劉暁のニュース

中国人留学生による購入代行、目的はお金だけではない?―中国メディア

Record China / 2016年11月11日01時00分

一方、イタリアに留学中の劉暁敏さん(仮名)は、「購入代行で毎月平均2500元(約3万8700円)の利益がある」と明かしてくれた。購入代行は留学生にとって、いい小遣い稼ぎとなっているという。 小遣い稼ぎとなるだけでなく、いろんな分野の人と知り合い、人間関係の輪を広げられるのも購入代行の大きな魅力となっている。劉暁敏さんは、「購入代行をしていることがきっかけで [全文を読む]

韓流俳優ソン・スンホンとの交際も注目、リウ・イーフェイと美人ママが「美形DNA」証明―中国

Record China / 2016年04月21日22時10分

神秘的な美貌で知られるリウ・イーフェイだが、その母親の劉暁莉(リウ・シャオリー)さんも美人ママとして有名だ。もともとは舞踏家で、娘のデビュー後は影のように付き添い支えてきたステージママ。このほど北京の空港で、香港へ向かうリウ・イーフェイ親子が姿を見せたが、劉暁莉さんの美しさが話題に。リウ・イーフェイの最強の美形DNAが証明されたかたちだ。 昨年、韓流スタ [全文を読む]

日本で不法就労する中国人のインタビューに成功=「あと2、3年ここにいたらおかしくなる」―中国紙

Record China / 2017年03月03日12時50分

中国紙・新京報は3日、日本で実習生として働き、現在は不法就労しているという山東省出身の23歳の劉暁冬(リウ・シアオドン、仮名)さんのインタビュー記事を掲載した。以下はインタビューの概要。記者:なぜ実習生として日本へ行こうと思ったのですか。劉さん:高校出の18〜19歳の農村部の若者には、素晴らしい将来はないんです。私の地元には日本に働きに行く人がとても多かっ [全文を読む]

<リオ五輪>「イケメントップ10」で体操・加藤選手が1位!中国でも人気急上昇―中国メディア

Record China / 2016年08月14日11時00分

6位 ライフル射撃 楊浩然(ヤン・ハオラン)/中国 7位 フェンシング Patrik Esztergalyos/ハンガリー 8位 卓球 張継科(ジャン・ジーカー)/中国 9位 バスケットボール 劉暁宇(リウ・シャオユー)/中国 10位 体操 マゼル・ニューエン/ドイツ (翻訳・編集/Mathilda) [全文を読む]

英国が中国出資の原発計画の再検討を表明、中国の駐英大使が早期承認を求める「中英関係にとって重大な局面」―英紙に寄稿

Record China / 2016年08月10日08時30分

中国の劉暁明駐英大使は9日付の英紙フィナンシャル・タイムズへの寄稿で、英政府が建設計画の再検討を表明したことによって、中英関係は重要な局面を迎えていると指摘し、計画を円滑に進めるため、英政府ができる限り早期に計画を承認することを希望すると述べた。英政府は9月に計画について最終決定する見通し。 この報道に、米国のネットユーザーからは、「英国はEU離脱を決め [全文を読む]

欧州鉄鋼業の危機は中国が原因?=ドイツで4万人規模のデモも、中国駐英大使は「中国の方が危機は大きい」と因果関係を否定

Record China / 2016年04月14日19時20分

こうした声に劉暁明(リウ・シアオミン)中国駐英大使は英紙デイリー・テレグラフに寄稿した11日の文章で、「英国鉄鋼業の低迷と中国の鉄鋼製品輸出に因果関係はない」と述べた。劉大使は、「英国が中国から輸入している鉄鋼製品は、数量や金額共に輸入全体のほんの一部に過ぎない。中国は近年鉄鋼の生産を縮小しており、今後も縮小傾向が続く。これにより100万人規模の雇用問題 [全文を読む]

腐敗幹部の自殺が流行 習近平体制22か月で自殺者と不明者7700人

NEWSポストセブン / 2015年01月14日16時00分

呉勝利・海軍司令官、劉暁光・海軍政治委員に次ぐ海軍のナンバー3という軍最高幹部の1人。馬氏は15階の執務室の窓から飛び降り、覚悟の自殺だった。軍首脳は直ちに箝口令を敷いたが、馬氏の壮絶な飛び降り自殺は瞬く間に軍内に広がった。ジャーナリストの相馬勝氏が中国の異常事態をレポートする。 * * * 中国海軍では2014年9月から11月までの3か月で、馬氏を含め [全文を読む]

安倍氏靖国参拝 毛沢東生誕120周年記念日で習近平氏激怒

NEWSポストセブン / 2014年02月14日07時00分

この論文が口火となって、1月24日現在、崔天凱・駐米中国大使や劉暁明・駐英中国大使ら世界30か国以上に駐在する中国大使をはじめ50か国・地域を上回る中国人外交官が各国の代表紙やテレビ、記者会見などの場で対日批判を展開し始めた。 アフリカの小国マリやジンバブエ、南米のグレナダ、欧州のアイスランドやアルメニア、アジアのスリランカ、中央アジアのキルギス、さらに [全文を読む]

フォーカス