小久保悟のニュース

「応援してくれた人に申し訳ない」。世代代表するCB、鹿児島城西DF生駒仁は“強行出場”も県予選で姿消す

ゲキサカ / 2017年05月27日09時52分

生駒の状態はベストの状況ではなかったが、小久保悟監督は先発起用を決断する。 生駒は前半19分に迎えたPAでのピンチを、シュートコースを切ってのカバーリングで阻止。その後も空中戦で相手の前に立ちはだかったり、突破を一人で止めたりするシーンもあった。また、攻撃ではCKから決定的なヘディングシュートも放ったが、走ることも、跳躍することも、蹴ることにも痛みが出て思 [全文を読む]

伝統の4原則を徹底。そして「勝ちたい」想いの強さで勝った鹿児島実が、鹿児島城西との「決戦」を延長戦で制す!

ゲキサカ / 2017年05月27日07時30分

試合を通してほぼ決定機を作らせていなかった鹿児島城西だが、「最後ついていけなかったですね」(小久保悟監督)。クリアしきれなかったボールがゴール前にこぼれ、最後は副島が右足で冷静に名手・泉森涼太(3年)の右横を破った。「ずっと応援してもらっていたので感謝の気持ちを込めて行きました」という副島が大応援を繰り広げていた応援席へ向かって歓喜のダッシュ。ベンチ前では [全文を読む]

[MOM2127]鹿児島城西MF今福晃星(1年)_厳しい戦いの中で成長遂げるか?1年生MFが1得点1アシスト

ゲキサカ / 2017年05月26日07時37分

その中で小久保悟監督があえて印象的なプレーヤーとして名を挙げたのが1年生MF今福晃星だ。系列の鹿児島育英館中出身のMFは右サイドでスペースを狙う動きを連発。この日は後半6分までの出場だったが、1得点1アシストの活躍を見せた。 1-0の前半25分には右サイドのスペースを突いて攻め上がり、グラウンダーのクロスボールでFW津留優晴(3年)のゴールをアシスト。29 [全文を読む]

連覇狙う鹿児島城西は1年生2人のゴールなどで6-0快勝!U-18代表CB生駒も復帰し、鹿実との準決勝へ!

ゲキサカ / 2017年05月25日22時24分

この日は鹿屋のCKがゼロだったため、セットプレーの守備機会はほとんどなかったが、3人目の動きについては「やろうとする姿勢は見せていたので良いと思います」(小久保悟監督)いう評価を得ていた。課題を改善しようとする意識が出て、また大黒柱の復帰など上向きの状態で準決勝を迎える。 現在、鹿児島城西は選手権予選で3連覇中。また、昨年は総体予選も制して夏冬連続で全国出 [全文を読む]

[新人戦]大黒柱不在も「いないから負けた」とは言わせない!鹿児島城西が龍谷に3発逆転勝ち!

ゲキサカ / 2017年02月10日18時41分

小久保悟監督が「(相手は)長いボールが多くなっていたのでそこを抑えに行こうと。風上に立って相手のボールも伸びないので。奪うことができて相手のコートで試合ができたと思います」と説明したように、津留を筆頭とした前線からプレッシングで相手の攻撃を封鎖。敵陣に押し込んで試合を進めていく。 [全文を読む]

チーム紹介:鹿児島城西高(鹿児島)

ゲキサカ / 2017年01月04日15時19分

第95回全国高校サッカー選手権 鹿児島城西高(鹿児島) チーム紹介&注目選手↓ 過去の全国大会成績↓ 登録メンバーリスト↓ 鹿児島城西高関連ニュース 鹿児島城西高写真ニュース 画▼全国大会日程 1回戦 1-0 北陸高(福井) 2回戦 0-0(PK4-2)長崎総合科学大附高(長崎) 3回戦 0-3 鹿児島城西高(鹿児島)■出場回数 3年連続7回目■過去の成績 [全文を読む]

初戦欠場の鹿児島城西CB田實、仲間を信じて出場機会得て恩返しの完封勝利

ゲキサカ / 2017年01月03日11時49分

本人は北陸高との1回戦出場の意志を見せたというが、小久保悟監督は「勝ったらきょう必ず必要になってくる。『他の選手を信じろ』と言っていた」。 今季プリンスリーグ九州で2敗している強敵・長崎総科大附に勝つためには、必ず田實の力が必要。勝ち上がるため、2回戦でよりコンディションの良い状態で出ることを決断した背番号4はこの日、恩返しのプレーをすることを誓っていた。 [全文を読む]

「勝たせるGKになることを意識してきた」レスリングで活躍の父持つ鹿児島城西GK泉森がPK戦でビッグセーブ!

ゲキサカ / 2017年01月02日20時48分

小久保悟監督が「(PK戦は)結構止めるので、トレーニングのところから。信頼していました」と語り、CB生駒仁(2年)も「(PKは練習から)めっちゃ止めていました」というほどのPK戦の強さ。加えて、この日は相手のロングボール、クロスに対し、身体能力の高さを活かしたキャッチングを披露してゴールを割らせなかった。 父・一喜さんは学生時代、全国大会で2位となり、代 [全文を読む]

夏6失点の強敵に狙い通りの完封劇!鹿児島城西が長崎総科大附との九州勢対決をPK戦で制す!

ゲキサカ / 2017年01月02日17時50分

パワーも、テクニックもあるんで普通に組んだら相当点数が入るんじゃないかと思います」(小久保悟監督)という強敵に対して割り切って守備的な戦いで挑むことを選択する。 攻撃時のセットプレーでも185cmのU-17日本代表CB生駒仁(2年)を前線に上げることなく、まず失点をしないことに集中。小久保監督は「(セットプレーの)跳ね返りもカウンターになるケースがある。と [全文を読む]

大迫は「薄情者」?偉大なOBの前で鹿児島城西が北陸振り切り4大会ぶり初戦突破

ゲキサカ / 2016年12月31日20時54分

先制点のシーンを振り返る小久保悟監督だが、その後は「2点目を取れず、苦しい展開になった」。前半アディショナルタイムには大脇が右サイドを縦に突破し、ゴール前にクロス。MF津留優晴(2年)が滑り込みながら合わせたが、GK椎葉俊介(3年)の好守に阻まれた。 1点リードで前半を折り返した鹿児島城西は後半6分、津留に代えてMF山田駿(2年)を投入。同10分にはロング [全文を読む]

フォーカス