吉武博文のニュース

「今度こそ恩返ししたい」清水MF水谷がFC今治へ育成型期限付き移籍

ゲキサカ / 2016年06月13日17時29分

今治の指揮を執る吉武博文監督にU-17日本代表時代に指導を受けている水谷は、今治のクラブ公式ウェブサイトを通じて「U-17W杯でチームの力になれなかったことは吉武監督には申し訳なく思っています。今回、監督より直接お話をいただき、率直に嬉しく思いましたし、今度こそ恩返ししたいと強く思いました。まずはチーム内の競争に勝って試合に出ることを目指し、そしてチーム [全文を読む]

[選手権予選]ユース取材ライター陣が推薦する「選手権予選注目の11傑」vol.4

ゲキサカ / 2015年10月16日22時27分

吉武博文監督が継続していたとすると、左CBでの招集もあり得たのではないか」 [全文を読む]

U-15代表は地元フランスとドロー、1分2敗の最下位も「ベストチーム」の称賛

ゲキサカ / 2014年11月02日14時05分

日本サッカー協会公式サイトによると、吉武博文 監督は「完全アウェーの雰囲気の中、地元フランスと対戦できるのは、この年代の選手たちにとって有意義なものだった」とコメント。1分2敗の勝ち点1で最下位に終わったが、「サイドバックが得点王になったり、フェアプレー賞をもらったり、観客から『JAPONコール』が出たり、大会関係者から『ベストチーム』と称賛をもらったこ [全文を読む]

U-15代表、ベルギーに競り負け2連敗

ゲキサカ / 2014年10月31日15時27分

JFAによると、3失点について吉武博文監督は「崩されたわけではなく、自滅した形でした」を首をかしげた。一時は同点となるゴールを奪った坂井も「自分のやるべきことである相手DFの背後を狙う動きで、ディフェンスラインを下げて、そして仲間を生かすプレーでチームに貢献したかったのですが、思うようにいきませんでした」と唇を噛んだ。 11月1日には第3戦でU-15フラン [全文を読む]

U-15代表のフランス遠征初戦はオランダに逆転負け

ゲキサカ / 2014年10月29日14時59分

JFAによると、吉武博文監督は「程良い距離感を保ちながらボールを保持しようとしましたが、相手のハイプレッシャーに屈する形で思い通りのゲーム展開ができませんでした」。ゲームキャプテンを務めたDF伊藤洋輝(磐田U-15)は「後半開始早々失点したことで、ゲームの流れが相手にいってしまいました」と唇を噛んだ。 第2戦は30日に行われ、U-15ベルギー代表と対戦する [全文を読む]

U-15日本代表、フランス遠征メンバー17人発表

ゲキサカ / 2014年10月16日17時00分

以下、スタッフと選手 【スタッフ】 監督:吉武博文 コーチ:木村康彦 コーチ:森山佳郎 GKコーチ:大橋昭好 総務:池辺友和 【選手】 ▽GK 1 沖悠哉(鹿島ジュニアユース) 1999.08.22 182cm/72kg 18 若原智哉(京都U-15) 1999.12.28 184cm/76kg ▽DF 15 佐藤颯汰(日章学園中) 1999.04.21 [全文を読む]

[AFC U-16選手権]U-16日本代表vsU-16韓国代表試合記録

ゲキサカ / 2014年09月16日14時23分

【AFC U-16選手権準々決勝】(タイ) U-16日本代表 0-2(前半0-1)U-16韓国代表 [韓]イ・サンウ2(42、47分) [日]下口稚葉(77分) 観衆:954人 [U-16日本代表] 先発 GK 18 千田奎斗 DF 2 石川啓人 (50分→DF 12 阿部雅志) DF 4 渡辺皓太 DF 5 冨安健洋 DF 6 堂安律 DF 15 下口稚 [全文を読む]

[AFC U-16選手権]U-16日本代表、14日にU-17W杯出場懸けて宿敵・韓国と激突!

ゲキサカ / 2014年09月13日21時08分

ただ吉武博文監督はオーストラリア戦直後のインタビューで「1位になるのが目的ではない」と語り、最も重要な4試合目(準々決勝)に勝つことへの集中力を高めていた。「4試合目をどう戦うか。4試合目というのは毎回どのようなことが起こるのか分からないような状況なので、もしかしたらきょうの敗戦はいい薬になったかもしれません。ただ、内容的にはそんなにいい内容ではないので、 [全文を読む]

[AFC U-16選手権]U-16日本代表vsU-16オーストラリア代表 試合記録

ゲキサカ / 2014年09月10日20時25分

【AFC U-16選手権GL第3戦】(タイ) U-16日本代表 2-4(前半1-2)U-16オーストラリア代表 [日]佐々木匠(27分)、安井拓也(69分) [オ]ジェイク・ブイマー2(15、59分)、キャメロン・ジョイス2(25、81分) [オ]ジェイク・ブイマー(24分)、ダニエル・アザーニ(76分) 観衆:350人 [U-16日本代表] 先発 GK [全文を読む]

[AFC U-16選手権]オーストラリア戦に臨むU-16日本代表、準々決勝への自信、弾みとなる試合を!

ゲキサカ / 2014年09月10日11時01分

吉武博文監督も中国戦直後に「オーストラリアとは4年前、94JAPANの時に引き分けて、グループ1位を取られています。その時は0-0だったので、今回は得点を取りたいですし、無失点に抑えたいなと思います」と意気込んだ。当時は現U-21日本代表のDF植田直通やMF秋野央樹、現U-19日本代表のMF松本昌也やFW高木大輔らが先発。今回同様にともに2連勝で決勝トー [全文を読む]

[AFC U-16選手権]U-16日本代表、2試合で計22人が先発して2連勝

ゲキサカ / 2014年09月09日02時33分

吉武博文監督は「これでGK1人を除く22人がスタメン出場し、アジアの緊張感ある試合を経験することが出来た」。23人全員で戦う姿勢を打ち出していたが、メンバーが全て入れ替わっても変わらないレベルにあることをピッチ上で示して、2連勝という結果も残した。 だが、決勝トーナメント進出という結果を残した一方で内容に関しては初戦と同じく「ストレスがたまる試合」と厳しく [全文を読む]

[AFC U-16選手権]98JAPANが誇る“サイドの槍”、再びゴールもたらす

ゲキサカ / 2014年09月09日01時58分

試合前日の練習では、吉武博文監督から「(U-16日本代表の)ワイドトップはストライカーなのに、点が取れていないじゃないか」というゲキを受けていた。練習後、彼に話を聞くと、「フロントボランチがボールを持ったら、自分は前に行くことを決めている。前を向いた瞬間には自分がゴールに行けることをイメージしています」と自分がやるべきことの決意表明をした。 中国戦はまさに [全文を読む]

[AFC U-16選手権]U-16日本代表vsU-16中国代表 試合記録

ゲキサカ / 2014年09月08日23時43分

【AFC U-16選手権GL第2戦】(タイ) U-16日本代表 3-0(前半0-0)U-16中国代表 [日]菅大輝(48分)、斧澤隼輝(54分)、永澤竜亮(56分) [中]シェ・チウェイ(17分)、ニェ・メン(68分) 観衆:200人 [U-16日本代表] 先発 GK 18 千田奎斗 DF 2 石川啓人 (79分→DF 16 田中康介) DF 3 森岡陸 [全文を読む]

[AFC U-16選手権]U-16日本代表、初戦を上回る内容で中国撃破目指す

ゲキサカ / 2014年09月07日19時21分

ただし、大半の時間帯でボールを握りながらもフィールドプレーヤー全員が自陣に入って守る香港の守備網を切り裂くようなシーンは少なく、「自分で相手を見て意図を読んで、自分たちのやりたいことが意図的に1回でも、2回でも、できるだけたくさんできればいい」と語っていた吉武博文監督の期待通りの試合ができた訳ではない。ゴール前に人数をかけて守る相手の崩し方に課題を残し、最 [全文を読む]

AFC U-16選手権タイ2014に挑むU-16日本代表メンバーを発表

ゲキサカ / 2014年09月07日02時26分

【スタッフ】 監督:吉武博文 コーチ:木村康彦 アシスタントコーチ:森山佳郎 GKコーチ:大橋昭好 【選手】 ▽GK 23 鶴田海人(神戸U-18) 1 井上聖也(C大阪U-18) 18 千田奎斗(横浜FMユース) ▽DF 12 阿部雅志(星稜高) 15 下口稚葉(JFAアカデミー福島) 6 堂安律(G大阪ユース) 22 麻田将吾(京都U-18) 2 石 [全文を読む]

[AFC U-16選手権]U-16日本代表が香港に快勝!5大会連続のU-17W杯出場へ好発進

ゲキサカ / 2014年09月07日01時41分

吉武博文監督は「最初の2試合で、今までやったことに確信をもつこと。3試合目、4試合目で自信を持って戦うために、1、2試合目が重要になってくる」と語っていたが、その「重要な」第1戦を日本は後半の2得点で勝利した。 日本は4-3-3システム。GKは鶴田海人(神戸U-18)で4バックは右から田中康介(京都U-18)、下口稚葉(JFAアカデミー福島)、麻田将吾(京 [全文を読む]

[AFC U-16選手権]左SBとして躍動する“浪速の点取り屋”

ゲキサカ / 2014年09月07日01時11分

しかし、吉武博文監督は彼を左SBにコンバート。一見、消極的なコンバートのように見えるが、実はこれは彼の良さを最大限に評価した上でのコンバートであった。 吉武監督のサッカーのコンセプトの一つに、『SBが得点王』というのがある。高い位置でポゼッションをして、相手が崩れた時に、一気にサイドや後方からゴールを『刺す』。SBがより攻撃的なポジションとして、バイタルエ [全文を読む]

[AFC U-16選手権]活きた前日練習の経験、U-16日本代表は2度のスコールも冷静に対応

ゲキサカ / 2014年09月06日23時46分

吉武博文監督が「これが最終予選の雰囲気かなと。課題が残ったなと思います。テンポも遅いし、第2戦へ向けて修正したい。(きょうは)相手がバテただけだと思います」と語ったように、この香港戦は最終予選独特の緊張感があった。加えて選手の集中力を奪うかのような大雨。大粒の雨はチームメートやベンチからの声をかき消していた。そして終盤は雷鳴轟く中でのプレーを強いられ、チ [全文を読む]

[AFC U-16選手権]U-16日本代表vsU-16香港代表 試合記録

ゲキサカ / 2014年09月06日21時05分

【AFC U-16選手権GL第1戦】(タイ) U-16日本代表 2-0(前半0-0)U-16香港代表 [日]堂安律(53分)、菅大輝(73分) 観衆:154人 [U-16日本代表] 先発 GK 23 鶴田海人 DF 6 堂安律 DF 15 下口稚葉 DF 16 田中康介 DF 17 吉田峻 DF 22 麻田将吾 MF 10 藤本寛也 MF 13 田中碧 ( [全文を読む]

[AFC U-16選手権]U-17W杯出場権懸けた「98JAPAN」の戦い、6日・香港戦からスタート

ゲキサカ / 2014年09月06日09時02分

U-16日本代表の吉武博文監督は「相手によってどうこうというのはなくて、1試合1試合自分たちのベストを尽くしていって、1試合目よりも2試合目、2試合目よりも3試合目の方がパフォーマンスが上がっていくというように。その都度90分が終わったらピッチで倒れ込むくらいピッチの中で120パーセント出してほしい」と期待する。今大会の準々決勝までを想定した4試合を戦った [全文を読む]

フォーカス