大原康男のニュース

もんじゅ廃炉は目くらまし、安倍政権が新たな高速増殖炉計画! 背後に櫻井よしこら右派の核武装圧力が

リテラ / 2016年11月30日16時00分

また、大原康男、百地章、西修、高橋史朗など日本会議系の"安倍政権御用学者"が顔を揃えているのも特徴だ。 [全文を読む]

安倍政権が「神武天皇は実在した」を本気で喧伝、産経もトンデモ神武本出版! 神話で国民を支配するカルト国家化

リテラ / 2016年11月17日20時30分

同団体の役員名簿には小田村四郎、小堀桂一郎、大原康男、伊藤哲夫、百地章など、おなじみの日本会議系人物がちらつく。その集会に、安倍首相の盟友である古屋圭司自民党選対委員長、稲田朋美防衛相らが参加。稲田は壇上でこう息巻いたという。「神武天皇の偉業に立ち戻り、日本のよき伝統を守りながら改革を進めるのが明治維新の精神だった。その精神を取り戻すべく、心を一つに頑張り [全文を読む]

「天皇はちょっとおかしい」 安倍首相が生前退位ヒアリングにゴリ押しした“日本会議系学者“が天皇批判!

リテラ / 2016年11月09日12時00分

歴史学者の大原康男・国学院大学名誉教授、憲法学者の百地章・国士舘大院客員教授は、ともに日本会議政策委員で安倍政権の"御用学者"。また、渡部昇一・上智大学名誉教授、所功・京都産業大学名誉教授、平川祐弘・東京大学名誉教授、八木秀次・麗澤大学教授、そして"右翼の女神"こと櫻井よしこ氏は、日本会議の講演や機関誌「日本の息吹」で弁舌をふるったり、そのフロント団体な [全文を読む]

天皇の生前退位で右派が内ゲバ! 小林よしのりは日本会議や渡部昇一に「天皇を奴隷化する国賊」と激烈批判

リテラ / 2016年08月20日12時00分

以下同) そして、前述の百地氏のほか、渡部昇一上智大学名誉教授、加地伸行大阪大学名誉教授、大原康男国学院大学名誉教授、八木秀次麗澤大学教授らを名指しするかたちで、生前退位反対論者たちを痛烈に批判するのだ。〈現に見よ! 自称保守派の者たちは、82歳の天皇の「退位」の自由すら妨害しようとしてるではないか! 彼らは天皇陛下を敬愛してはいない! 天皇の「自由意志」 [全文を読む]

女系天皇賛成・反対両派の言い分と将来の見込み

NEWSポストセブン / 2016年08月08日16時00分

國學院大學名誉教授・大原康男氏が12年前の議論を振り返る。 「2004年末、当時の小泉純一郎首相が私的諮問機関『皇室典範に関する有識者会議』を設けた際、私も参加しました。主たるテーマは、女性天皇の導入や女系の皇族への皇位継承資格の拡大についてでした」 当時は皇太子家と秋篠宮家に男子がおらず、やがて皇位継承者がいなくなるという危機感があった。そこで小泉政権は [全文を読む]

雅子妃殿下の適応障害の原因はマスメディアにあるとの指摘

NEWSポストセブン / 2013年05月29日07時00分

その原因は、メディアの過剰報道にあると大原康男・國學院大學大学院客員教授が指摘する。 * * * 行き過ぎた皇室報道が始まったのは、平成5年(1993年)に『宝島30』が掲載した、大内糺なる仮名の「宮内庁勤務」を名乗る人物による皇后バッシングがきっかけだ。これに『週刊文春』が同調して同様の報道を続け、皇后陛下は精神的ショックから失声症を患われた。 ところが [全文を読む]

皇太子退位論に「即位してないのに退位とは意味不明」と意見

NEWSポストセブン / 2013年05月27日07時01分

大原康男・國學院大學大学院客員教授が解説する。 * * * 昭和天皇が崩御されて24年余り、マスメディアでは「天皇の戦争責任」を問う論調がめっきり減った。その代わりというわけではなかろうが、ここ10年来続いているのが、皇太子妃雅子殿下に対するバッシング報道である。 「天皇の戦争責任」というテーマでは、時に行き過ぎた論も展開されたが、戦争で肉親を亡くした方も [全文を読む]

黒田清子さん務めた伊勢神宮臨時祭主に紀子さま名乗り挙げた

NEWSポストセブン / 2012年05月25日07時00分

国学院大学神道文化学部教授・大原康男氏はこう説明する。「通常、一般の神社における神職の最高責任者は宮司ですが、伊勢神宮だけは特別に祭主と呼びます。祭主は、神宮の祭祀に奉仕し、天皇のお心を伝えるとともに、伊勢神宮の神職をまとめる役職です。古くは中臣、次いで大中臣の世襲制で、原則的に男性が祭主を務めていましたが、明治以降は皇族や華族が親任されるようになり、戦後 [全文を読む]

フォーカス