呉勝利のニュース

中国空海軍とも強化――習政権ジレンマの裏返し

ニューズウィーク日本版 / 2016年07月25日08時25分

人工島建設はやめない――米中海軍トップ会談 新華網7月18日電によれば、リチャードソン・米海軍作戦部長と呉勝利・海軍司令員(軍事委員会委員)との会談が北京で行われたとのこと。 会談で呉勝利司令員は「中国が領土主権問題に関して譲歩すると思わない方がいい」と、一歩も譲らぬ姿勢を見せた。 さらに「われわれは如何なることがあっても、南シナ海における主権と権益を犠牲 [全文を読む]

戦争求める中国軍 ミャンマーへの宣戦布告を建議したことも

NEWSポストセブン / 2015年06月22日16時00分

「習近平主席や呉勝利司令員が唱える『新たな大国関係』を構築するには、『不動の空母』とも呼ぶべき埋め立て地が絶対に必要だ。これはわれわれ現場サイドからの要請なのだ。 4月29日に呉勝利司令員がグリナート米海軍作戦部長と行ったテレビ会談で、『(滑走路を建設予定の)用地は米軍に貸してもよい』と述べたが、あの発言も同様だ。要は、中国軍が東アジアの海を管理できてい [全文を読む]

中国軍 秋の党大会を前に上将ら高官47人が引退へ

NEWSポストセブン / 2017年02月22日07時00分

中国国営新華社電などによると、北京で2月20日に行われた海軍将校の昇格式で、中国海軍の呉勝利司令官の後任に沈金竜・南海艦隊司令官が任命された。呉氏は習氏に近い軍最高幹部で、海軍司令官を10年以上にわたって務めてきたが、中央軍事委員には留まっており、党大会を機に引退するとみられる。 後任の沈氏は大連艦艇学院院長や海軍指揮学院院長などを歴任しており、研究畑出 [全文を読む]

ベトナムが抗議=中国、西沙・南沙支配70周年記念式典を開催―米メディア

Record China / 2016年12月14日17時30分

式典には海軍トップの呉勝利(ウー・ションリー)司令官も出席した。 これを受け、ベトナム外務省のレ・ハイ・ビン報道官は12日、ホアンサ(西沙)諸島とチュオンサ(南沙)諸島の領有権は歴史的根拠および法的根拠から見てもベトナムにあると主張した上で、中国の式典について「両国間の発展の流れに逆らうものであり、状況をさらに複雑化させる」と非難した。 中華民国は1946 [全文を読む]

中国海軍の3大艦隊、東シナ海で大規模な実弾演習=海軍トップが指揮、軍事的「筋肉」誇示―米華字メディア

Record China / 2016年08月02日17時40分

海軍トップの呉勝利(ウー・ションリー)司令官が指揮し、建軍記念日に軍事的な「筋肉」を誇示した。米華字メディア・多維新聞が伝えた。 中国国営新華社通信のニュースサイト、新華網によると、演習は約1.6万平方キロの海域で実施され、東シナ海を管轄する東海艦隊を中心に、北海艦隊、南海艦隊の一部兵力が参加。「中国版イージス艦」と呼ばれる052C型ミサイル駆逐艦「鄭州」 [全文を読む]

南シナ海のかたきを東シナ海で?「全面敗訴」の中国、日本をやり玉に、警戒強める日本政府

Record China / 2016年07月23日16時30分

中国海軍の呉勝利司令官も中国を訪れている米海軍制服組トップとの会談で、「中国海軍はいかなる軍事挑発も恐れない」と述べ、軍事的衝突も辞さない姿勢を見せた。 しかし、判決を無視して南シナ海で新たな行動を起こした場合、国際社会から「無法者」のレッテルを貼られかねない。その意味でも、国内対策を含め、東シナ海は力を誇示する格好の舞台になる。 東シナ海では判決を控え、 [全文を読む]

<南シナ海問題>仲裁裁判決後、中国は軍事的存在感を向上―独紙

Record China / 2016年07月20日10時50分

米海軍のジョン・リチャードソン作戦部長は18日、中国が直近で実施した軍事演習の期間中、中国海軍司令官の呉勝利(ウー・シェンリー)氏と会談。呉氏は「南沙諸島は中国固有の領土だ。進行中の埋め立て工事は合理的で合法であり、いかなる国、人間の圧力がかかろうと、作業を中止することはない」と強調した。(翻訳・編集/大宮) [全文を読む]

中国「南シナ海の万里の長城」建設中 総経費は1兆4000億円

NEWSポストセブン / 2015年07月26日16時00分

習近平に近い呉勝利・海軍司令員がこの模様を視察しており、埋め立ては海軍の作戦であることは明白だ。まさに「南シナ海の万里の長城」と言えよう。かつての長城は歴代の皇帝が指揮したが、「海の長城」建設は現代の皇帝である習近平が命令しているのだ。 すでに7つのサンゴ礁のひとつ、永暑礁の飛行場は長さ500m、幅53mになっているが、これを3000mまで延ばす予定。2 [全文を読む]

腐敗幹部の自殺が流行 習近平体制22か月で自殺者と不明者7700人

NEWSポストセブン / 2015年01月14日16時00分

呉勝利・海軍司令官、劉暁光・海軍政治委員に次ぐ海軍のナンバー3という軍最高幹部の1人。馬氏は15階の執務室の窓から飛び降り、覚悟の自殺だった。軍首脳は直ちに箝口令を敷いたが、馬氏の壮絶な飛び降り自殺は瞬く間に軍内に広がった。ジャーナリストの相馬勝氏が中国の異常事態をレポートする。 * * * 中国海軍では2014年9月から11月までの3か月で、馬氏を含め [全文を読む]

尖閣緊張緩和なるか? 新たな海のルール、日米中など合意

NewSphere / 2014年04月23日19時10分

中国海軍の呉勝利司令官は、「合意は画期的」「その地域の海軍にとって、コミュニケーションを促進し、誤った判断や誤解を減らすために非常に重要だ」と述べた。 一方、中国人民解放軍の海軍副司令官、徐洪猛氏は、「(新規範は)自主的なもの」だと強調し、「海上行動にプラスの影響を与えるが、東・南シナ海の紛争海域での行動に影響を与えない」と述べたという。 米海軍太平洋艦 [全文を読む]

フォーカス