黒川淳史のニュース

[練習試合]U-18代表、韓国遠征2戦目は高木2発!小川、追加招集組の黒川、永藤もゴール

ゲキサカ / 2015年05月21日15時36分

後半はPKなどで2失点したものの、いずれも追加招集組のMF黒川淳史(大宮ユース)とMF永藤歩(市立船橋高)がゴールを決めた。 以下、JFA発表の試合記録 U-18日本代表 5-2 ソウルデジタル大学 [日]高木彰人2(10、27分)、小川航基(45分)、黒川淳史(68分)、永藤歩(82分) [ソ]53分、73分 出場メンバー [1本目] ▽GK 廣末陸 ▽ [全文を読む]

大宮vs清水 試合記録

ゲキサカ / 2017年05月24日21時12分

【ルヴァン杯グループA第6節】(NACK) 大宮 4-0(前半2-0)清水 [大]高山和真(4分)、黒川淳史(14分)、岩上祐三(73分)、奥井諒(81分) [大]大山啓輔(51分) [清]カヌ(42分)、ビョン・ジュンボン(44分)、新関成弥(90分+1) 観衆:6,461人 主審:榎本一慶 副審:唐紙学志、田中利幸 [大宮アルディージャ] 先発 GK [全文を読む]

東京五輪へアピール開始!大宮の新鋭、U-20代表候補MF黒川淳史がアメリカから先制ゴール(8枚)

ゲキサカ / 2017年05月18日11時39分

[5.13 練習試合 U-20日本代表候補 1-2 U-20アメリカ代表 舞洲] U-20日本代表候補は大阪合宿最終日の13日、U-20W杯に出場するU-20アメリカ代表と練習試合(45分×2本)を行い、1-2で逆転負けした。 [全文を読む]

鹿島・安部裕葵、横浜FM・吉尾海夏、大宮・黒川淳史らU-20日本代表候補が発表《トレーニングキャンプ》

超ワールドサッカー / 2017年05月08日13時00分

▽今回のトレーニングキャンプにはFW安部裕葵(鹿島アントラーズ)、MF吉尾海夏(横浜F・マリノス)、MF黒川淳史(大宮アルディージャ)らJ1での出場経験のある選手のほか、MF住永翔(明治大学)、DF杉山弾斗(市立船橋高校)などの学生、GK大迫敬介(サンフレッチェ広島ユース)、DF橋岡大樹(浦和レッズユース)などクラブユースの選手らが招集されている。 ▽な [全文を読む]

大宮がMF黒川淳史、FW藤沼拓夢、GK加藤有輝との契約更新を発表!!

超ワールドサッカー / 2016年12月25日10時20分

▽大宮アルディージャは25日、MF黒川淳史(18)、FW藤沼拓夢(19)、GK加藤有輝(19)との契約を更新したことを発表した。 ▽U-19日本代表でもある黒川は今シーズンの明治安田生命J1リーグでの出場機会はなかった。藤沼もリーグ戦での出場機会はなく、U-19日本代表の加藤も出場機会はなかった。 [全文を読む]

アルゼンチン遠征中のU-19代表、地元クラブに2発快勝! “飛び級選出”の久保建英も初出場

ゲキサカ / 2016年12月04日16時43分

MF黒川淳史(大宮)のスルーパスに反応したFW和田昌士(横浜FM)が相手GKとの1対1の場面で冷静にシュートを決めた。 後半はメンバーを全員変更し、AFC U-19選手権バーレーン2016の優勝メンバーの中に、GK山口瑠伊(ロリアン)と“飛び級選出”のFW久保建英(FC東京U-18)が入った。日本は前半のように主導権を握ると、後半32分にMF遠藤渓太(横浜 [全文を読む]

大宮ルーキーMF黒川淳史が手術…全治まで約6か月

ゲキサカ / 2016年03月02日12時23分

[故障者情報] 大宮アルディージャは2日、MF黒川淳史が2月25日にさいたま市内の病院で左膝前十字靭帯に対して手術を行ったと発表した。なお、全治まで約6か月と併せて発表されている。 今季、下部組織から昇格した黒川。2月13日に山形とのプレシーズンマッチで、プロ入り後初となるホームNACK5スタジアムのピッチに立ち、プロとしての第一歩を踏み出した。だが、翌1 [全文を読む]

左ヒザ前十字じん帯損傷の大宮MF黒川淳史が手術…全治約6カ月

超ワールドサッカー / 2016年03月02日10時03分

▽大宮は2日、MF黒川淳史(18)が2月25日に、さいたま市内の病院にて手術を行ったことを発表した。▽今シーズン、ユースから昇格した黒川は、2月13日の山形とのプレシーズンマッチに74分から途中出場するなど、活躍が期待されていたが、翌14日に行われた東洋大との練習試合で負傷。先月20日に、左ヒザ前十字じん帯損傷と発表されていた。▽大宮によると、全治は約6カ [全文を読む]

大宮ルーキー黒川淳史が左膝前十字靭帯損傷…近日中に手術

ゲキサカ / 2016年02月20日17時42分

[故障者情報] 大宮アルディージャは20日、14日に行われた東洋大との練習試合中に負傷したMF黒川淳史が、「左膝前十字靭帯損傷」と診断されたことを発表した。近日中に手術を行う予定で、全治期間については術後に改めて発表するとしている。 今季下部組織から昇格を果たした黒川。今月13日の山形とのプレシーズンマッチでプロ入り後初となる本拠地NACK5スタジアムのピ [全文を読む]

ユースから昇格した大宮MF黒川淳史が左ヒザ前十字じん帯損傷で手術へ

超ワールドサッカー / 2016年02月20日17時23分

▽大宮は20日、MF黒川淳史(18)の負傷状況を発表した。黒川は左ヒザ前十字じん帯損傷とのことで、近日中に手術を行う。▽今シーズン、ユースから昇格した黒川は、13日の山形とのプレシーズンマッチに74分から途中出場するなど、活躍が期待されていたが、14日に行われた東洋大との練習試合で負傷していた。▽大宮によると、全治は不明。手術後に改めて発表するとしている。 [全文を読む]

[PSM]途中出場でプロ人生の第一歩踏み出した大宮MF黒川淳史(4枚)

ゲキサカ / 2016年02月14日11時30分

●2016シーズンJリーグ全クラブ練習試合 [全文を読む]

大宮が過去最多ユース4選手の同時昇格を発表!

ゲキサカ / 2015年12月11日20時37分

昇格するのは、(写真左から)U-18日本代表GK加藤有輝、同MF黒川淳史、FW川田拳登、FW藤沼拓夢。大宮下部組織の選手が4人同時に昇格するのは、過去最多となった。 4選手は公式サイトを通じコメントを発表。加藤は「僕が初めてGKというポジションをやったのは小学生のときで、NACK5スタジアム大宮での柏レイソル戦の前座試合でした。そのピッチに少しでも早く立て [全文を読む]

J2王者の大宮がクラブ史上最多となるユース4選手の昇格内定を発表

超ワールドサッカー / 2015年11月25日15時19分

▽大宮は25日、大宮ユースに所属するGK加藤有輝(18)、FW川田拳登(18)、MF黒川淳史(17)、FW藤沼拓夢(18)の4選手が来季からトップチームに昇格が内定したと発表した。4名が同時にトップチームに昇格するのはクラブ史上最多となる。▽加藤、黒川、藤沼はジュニアユースから、川田はジュニアから大宮に所属。4選手は今年8月に行われた第39回日本クラブユー [全文を読む]

[プレミアリーグEAST]柏U-18撃破の市立船橋が首位・鹿島ユースと勝ち点1差に肉薄

ゲキサカ / 2015年07月05日19時00分

また5位の大宮アルディージャユース(埼玉)は前半11分にU-18日本代表候補MF黒川淳史のヒールパスから抜け出した右SB古谷優気が先制ゴールを決めるなど、3-0で流通経済大柏高(千葉)に快勝している。 8位・コンサドーレ札幌U-18(北海道)と10位のJFAアカデミー福島U18(福島)との一戦は後半アディショナルタイムに10番MF谷口憧斗が決めた決勝点によ [全文を読む]

[プレミアリーグEAST]鹿島ユースと青森山田が開幕2連勝!第2節

ゲキサカ / 2015年04月20日07時25分

前半5分に10番MF黒川淳史のゴールで先制した大宮に対し、市立船橋も2分後の7分にMF工藤友暉が同点ゴールを奪う。この後、互いに譲らず、1-1で引き分けた。 今季プレミアリーグに復帰したFC東京U-18(東京)が復帰後初白星を挙げた。アウェーで流通経済大柏高(千葉)と対戦したF東京は前半23分にFW大熊健太の左クロスをFW佐藤亮が頭で合わせて先制。後半には [全文を読む]

イングランドのPK2発に沈んだ日本が未勝利のまま大会を去る…《トゥーロン国際大会2017》

超ワールドサッカー / 2017年06月04日23時55分

3トップに右から黒川淳史、小松蓮、佐々木匠と並べた。 ▽試合はキックオフ直後に、伊藤が強烈なミドルシュートを放つなど、日本が積極的な入りを見せる。さらに5分、スルーパスで左サイドを突破した佐々木がボックス内に侵入してカットインから右足を振り抜いたが、これはGKバルコンブのセーブに阻まれた。 ▽その後も押し込む時間の続く日本は16分、伊藤が入れたループパスに [全文を読む]

ラストプレーで痛恨の失点…U-19日本代表、佐々木匠の先制点を守り切れずトゥーロン2戦連続ドロー

ゲキサカ / 2017年06月02日08時59分

勝利が欲しい第2戦はスターティングメンバーを大きく変更し、FW黒川淳史(大宮)とDF麻田将吾(京都)を除く9人を入れ替え、MF佐々木匠(仙台)やFW安藤瑞季(長崎総合科学大附高)らが先発起用された。 J1仙台で結果を残している佐々木を中心に攻め込む日本は、前半10分に佐々木の右CKから麻田が頭で合わせるが、惜しくもポスト直撃。25分には、左サイドから佐々木 [全文を読む]

U-19日本、ラストプレー被弾でアンゴラに引き分け2戦連続ドロー《トゥーロン国際大会2017》

超ワールドサッカー / 2017年06月02日01時54分

中盤に右から佐々木匠、伊藤洋輝、金子大毅、黒川淳史。2トップに小松蓮、安藤瑞季が入った。 ▽日本が押し込む立ち上がりとなった中、10分に最初の決定機。右CKから麻田の放ったヘディングシュートが右ポストを叩いた。さらに19分には伊藤がミドルシュートでGKを強襲。 ▽敵陣でのプレーを増やしていった日本は、25分にも決定機。右サイドから左サイドにポジションを移し [全文を読む]

【柏vs大宮プレビュー】6連勝中の柏は4試合が完封と堅守が光る…大宮は柏との通算対戦成績は8勝8分6敗と勝ち越し

サッカーキング / 2017年05月26日20時02分

24日のルヴァン杯清水戦で、高山和真と黒川淳史の2人がプロ初ゴールを奪い、4-0の快勝に貢献。若手の奮起がチームメイトに刺激を与えている。 【マイナス材料】 リーグ前節・C大阪戦でもCKから2失点。相手に対する寄せが甘く、課題であるセットプレーの守り方の悪さを露呈してしまった。柏は得点の半数以上がセットプレーから。ここ最近はクリスティアーノや手塚康平が質 [全文を読む]

鬼のいぬ間に…柏に巡ってきた首位獲りチャンス、日立台に最下位大宮を迎え撃つ

ゲキサカ / 2017年05月26日12時21分

この試合ではDF高山和真とMF黒川淳史がプロ初ゴールを記録。終盤には負傷離脱していたDF沼田圭悟が昨年10月22日のJ1第2ステージ第15節・湘南戦(3-2)以来、約7か月ぶりの公式戦復帰を果たすなど、好材料の多いゲームとなった。 特に、ここまでJ1ワーストの5得点にとどまる大宮にとっては、前半4分に高山、同14分に黒川が挙げた序盤のゴールが大きかったに違 [全文を読む]

フォーカス