鹿野道彦のニュース

小池百合子 逆境ハネ返し「突破の女王」!!(9)CMが支えたイメージ戦略

アサ芸プラス / 2016年11月30日12時55分

小沢230票、対立候補の鹿野道彦が182票であった。ところが小沢は、党首に選ばれたとたん、解党に踏み切った。 小池はさすがに驚いた。〈これは、あまりにも唐突すぎないか〉 解党の結果、非自民勢力の結集を謳った新進党はわずか3年で四分五裂し、小池は小沢が新たに結党した自由党に参加することにした。「政党は安全保障政策で一枚岩でなければならない」という小沢の説明 [全文を読む]

岡田、細野、江田、枝野各氏 蓮舫氏に手も足も出ぬ情けなさ

NEWSポストセブン / 2016年08月30日07時00分

その情けなさに怒った鹿野道彦・元農水相に「出ていけ!」と追い出されてしまった。 「勝ち目がないと見て逃げた。これで細野さんは本当に『永遠の代表候補』になった」(若手議員) 党内最大勢力の旧維新の党グループでも、江田憲司・代表代行が会合で「国民のために何をするかの政策論争がない」と蓮舫独走の代表選の状況を批判していた。それなら、自ら出馬して政策論争を挑めばい [全文を読む]

「ポスト安倍晋三」に名乗りを挙げた野田聖子の内情

東京ブレイキングニュース / 2015年09月03日15時20分

あの菅直人氏がやっとのこと、本当にようやく代表を辞任してくれて、前原誠司氏、馬淵澄夫氏、海江田万里氏、野田佳彦氏、そして鹿野道彦氏が出馬しました。当初は野田氏に協力するはずだった前原氏が「お前では勝てないからオレが出る」と宣言したり(で、負けましたけどね)、小沢一郎氏が率いるグループの推薦候補として海江田氏と小沢鋭仁氏が争ったりで、とても"楽しい"代表選で [全文を読む]

中国スパイ事件 TPP反対派を抑えるため米国に仕組まれた説

NEWSポストセブン / 2012年10月17日16時00分

この書記官は鹿野道彦農林水産相(当時)と接触をもっていたため、スパイ容疑が浮上。結局、鹿野農水相は、直後の2012年6月の内閣改造で交代を余儀なくされました。 しかし、この書記官はスパイというより、立場を利用して投資ブローカーをしていた人で、むしろ中国側が処罰すべきで、日本側が騒ぐような案件ではありません。こう言うと失礼かもしれませんが、農水省にそれほど重 [全文を読む]

米追従の日本人は“幸福な奴隷”メディアリテラシー獲得重要

NEWSポストセブン / 2012年10月02日16時00分

その対象が鹿野道彦・農水相(当時)で、その後の内閣改造で農水相を辞任しました。 農水省にどんな国家機密があるのか知りませんが(苦笑)、鹿野農水相はTPP加盟に反対でした。野田首相と米国にとって邪魔な存在だったのです。後任にはJAと関係が強い郡司彰議員が就きましたが、就任後、野田首相の方針に従うと宣言しています。関岡:あのスパイ事件は発覚したタイミングからし [全文を読む]

スパイと報じられた中国書記官 どんな人物か軍事評論家解説

NEWSポストセブン / 2012年06月04日07時00分

永田町には、件の一等書記官が鹿野道彦・農水相や筒井信隆・副大臣が進める中国への農産物輸出事業に関与していたという情報が流れ、与野党の有力議員が、「野田政権の命取りになる」と口にした。 その予告通り、読売や産経は翌30日付で、〈書記官、農水機密に接触〉などと報道。鹿野氏は省内に調査チームを設置し、自民党と公明党は早速、幹事長会談を開いて鹿野大臣らを問責決議 [全文を読む]

小林幸子「紫綬褒章欲しい」と鹿野農水大臣に料亭で頼みこむ

NEWSポストセブン / 2012年05月01日07時00分

「小林さんとご主人の林さんが関根さんに退任を迫ったと同じころに、夫妻は以前からつきあいのある民主党の鹿野道彦農林水産大臣に“紫綬褒章が欲しい”と相談したんです。受章で箔がつけば、これまでサポートしてきた関根さんの営業力がなくとも、乗り切れるという算段だったんでしょう」(芸能関係者) 学術、芸術、発明などで顕著な功績のあった人に授与される同章。小林夫妻が鹿 [全文を読む]

野田改造内閣の閣僚名簿が発表

ニコニコニュース / 2012年01月13日12時30分

■閣僚名簿(発表順・敬称略)内閣総理大臣野田佳彦副総理・行政改革担当・社会保障と税一体改革担当相・内閣府特命担当相(行政刷新「新しい公共」・少子化対策男女共同参画)・公務員制度改革担当岡田克也(新)総務相・内閣府特命担当相(沖縄及び北方対策地域主権推進)・地域活性化担当相川端達夫法務相小川敏夫(新)外相玄葉光一郎財務相安住淳文科相平野博文(新)厚労相小宮山 [全文を読む]

フォーカス