)、MF新藤貴輝(3年)を相次いで投入した関東一は交代選手たちが幅を取ったポジショニングで相手の守りを広げ、中、外から攻撃を展開。シュートが枠を捉えなかったものの、22分にはMF篠原友哉(2年)の突破から冨山が決定機を迎えるなどチャンスもつくった。早 [全文を読む]

[選手権予選]夏の王者・関東一は残り5分から2点差追いつき、延長戦勝利!堀越も4強入り:東京A

ゲキサカ / 2016年10月16日19時47分

反撃する関東一は後半35分、MF冨山大輔を起点にFW重田快が繋いだボールをFW林健太が押し込んで1点差。直後の37分にはMF菅屋拓未の左CKをCB石島春輔が頭で叩き込んで同点とする。終了間際の2得点で追いついた関東一は延長前半5分、エース冨山が鋭いターンでDFをかわしてから右足シュートをゴール左隅へねじ込んで決勝点を奪った。 2年連続で決勝進出をしている堀 [全文を読む]

[総体]「相手に『あいつは何を考えているんだ?』と思わせるプレーを」進化した10番MF冨山V弾で関東一が全国へ:東京

ゲキサカ / 2016年06月18日20時18分

そして24分、中央で途中出場のFW新藤貴輝からのパスを受けた瞬間、冨山は左サイドを駆け上がるFW林健太を視野に捉えた。林にスルーパスを送り込もうと、ボールを左に持ち出すと、対峙していたDF2枚が食いついてこず、1枚が林の動きにつり出されたのが見えた。すると、「ドリブルで仕掛けて、選択肢を増やそうと思った」と、中央へのドリブル突破に切り替え、一気に加速をし [全文を読む]

[総体]強さと巧さ示し、難敵乗り越えた!昨夏全国4強の関東一が東久留米総合振り切り、全国王手:東京

ゲキサカ / 2016年06月11日22時57分

強豪対決は、左FW林健太(3年)と右FW新藤貴輝(3年)の突破力も活かして攻める関東一が攻め続ける展開となった。それでも4-4-2システムで3ラインを引いて守る東久留米総合からチャンスを作りながらも決め切ることができない。タッチライン際から入れられるクロスは合わず、跳ね返された。一方、東久留米総合はボールを奪った流れで逆サイドに展開。MF今井凱斗(3年)や [全文を読む]

[アンブロGACH1-TR]今年は冬も輝くため、意識、選手層向上狙う関東一が6発快勝

ゲキサカ / 2016年03月07日08時01分

関東一はFW重田快(1年)とFW林健太(2年)の2トップがいずれも3得点を挙げる活躍を見せて6-0で快勝した。 3トップを中心にタレントが揃っていた昨年は全国高校総体で大津高、広島皆実高からいずれも4得点を奪うなど初の全国4強入り。ともに下級生ながら攻守で大きな役割を果たしていた10番MF冨山大輔主将(2年)とCB鈴木友也(2年)、そして主に途中出場ながら [全文を読む]

[選手権]Bブロック展望~全国総体優勝校・東福岡、準優勝校・市立船橋“だけじゃない”「最大の激戦区」~

ゲキサカ / 2015年12月30日15時02分

丸岡の注目大型FW林健次と松山工の野性味FW野川稀生のエース対決に注目の好カードとなる。 (取材・文 川端暁彦)▼関連リンク 【特設】高校選手権2015 連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2015 DAYS×ゲキサカ連動企画「全国のつくしを探せ!」特設ページ [全文を読む]

保険代理店向けソリューションIAS、提供開始にさきがけ2社の採用決定

PR TIMES / 2015年11月10日15時46分

■ITC代表取締役社長 林健一郎様からのコメント今回の業法改正で、会社は膨大な管理業務を、募集人は膨大な報告業務を求められることとなりますが、これらを後ろ向きに捉えることなく、プラス要素への転換をはかる手段としてIAS導入を決定しました。11月のIAS実装と同時にPDCAプロセスへ移行する予定であり、今後IASが弊社における業務上のプラットフォームへと成長 [全文を読む]

フォーカス