和田慎二のニュース

広瀬すずに野際陽子、そして「日ペンの美子ちゃん」…「黒髪おかっぱ」最強伝説を検証する

citrus / 2017年05月26日17時00分

和田慎二「スケバン刑事」の「ふたたび地獄城」編に出てくる火喰鳥こと火鳥美也子が、その代表格。空知英秋「銀魂」の外道丸、奈須きのこ「空の境界」の両儀式のように、物語の主人公的に活躍するキャラもいる。 ■広瀬すずを筆頭に…黒髪おかっぱ美女だらけ?もちろん、モデルや女優などでも、古くは、山口小夜子を筆頭に、野際陽子、梶芽衣子、仲間由紀恵に栗山千明、広瀬すずに芦田 [全文を読む]

「スケバン刑事」麻宮サキがTシャツとなり復活!ハードコアチョコレートとコラボして新登場!

@Press / 2017年03月09日17時00分

笑いたければ笑うがいいさ! 2017年、遂にサキがコアチョコで復活! こんな世の中だからこそ、スケバン刑事が着たい! (c)和田慎二・東映 【Tシャツ概要】 定価 :4,100円(税込) サイズ 160:着丈62cm×身幅46cm S:着丈65cm×身幅49cm M:着丈69cm×身幅52cm L:着丈73cm×身幅55cm XL:着丈77cm×身幅58c [全文を読む]

『Lala』40周年! 池袋で開催中の原画展「美しい少女まんがの世界」、あす最終日!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月01日20時40分

山岸凉子の『花の精たち』を表紙に、美内すずえ、和田慎二など現在の少女マンガ界になくてはならない作家たちを擁して1976年に創刊された少女マンガ誌『LaLa』(白泉社)。その創刊40周年を記念して、現在、西武池袋本店では「美しい少女まんがの世界」と題して記念原画展を開催中だ。22日のマスコミ内覧会には、三省堂専務・亀井崇雄氏、白泉社代表取締役社長・鳥嶋和彦氏 [全文を読む]

「カ・イ・カ・ン」橋本環奈版『セーラー服と機関銃』で“セーラー服と武器”熱が再燃!?

おたぽる / 2015年09月15日18時00分

例えば『セーラー服と機関銃』以前にも、和田慎二によるマンガ『スケバン刑事』(白泉社)が76年に発行されている。武器とするのはヨーヨーや折鶴だったりで、“機関銃”ほどのインパクトはないが、85年に斉藤由貴を主演にTVドラマが製作されて以来、何度もTVドラマや映画化、アニメ化もされた。『セーラー服と機関銃』と並ぶ、“セーラー服と武器”の組み合わせは、よいもの [全文を読む]

芸能界「映像の黒歴史」(4)松浦亜弥の“リメイク”を思い出したら許さんぜよ!

アサ芸プラス / 2015年04月25日17時59分

その後もリメイクの機運が高まっては頓挫し、原作者の和田慎二が「あややなら」と許可したため、ようやく復活の運びとなったのだ。 そして「スケバン刑事」といえばワキも魅力で、浅香には大西結花、中村由真が「風間三姉妹」として人気を博す。当然、ハロプロとしても抜かりはなく、敵役としてボンテージに身を包んだ石川梨華を配する。そこまでは良かったが、すでにあやや人気のピー [全文を読む]

「パンケーキ・ノート」と「マンガ食堂」の出会い--マンガに登場するパンケーキあれこれ【後編】

えん食べ / 2013年06月14日20時00分

◆ホットケーキは、家で食べる幸せなもの「さて、一番の問題作ですよ」と前置きしてトミヤマさんが紹介したのが、「時計じかけのオレンジ・ジャム」(和田慎二/大都社刊)に収録されている番外編「ホットケーキ物語」。亡くなった両親の手作りホットケーキしか食べられない主人公は、友達(ノッコちゃん)の作ってくれたホットケーキをどうしても食べられず喧嘩してしまいます。霊とし [全文を読む]

フォーカス