坂井信也のニュース

【阪神】レギュラーにするのはもったいない? 虎のスーパーサブ・大和の存在価値

文春オンライン / 2017年05月26日11時00分

なんでも、国内FA権を取得した大和を他球団に流出させないよう、阪神・坂井信也オーナーが厳命したという。大和が不動のレギュラーでないことを考えれば、これは異例と言える。球団のトップがそれだけ高く評価しているわけだから、やはり彼はレギュラーと同格か、それ以上の存在と見なされているのだろう。稀有なスーパーサブだ。 しかし、である。 それならそれで、大和の年俸も今 [全文を読む]

年忘れ「にっぽんのプロ野球」覆面スクープ座談会(2)巨人・澤村は担当記者を呼び出して…

アサ芸プラス / 2017年01月02日09時56分

予定どおり佐々木千隼(22)を指名していたら獲得できていただけに、坂井信也オーナー(68)は「何なんだ、あのドラフトは!?」と大激怒。いまだに「金本はバカだ!」と、ことあるごとに言っています。A そうは言っても、糸井獲得は大きい。素っ頓狂な応対から「宇宙人」と言われていますが、本当はクレバーな選手だからね。今年、盗塁王を獲得したけど、53盗塁ほぼ全てが変化 [全文を読む]

阪神・金本監督 「占い師のお告げ」で不可解ドラフト1位指名?(2)「占いドラフト」がまかり通った背景

アサ芸プラス / 2016年11月06日09時56分

確かに坂井信也オーナーが田中を推し、金本監督は佐々木を主張していたこともあり、直前まで情報を集めて競合の少ないほうでいこう、との方針が出ていたという。球界関係者が続ける。「でも坂井オーナーが『見る目がある金本監督に映像を見て決めてもらいなさい』とフロントに号令を出したことで、佐々木に決まっていたんですよ。それがドラフト当日のスカウト会議で突如、金本監督が大 [全文を読む]

プロ野球「ストーブリーグ」の地雷原!(2)「監督手形」で華々しく引退するDeNA・三浦

アサ芸プラス / 2016年10月03日05時56分

阪神では福原忍(39)、鶴岡一成(39)らが戦力外通告を受けたが、「福原には二軍投手コーチのイスが用意されましたが、坂井信也オーナー(68)から『最下位だけは困る』との厳命があり、もし最終戦まで中日との最下位争いに決着がつかない場合、彼らの引退試合をどうするかで、現場が頭を抱えています」(関西マスコミ関係者) サブロー(40)が引退を表明したロッテには「ベ [全文を読む]

【プロ野球】金本・阪神と野村・阪神の1年目を比較…優勝まで何年待つべきか?

デイリーニュースオンライン / 2016年07月24日16時05分

「チームをいったん叩き潰す覚悟で、ゼロの状態から作り上げてほしい!」 昨秋、阪神・坂井信也オーナーが金本知憲監督への監督就任要請で切り出した言葉だ。時をさかのぼること17年前、どん底状態にあったチームを救う救世主として要請されたのが、野村克也監督だった。生え抜きを監督に起用する人事が慣習化していた当時の阪神にとって、外様である野村監督の起用は異例のこと。こ [全文を読む]

内紛危機?阪神・金本監督の「超改革」に鳥谷敬が激烈反抗!

アサ芸プラス / 2016年06月11日09時56分

「金本監督は昨オフ、坂井信也オーナーから就任要請を受けた際、『チームをどんどん改革してほしい。ぬるま湯の体質を一掃し、戦闘集団に作り変えてくれないか。若手を積極的に起用し、ベテランたちのケツを引っぱたいてくれ』とじきじきに頼まれている。その言葉の中には『近年、ユルフン気味の鳥谷の意識改革』も含まれていたそうです。オーナーからのお墨付きを得ているからこそ、金 [全文を読む]

阪神・金本監督誕生までの交渉全内幕!「元阪神監督・星野氏からの提言とは?」

アサ芸プラス / 2015年10月25日09時56分

坂井信也オーナーは『5年でもいい』と言っています。金本氏が渋ったというか、熟考を要した最大の理由は、編成、人事の権限をくれることをオーナーに約束させたかったから。つまり、星野政権のように、全権監督を要求したわけです」 全権とはすなわち、組閣、補強、チーム編成の権限にほかならない。球団関係者が続ける。「フロントが勝手にトレードをしたり、意に沿わない新外国人を [全文を読む]

実は掛布がベストだった? 金本新監督はオーナーとの相性に期待

週プレNEWS / 2015年10月22日06時00分

球団オーナーの坂井信也さん。この方の運気を見ると、今年の11月から来年にかけてかなりいい。キャラクター的には、変わり者の商売人です。 坂井さんと相性がいいのは、金本さんが一番です。掛布さんとは相性が悪いなあ。自分の運気がいい時って、自然に自分と相性のいい人を引き寄せますからね。 う~ん。掛布さんを監督に起用したら来年優勝しそうなんだけど、起用しないだろう [全文を読む]

巨人&阪神 V逸で噴出した“監督交代劇”の内幕「阪神は金本監督で一本化」

アサ芸プラス / 2015年10月12日17時56分

事後処理のため東京から緊急帰阪した南信男球団社長が、翌24日に坂井信也オーナーと会談を持った。阪神は9月18日から始まっていた、優勝の行方を占う12連戦で巨人に連敗するなど、この時点で1勝5敗。優勝戦線から脱落していたため、坂井オーナーは和田監督の采配能力に見切りをつけ、退任と次期監督として予定どおり金本新監督実現で動くことが確認された。また、万が一の不測 [全文を読む]

プロ野球・阪神次期監督に金本知憲就任なら“番長”清原和博をコーチ招へいの仰天情報

日刊サイゾー / 2015年10月08日18時00分

金本への監督要請案が具体化してきたのは10年ぶりの優勝が絶望的となった9月下旬で、坂井信也オーナーと南信男社長が緊急会談し、和田豊監督との契約を更新しないことで合意。その次の候補として金本の名前が挙がった。スポーツ紙の野球記者によると「同時に掛布(雅之)さんほか、05年の優勝監督である岡田(彰布)さんの名前も挙がったそうですが、幹部らが早々に金本さん支持 [全文を読む]

藤川球児に「阪神で先発転向説」も岡田彰布氏 「無理やろ」

NEWSポストセブン / 2015年05月28日07時00分

彼が縦ジマ以外のユニフォームを着る姿は考えられない」(阪神・坂井信也オーナー)とラブコールを送り、オリックスは瀬戸山隆三GMが「調査する」と明言した。 「阪神が一歩リードしているといわれます。藤川を獲得するには出場選手登録枠に空きがないといけないが、阪神はあと3枠あるのに対しオリックスは1枠しかない。しかもオリックスはブランコなど野手の故障者が続出しており [全文を読む]

引退後も重要な戦力! プロ野球の海外スカウトは懐かし助っ人のオンパレード

しらべぇ / 2015年05月05日11時00分

阪神は2014年のクライマックスシリーズをマートン、ゴメスらの外国人の力もあり勝ち抜いており、シーズン後、阪神・坂井信也オーナーも「シーツやウィリアムスがよく動いてくれています」とその手腕を評価。しばらくはこの2人が海外スカウトを担いそうだ。 ■読売ジャイアンツ 阪神と同じく伝統の球団である巨人だが、ライバルとは対照的に駐米スカウトは所属選手ではなく、い [全文を読む]

阪神“中島獲得”に名乗りも、虎ファンからは怒りの声!

週プレNEWS / 2014年11月12日06時00分

坂井信也オーナー、中村勝広GM、南信男社長の3人は、いずれも就任以降、レギュラーシーズンの優勝をしていない。残りの任期中になんとか優勝したいと、若手育成そっちのけで即戦力のメジャー帰り獲得に走っているのです。3年10億円の好条件を提示した今回の中島獲りも、その焦りの表れです」(前出・虎番記者) 「まる虎ぽーろ」の盛林文男マスターがこう語る。 「来季、球団生 [全文を読む]

阪神「和田監督続投白紙」で“内定”新監督をズバリ予想!(1)次々と出る監督候補

アサ芸プラス / 2014年09月30日09時57分

それと並行して成績はガタガタになっていった」(スポーツ紙デスク) 急失速中の9月9日、人事の決定権を持つと言われる、坂井信也オーナー(66)が大一番の巨人3連戦の初戦を観戦したのだが‥‥。 「4回には8点差に広げられるという惨敗ゲームでした。試合後、球場の外に出るや坂井オーナーはファンに『この金満オーナー!』と罵声を浴びせられました。巨額の投資でメジャーか [全文を読む]

阪神・次期監督は金本アニキで決定? だがそれを危惧する理由とは…

週プレNEWS / 2014年09月26日06時00分

減少傾向にある観客動員数も金本監督なら間違いなく回復が望めるという計算もあります」(関西のテレビ局関係者) ところで、ふたりの本命以外に“第三の候補”が浮上してくる可能性は? 「最終的には坂井信也オーナー(阪神電鉄社長)がどんな判断を下すか。彼の思惑次第では“超サプライズ起用”がないとも言い切れないし、逆に内部昇格など超保守的な“妥協の産物”、ファンがシラ [全文を読む]

来オフ、巨人・松井監督、阪神・掛布監督は誕生するか?

週プレNEWS / 2014年04月03日11時00分

開幕直前の激励会では、坂井信也オーナーが「非常に危機感を持っている」と檄(げき)を飛し、監督以下、チーム関係者を凍りつかせてもいる。 「関西方面ではもう『今オフ、掛布監督就任』って雰囲気が漂っている。ただ、その掛布DCも、春のキャンプで球団からの評価は下がったような気がする。『4番は誰』とか、『誰々はこう使うべきじゃない』などとたびたびコメントして、記者 [全文を読む]

阪神不振も関西スポーツ紙記者ニコニコ そこそこの成績期待

NEWSポストセブン / 2014年03月27日11時00分

3月12日の激励会では、坂井信也オーナーが「心配を募らせている。昨季の課題をまだ払拭し切れていない。ギアを上げていただきたい」と、危機感を口にしたほどの異常事態だ。 だが、意外や意外、“阪神が勝てなければ売れない”はずの関西スポーツ紙はこの事態を喜んでいる向きすらあるという。在阪スポーツ紙記者が語る。 「今年、和田豊監督は契約最終年。優勝できなければ、契約 [全文を読む]

阪神タイガース「掛布入閣」急加速のドス黒舞台ウラ!(3)

アサ芸プラス / 2012年09月13日10時59分

坂井信也オーナーは中村氏の正式なGM就任を前に直接会談する旨も明かしています。掛布氏の名前はすでに出ていて、一連の報道はファンの反応をうかがう『観測気球』だったのかもしれません」(球界関係者) 何しろ阪神の昨季のチーム打率は、リーグトップの2割5分5厘。それが今季は2割3分8厘まで落ち込んでおり(8月30日時点)、チーム再建の一つに「打線強化」は不可欠 [全文を読む]

松井秀喜 阪神タイガース「暗黒時代脱出の切り札」に獲得大号令 和田監督が「血を入れ替えたい」と直訴した!

アサ芸プラス / 2012年09月10日10時59分

そこで、坂井信也オーナー(64)と南信男球団社長(57)が暗黒時代突入阻止への切り札にと、『松井を獲れ!』とフロントに大号令をかけたんです」(阪神担当記者) 阪神はかねてから、駐米スカウト(元阪神アンディ・シーツ)が松井の試合を観戦し、スカウティングレポートを送っていた。 そうした調査結果の下、松井獲りを加速させたのが、9月中にも就任が濃厚とされる元阪神監 [全文を読む]

あぁ、阪神タイガース「大暗黒時代」がまたやってくる(1)

アサ芸プラス / 2012年06月26日10時57分

また今春のキャンプに坂井信也オーナーが視察に来た際も、藤川球児VS鳥谷敬という主力の対決を演出。“気配り”には抜かりないですからね」(別のトラ番記者) 生え抜きから「社内政治」ならぬ「球団内政治」で監督の地位まで上り詰めた和田監督。それだけに、阪神のお家芸である「球団と現場の衝突」こそ回避しているものの、持ち前の気配りが仇となってチームの雰囲気は最悪となっ [全文を読む]

フォーカス