陳健のニュース

<南シナ海問題>日本は米国ではなく、中国の側に立つべき―元国連事務次長

Record China / 2016年04月07日14時50分

2016年4月6日、環球網によると、かつて国連の事務次長や駐日中国大使を務めた陳健(チェン・ジエン)氏が、「南シナ海問題で日中は同じ立場に立つべきだ」と述べた。 環球網と中国公共外交協会が組織した中国メディアの代表団は、日本の外務省で木原外務副大臣と対話を行った。この中で、香港衛視の秦楓(チン・フォン)副局長は、「(日本は)域外の国であるのに、なぜ国際舞台 [全文を読む]

グルーポン 4年ぶりにおせち販売決定! 「おせち・お正月特集」

PR TIMES / 2014年11月14日12時35分

西塚茂光氏の日本料理の段、谷昇氏のフランス料理の段、陳健一氏の中国料理の段、ジョセップ・バラオナ・ビニェス氏のスペイン料理の段、河田勝彦氏のデザートの段と、各界の名シェフの味が一箱に会した五段重のおせちが5名に抽選で当たるこの夢のおせちは、10数万超のご応募をいただくまでに至りました。そして今年、徹底した体制の下、「おせち・お正月特集」と称して、4年ぶりに [全文を読む]

鉄人に勝った時短料理「金スマ」で紹介された小林カツ代の「肉じゃが」が話題

Smartザテレビジョン / 2017年05月27日10時25分

当時、中華の鉄人・陳健一と対戦し、超簡単レシピで勝利を収めたことが話題を呼んだ。小林の肉じゃがはフライパンで調理することが特徴。浅くて広いフライパンであれば、具材が重ならないため、均一にそして早く火が通る。蓋をして10分で完成する手軽さも人気の理由だ。 長年、小林カツ代のアシスタントを務めた本田明子さんも登場すると、中居は「何が違うんですか?皆さんがよく作 [全文を読む]

自宅でそのまま簡単に食べられる!ディノスが、イタリアン・中華・和食の3つの名店による食品セットを新発売

PR TIMES / 2016年09月15日11時53分

[画像1: http://prtimes.jp/i/3084/663/resize/d3084-663-459211-1.jpg ][画像2: http://prtimes.jp/i/3084/663/resize/d3084-663-365387-0.jpg ] 中華からは「赤坂四川飯店」のオーナーシェフ陳健一氏の「本格四川麻婆豆腐」。味の決め手となる豆 [全文を読む]

その数なんと1億本!台湾製「竹とんぼ」と日本、38年間の知られざる物語―台湾メディア

Record China / 2016年07月29日04時30分

台湾彰化県福興郷で、一家で玩具工場を営む陳健宏(チェン・ジエンホン)さんは、38年間にわたり台湾製竹とんぼを日本に輸出している。 陳さんはもともと竹細工のコースターを作っており、日本市場での販売も上々だったが、コースターを作るときに出る端材がもったいないと思い、竹とんぼを作ることを思いついた。嬉しい誤算だったのは、この竹とんぼも日本で非常に人気になったこ [全文を読む]

「日本民族には“冒険主義”の傾向あり」、日中の偶発的武力衝突を懸念―元駐日大使

Record China / 2016年07月18日16時30分

日中研究者が参加したパネルには、元国連副事務局長、元駐日中国大使の陳健(チェン・ジエン)氏が出席し、日中の偶発的武力衝突のリスクは米中以上に大きいと警告した。 米国と中国は新型大国関係の共通認識を持ち、衝突を避けるための対話メカニズムを兼ね備えている。また旧ソ連との冷戦の経験がある米国は決定的な衝突を避けるための経験を持っている。しかし日本にはそのどちらも [全文を読む]

福原愛、高倉健が「日中の懸け橋」になる!両国メディア記者50人が意見交換「国民レベルの交流を」―東京で対話会

Record China / 2016年04月12日05時20分

対話会には、程永華駐日大使、陳健・同協会常務理事・元駐日大使、劉晋・外交部新聞司(報道局)副司長、日本の大鷹正人外務副報道官ら日中の政府関係者も出席した。日本メディアから、「中国の情報開示姿勢への疑問」や「政治と国民を切り離して、国民にスポットを当てるべきだ」「卓球の福原愛さんは中国で大人気。文化・スポーツコンテンツをさらに報道していきたい」などの意見が多 [全文を読む]

夢千代の里 元禄15年創業の老舗旅館「佳泉郷 井づつや」で過ごす贅沢

IGNITE / 2015年09月25日06時06分

伝説のテレビ番組「料理の鉄人」で、あの陳健一氏と互角に戦った料理人で、彼の考案した「席前料理」は大好評。 部屋食専用の厨房からでき立ての料理が運ばれ、焼き物は調理人が部屋まで出向いて目の前で調理してくれる。自分たちのためだけのライブ感あふれる料理に舌鼓を打つ。 湯上り処といい、席前料理といい、スタッフとの会話が心に残る老舗旅館であった。 住所:兵庫県美方郡 [全文を読む]

【ANAインターコンチネンタル石垣リゾート】特別イベント「感謝の夕べ」 ~陳 建一氏を囲んで~ 10月29日(水)開催

PR TIMES / 2014年09月18日09時22分

http://www.anaintercontinental-ishigaki.jp/陳 建一スペシャルメニューとして、極上の「陳健一の陳麻婆豆腐」、地元石垣の貴重な食材を使った四川料理のほか、当ホテルのシェフ達が腕をふるいます。紹興酒やワイン等、お飲み物も含め、お一人様8,000円(税込)で、フリーフード、フリードリンクでご提供します。そのほかにも、舞台 [全文を読む]

楽天トラベル「朝ごはんフェスティバル(R)2014」、遂に日本一の朝ごはんの宿が決定!

PR TIMES / 2014年09月03日16時03分

新しいのに味はしっかりおいしく、オリジナリティあふれるメニュー」(「四川飯店」オーナーシェフ 陳健一氏)と評価されました。また第3位の福岡・沖縄地区代表「イル・パラッツォ」の朝ごはんには「見た瞬間に、華があり、食欲をそそる朝ごはん。「食べるドレッシング」というネーミングもすばらしく、女性に人気があるのもうなづける」(「ラ・ロシェル」オーナーシェフ 坂井宏行 [全文を読む]

フォーカス