大槻毅のニュース

鈴木啓太氏の引退試合にブッフバルト氏や岡野雅行氏らの参加が決定!

超ワールドサッカー / 2017年06月02日18時16分

【参加メンバー(カッコ内は浦和レッズ在籍年)】※敬称略 ・ギド・ブッフバルト(選手 1994年~1997年、監督 2004年~2006年) ・ゲルト・エンゲルス(トップチームコーチ 2004年~2008年、監督 2008年) ・池田太(選手 1993年~1996年、トップチームコーチ 2002年~2008年) 現所属 U-19日本女子代表監督 ・土田尚史 [全文を読む]

[プレミアリーグEAST]浦和ユース登録メンバー

ゲキサカ / 2017年04月27日19時00分

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグEAST 【浦和レッズユース登録メンバー】 ▽監督 大槻毅 ▽GK 1 河畑光(3年=アルタス若狭小浜FC) 18 西尾優輝(2年=浦和Jrユース) 25 石井僚(2年=上州FC高崎) 41 鈴木彩艶(中3=浦和ジュニア) ▽DF 2 池高暢希(2年=SSSJrユース) 4 橋岡大樹(3年=浦和Jrユー [全文を読む]

[MOM2092]浦和MF井澤春輝(3年)_「結果を出す」に一点集中!実戦復帰1週間のU-18代表MFが決勝点!

ゲキサカ / 2017年04月10日13時57分

ゴールを奪え」と言う大槻毅監督の指示を守ってゴールを狙う以外のことは考えずにいいシチュエーションともなった。 3月半ばに左腰を痛めて離脱、別メニュー調整を余儀なくされていた。実戦復帰は1週間前で、「10分くらい出ただけ」という状態だから、決してベストではない。大槻監督が本来さまざまなタスクを背負える井澤に対してあえてシンプルな指示を出したのも、状態を考えて [全文を読む]

[プレミアリーグEAST]昇格組の浦和ユース、熱きファイトで王者・青森山田に大逆転勝利!!

ゲキサカ / 2017年04月10日12時58分

前半風下で耐える流れは想定していたものの、「ハーフタイムを挟んで風が止まってしまった」(大槻毅監督)のは想定外。2点目を失ったときは万事休すかとも思われたが、今季の浦和は凡庸なチームではない。「そこからバタバタしたまま試合を転がすことがなかったのは評価できる」と大槻監督が評したとおり、U-18日本代表DF橋岡大樹らが熱く周囲を励まし、心折られることなく反攻 [全文を読む]

[プレミアリーグEAST]ザ・タフネス。浦和が誇る世代最強DF橋岡大樹

ゲキサカ / 2017年04月05日20時44分

このあたりは本人の性格はもちろん、浦和ユース・大槻毅監督が「少し代表に入ったくらいで調子に乗って潰れていく選手を何人も観てきた」とした上で、ことあるごとに強く本人を戒め続けて効果もあるのだろう。 これまでプリンスリーグ関東で辛酸をなめてきただけに、待望のプレミアリーグ参戦について浦和ユースの士気は高い。イギョラ杯など春休みの大会でのパフォーマンスを観れば、 [全文を読む]

プレミアリーグ新規参入4チームがコメント、鳥取県勢初参入の米子北・中村監督「地域のたくさんの方に見に来てもらえれば」

ゲキサカ / 2017年02月24日21時05分

新たなステージでの戦いへ向けて、選手たちの日々成長する姿を喜ぶ大槻毅監督。「ちょっとした選手のきっかけやモチベーションでまた彼らの未来がどういう風になっていくのか、そういうことを毎日見られることが喜びだと思っておりますので、ぜひその途中経過だったり、その表現する場である試合をたくさんの人に見て頂いて、色々な人に伝えて頂いて、サッカーを応援してくれる人たちが [全文を読む]

プレミア王者・青森山田、「緊張感をしっかり持ちながら」成長して”ジンクス打破”を

ゲキサカ / 2017年02月24日19時45分

24日には昨年のプレミアリーグEAST、チャンピオンシップ優勝チームの青森山田高(青森)の黒田剛監督と、プレミアリーグWESTで優勝したサンフレッチェ広島ユース(広島)の沢田謙太郎監督、そして新規参入チームの浦和レッズユース(埼玉)・大槻毅監督、阪南大高(大阪)・濱田豪監督、米子北高(鳥取)・中村真吾監督、アビスパ福岡U-18(福岡)・小倉裕介監督が意気込 [全文を読む]

[プレミアリーグ参入戦]浦和ユースMF渡辺主将、歓喜のプレミア昇格も「悔しい思いはあります」

ゲキサカ / 2016年12月19日20時05分

大槻毅監督は「キャプテンの陽なんかはその(プレミアリーグへの)思いが強くて、普段から山田(晃平、GK)とともにキャプテンシーを発揮してくれた」と説明していたが、渡辺のこの一戦に懸ける思いは誰よりも強かった。前半43分には左中間から狙い済ました一撃がゴールを襲ったが、ボールは右ポストを弾いてゴールの外側へ。その後も左サイドからのパス、守備など攻守に奮闘した [全文を読む]

[MOM1977]浦和ユースFW時里元樹(3年)_悔しさ乗り越えてきたFWが高校ラストゲームで決勝点!

ゲキサカ / 2016年12月19日19時40分

大槻毅監督も「彼は点取る子で、苦しんでいたけれど夏以降、Jユース終わって一山越えて盛り上げてきて、点取ったのは頑張ってきた証拠。彼のご褒美じゃないですけど良かった」と喜ぶゴールでチームをプレミアリーグへと導いた。 今後は大学サッカーで成長を目指す。「最後に本当に結果が残せて良かった。最後、自分が決めたいなと思っていた。それができて良かった。3年間苦しかった [全文を読む]

[プレミアリーグ参入戦]浦和ユースが12年以来となるプレミア復帰!!鉄壁の守りと巧みな試合運びで長崎総科大附撃破!

ゲキサカ / 2016年12月19日18時50分

対して1点リードを守る浦和は「あれを受け続けるとシンドイ」(大槻毅監督)と後半終了の15分ほど前から選手の判断でコーナーでのボールキープ。渡辺が「試合の状況をしっかり感じて自分たちで切るというのは言ってきたところ」という判断で猛攻からの抗戦を小休止させつつ、カウンターを繰り出しながら時間を進めていく。 [全文を読む]

フォーカス