岡田恵のニュース

「若手デジタルスカルプター4名によるZBrush ライブスカルプティング」~プロの技術は何が違う?~デジタルスカルプター達の制作コンセプトや制作技法を解説。2017年2月25日(土)開催!!!

DreamNews / 2017年02月10日18時00分

<<プレスリリース詳細>>http://vantan.jp/ex_release/ex_release/img/%5blight%5dVCT-CDP-CreatorsClinic.pdf上画像:左:岡田恵太 作 / 中央左:森田悠揮 作 / 中央右:中井芙美 作 / 右:坂上千穂 作本イベントでは「プロの技術は何が違う?」をテーマとして、現在第一線で活躍す [全文を読む]


<NHK『さよなら私』はアラフォーへのエール>アラフォーは「自分が選ばなかったもう一つの自分の人生」を考えてしまう世代

メディアゴン / 2014年12月10日16時31分

岡田恵和さんの脚本も秀逸であった。これを男性が書いているなんて、信じられない、と思うほどに、女心の真理を突いていた。アラフォーという年齢は、選ばなかったもう一つの自分の人生を、どうしても考えてしまうお年頃であると思う。この『さよなら私』というドラマは、岡田恵和という脚本家から、世のすべてのアラフォー女性への、静かなエールのような気がした。 [全文を読む]

実在モデルなしの朝ドラ「ひよっこ」、実は有村架純の人生とオーバーラップ?

アサ芸プラス / 2017年04月06日09時59分

「ちゅらさん」「おひさま」を手掛けた岡田恵和のオリジナルストーリー。有村はオーディションなしで、ヒロインに起用されたという。「有村は15年に映画『ビリギャル』で日本アカデミー賞優秀主演女優賞と新人俳優賞を受賞。さらに、『ストロボ・エッジ』ではブルーリボン賞主演女優賞を受賞するなど、この所女優としてメキメキ頭角を現しています。今回のヒロイン役も脚本家・岡田の [全文を読む]

なぜ有村架純?来春「朝ドラヒロイン」決定でNHK局内から「不安の声」

アサジョ / 2016年07月04日09時59分

同作品は「ちゅらさん」「おひさま」で知られる岡田恵和氏が脚本を担当。ストーリーは、前回の東京オリンピックが開催された1964年から始まり、茨城から集団就職で東京を訪れたヒロインを演じるという。 同枠の「あまちゃん」で小泉今日子の少女時代を演じたことがきっかけでブレイクした有村が、ヒロインとして朝ドラに帰ってくることで大きな注目を集めそうだが、意外やNHK [全文を読む]

『ど根性ガエル』第6話は、8月15日に戦争をどう描いたか?

日刊サイゾー / 2015年08月18日15時00分

これは別段唐突なことではなく、『ど根性ガエル』のプロデューサー・河野英裕と脚本家・岡田恵和は、2013年1月クールのドラマ『泣くな、はらちゃん』で虚構の世界を生きる登場人物に現実の世界の悲惨さや鮮烈さを伝える場面において、かつての戦争や東日本大震災の映像を流したこともある。この手法には視聴者からの賛否両論が集まり、DVD化の際にも修正が加わったそうだが、 [全文を読む]

『ど根性ガエル』原作モノの連続ドラマが、第1話で描くべきこととは

日刊サイゾー / 2015年07月13日19時00分

プロデューサーの河野英裕と脚本家の岡田恵和は、2013年の『泣くな、はらちゃん』(日本テレビ系)でファンタジーの世界から人間ドラマを描いた名コンビ。さらに、主演の松山ケンイチとは09年の『銭ゲバ』(同)で、1970年に描かれたジョージ秋山作品を見事に現代ドラマへと昇華させた。そして『ど根性ガエル』はこの系譜にありながら、さらにドラマとしての進化を遂げた作品 [全文を読む]

元AKB48・前田敦子が『ど根性ガエル』マドンナ役で連ドラ復帰「大島優子との実力差を見せつける!?」

日刊サイゾー / 2015年05月29日00時00分

脚本は、『泣くな、はらちゃん』(同)や『心がポキッとね』(フジテレビ系)の岡田恵和。共演に、勝地涼、新井浩文、薬師丸ひろ子ほか。 『苦役列車』(2012年)、『もらとりあむタマ子』(13年)といった主演映画が一定の評価を得たほか、公開中の『イニシエーション・ラブ』が初週2位の好スタートを切るなど、女優として順調に見える前田。特にここ最近、演技への評価が高ま [全文を読む]

50歳・山口智子に「奇跡的なエロさがヤバい」「20年前よりキレイ」と絶賛の嵐!

Business Journal / 2015年04月18日17時00分

制作陣は『最後から二番目の恋』(フジテレビ系/12、14年)を手掛けた脚本・岡田恵和&プロデューサー・宮本理江子という “大人向け恋愛ドラマ”づくりでは定評のあるコンビなので、大きくはヒットしなくても一定の視聴率は確保できるのはないでしょうか」 『心が~』での好評を受け、今後、山口が再ブレイクする日も近いのかもしれない。 (文=編集部) [全文を読む]

阿部サダヲ主演『心がポキッとね』に「期待外れ」の声続出、山口智子の演技は「昭和すぎる」と微妙な評価

日刊サイゾー / 2015年04月09日20時30分

最たる原因は脚本のようで、「ストーリーがめちゃくちゃ」「設定が不自然すぎて、滑ってる」「正直、つまらない」「岡田恵和は当たり外れが激しい。今回はダメパターンかな」「サダヲの無駄遣い」といった声が目立つ。また、アクの強いキャラのオンパレードに、「イラッとするキャラは、1人で十分」「ストレスが溜まって、1時間も見てられない」という意見も。 さらに、女性キャスト [全文を読む]

<2015年春のドラマ一挙案内・水曜編>「心がポキッとね」「Dr.倫太郎」「警視庁捜査一課9係」

メディアゴン / 2015年04月06日02時47分

おまけに、脚本は『最後から二番目の恋』や『さよなら私』(NHK)などで、女性の心をわしづかみにして離さない岡田恵和氏と言われたら、これはもう、見ないわけにはいかない。岡田氏の脚本は、なんと言ってもセリフのすばらしさだ。なんてことない日常も、岡田氏の手にかかると急にきらめく。こじらせ女子の日常も、このドラマを見ると「案外悪くないかも」って思えそうで、ワクワク [全文を読む]

おやじの背中 ボクサー満島ひかりの運動神経に女性作家驚愕

NEWSポストセブン / 2014年08月03日16時00分

脚本家のラインナップは池端俊策、井上由美子、岡田恵和、鎌田敏夫、木皿泉、倉本聰、坂元裕二、橋部敦子、三谷幸喜、山田太一。10名の書き手の世界観を見比べることができるのです。その意味で、ユニークなエンタテインメント。 すでに放送された3本のドラマをちょっと比較してみると……。 役者から新しい身体力を引き出した、という意味で最もスリリングだったのが、第2話の「 [全文を読む]

大橋トリオ 広末涼子主演ドラマ「スターマン・この星の恋」劇中音楽をプロデュース!

okmusic UP's / 2013年07月04日14時00分

【その他の画像】大橋トリオ広末涼子が17年振りに連ドラ出演を果たし、「劇場版 SPEC~天」「20世紀少年」の堤幸彦が監督を務め、「最後から二番目の恋」「阪急電車」の岡田恵和が脚本を手がける同ドラマ。「見たことのない面白いドラマを作りたい」という互いの意思から始まった、広末演じる肝っ玉シングルマザーと謎の青年・星男が織りなすラブロマンスだ。 大橋トリオはロ [全文を読む]

フォーカス