松本基弘のニュース

貫地谷しほり「イメージすらわかない」初挑戦 岸谷五朗とコンビ結成

モデルプレス / 2017年02月07日05時00分

松本基弘プロデューサー コメント 偶然手にした原作本。読んでみてその斬新な展開に目を見張りました。これはおもしろい!全く新しい長編単発ドラマが作れると確信しました。そしてそのために考え得る最高のキャスト、スタッフに結集してもらいました。あっという間の二時間、ご覧いただいて損はさせません。ご期待ください! [全文を読む]

書籍発刊のお知らせ 「視聴率」50の物語~テレビの歴史を創った50人が語る50の物語~

@Press / 2013年08月22日14時30分

黒柳徹子、澤田隆治、石井ふく子、松前洋一、山田太一、藤田潔、関口宏、大山勝美、 大橋巨泉、杉山茂、倉本聡、萩本欽一、白石剛達、田原総一朗、みのもんた、寺尾睦男、 重延浩、久米宏、秋元康、小林由起子、テリー伊藤、坂田信久、杉田道成、金子満、松本修、 安藤優子、吉田正樹、五味一男、貴島誠一郎、土屋敏男、古谷太郎、港浩一、工藤三郎、 松下洋子、澤本嘉光、松本基 [全文を読む]

伊藤蘭 水谷との夫婦共演決意の裏に“スーちゃんへの思い”

WEB女性自身 / 2013年07月07日07時00分

今回、映画のプロデューサーから『主人公の奥さん役は蘭さんで』と指名されてしまい、水谷さんは相当悩んだと聞いています」 このプロデューサーとは、テレビ朝日でドラマ『相棒』も手がける松本基弘氏(49)。そのオファーを断りきれなかった水谷は、「撮影が昨年5月からと決まったため、伊藤さんに『僕はこの映画の撮影中に60歳になるんだ。僕の還暦のお祝いに出てもらえないか [全文を読む]

「『相棒』には2時間ドラマのノウハウが詰まっている」と番組P

NEWSポストセブン / 2013年04月17日16時00分

本作品の生みの親、テレビ朝日ゼネラルプロデューサー・松本基弘さんは現在に至るまで約20年間、『土曜ワイド劇場』のプロデューサーを務めてきた。『相棒』成功の理由をこう語る。 「『相棒』にはまさに2時間ドラマで身につけたノウハウが詰まっています。徹底的に視聴者の視点に立ち、犯人が最後ギリギリまでわからないようにするのもそのひとつ」 それは即ち、いかに最後まで [全文を読む]

2時間ドラマのラストシーンがなぜか「断崖絶壁」の深い理由

NEWSポストセブン / 2013年04月15日07時00分

連続ドラマとして絶大な人気を誇る『相棒』(テレビ朝日系)の生みの親で、約20年間、『土曜ワイド劇場』のプロデューサーを務めてきたテレビ朝日ゼネラルプロデューサー・松本基弘さんはこう語る。 「いろいろ挑戦してみましたが、取調室じゃ絵がもたないし、山のなかでも面白くない。ところが海だと、波が常に動いていて表情に変化があるんです。しかも犯人はよっぽど追い詰めら [全文を読む]

フォーカス