川崎健太郎のニュース

大阪学院大新入部員、大津守護神・前田や聖和学園SB尾野&MF藤井、大阪学院大高主力組ら

ゲキサカ / 2017年02月23日16時20分

また、大津の主軸DF瀬戸大貴とFW坂口朋弥、FW升岡栄喜(ヴィッセル神戸U-18)、FW本庄啓太(神戸弘陵高)のプレミアリーグ勢、MF森本瑞生(徳島ヴォルティスユース)、FW西山颯人(香川西高)、神村学園高(鹿児島)のMF七呂拓実とDF麓大地、MF谷口周大(大阪桐蔭高)、FW藤川侑哉(東邦高)、GK樹神怜音(中京大中京高)、MF田中聖人(帝京三高)、FW [全文を読む]

大阪体育大が新入部員を追加発表、開幕戦出場の磐田U-18FW立川、名古屋U18MF川崎、大津SB大塚ら

ゲキサカ / 2016年04月21日10時41分

またJユースカップ準優勝の名古屋グランパスU18で中軸を務めたMF川崎健太郎、2年時にSBのレギュラーとして全国高校総体準優勝を経験している大津高DF大塚椋介のほか、15年全国高校総体8強・米子北高のサイドアタッカー、MF江口大輝、選手権に出場した大社高のオフェンシブMF宮崎渓太、関西大北陽高のドリブラー、MF西田恵らも大体大に進学する。 大体大にはいずれ [全文を読む]

[プレミアリーグWEST]11-0勝利で得失点8差も逆転!名古屋U18がプレミア残留!:第18節

ゲキサカ / 2015年12月07日00時07分

MF田中彰馬の3ゴールとMF梶山幹太のゴールによって前半10分までに4点リードを奪った名古屋はその後もMF川崎健太郎の連続ゴールやこの日3得点を挙げたMF杉田将宏の活躍などによって加点。11-0で勝利した名古屋は勝ち点を履正社と同じ21まで伸ばし、加えて履正社との間に8点差あった得失点差を大逆転してプレミアリーグ残留を果たした。一方、今年初昇格した履正社は [全文を読む]

[プレミアリーグWEST]神戸U-18、MF中坂2発と野原V弾で京都U-18に逆転勝ち:第10節2日目

ゲキサカ / 2015年07月20日10時40分

前半9分に名古屋MF川崎健太郎に先制FKを決められたG大阪は退場者も出す苦しい戦い。41分にMF市丸瑞希のゴールで同点に追いついたものの、勝ち越すことはできなかった。 3位の大分トリニータU-18(大分)はFW堤原翼に奪われた1点を取り返すことができず、京都橘高(京都)に0-1で敗戦。履正社高(大阪)はFW林大地の先制ゴールなどによってサンフレッチェ広島ユ [全文を読む]

[プレミアリーグWEST]FW井上が後半2発、C大阪U-18が首位キープ:第10節1日目

ゲキサカ / 2015年07月19日08時23分

前半9分に名古屋MF川崎健太郎に先制FKを決められたG大阪は退場者も出す苦しい戦い。41分にMF市丸瑞希のゴールで同点に追いついたものの、勝ち越すことはできなかった。 3位の大分トリニータU-18(大分)はFW堤原翼に奪われた1点を取り返すことができず、京都橘高(京都)に0-1で敗戦。履正社高(大阪)はFW林大地の先制ゴールなどによってサンフレッチェ広島ユ [全文を読む]

[関西]各校追加登録メンバー:第1、2節

ゲキサカ / 2017年04月20日23時20分

第95回関西学生リーグ1部 大阪体育大 ▼MF 32 西田恵(2年=関西大北陽高) 関西大 ▼FW 18 永松秀麻(4年=関西大北陽高) 21 福原涼太(1年=静岡学園高) 25 大久保優(2年=東山高) 立命館大 ▼GK 21 堀口皓平(2年=徳島ユース) ▼DF 12 中島駿(4年=桐光学園高) 37 東野広太郎(1年=広島ユース) 43 西林佳祐(1 [全文を読む]

<コラム>賭博は違法の中国、上海にあるパチンコ屋に行ってみると…

Record China / 2017年01月15日10時40分

■筆者プロフィール:川崎健太郎 経歴:1988年、神奈川県川崎市生まれ。日本大学法学部新聞学科卒。富士見書房ファンタジア文庫編集部(現株式会社KADOKAWA)、時事通信社運動部を経て、2015年より一念発起し中国、上海市へ。中国語で挨拶もできない中で在駐日本人向け雑誌の編集、営業に携わる。専門分野はアニメ漫画等のサブカルチャーとスポーツ関係全般。 [全文を読む]

<コラム>日本人も多く住む上海のど真ん中にアレが!意外な発見に衝撃

Record China / 2016年12月28日10時10分

■筆者プロフィール:川崎健太郎 経歴:1988年、神奈川県川崎市生まれ。日本大学法学部新聞学科卒。富士見書房ファンタジア文庫編集部(現株式会社KADOKAWA)、時事通信社運動部を経て、2015年より一念発起し中国、上海市へ。中国語で挨拶もできない中で在駐日本人向け雑誌の編集、営業に携わる。専門分野はアニメ漫画等のサブカルチャーとスポーツ関係全般。 [全文を読む]

<コラム>「朝鮮族なら犬肉食わなきゃ!」=店主がゴリ押ししてくるので日本人であることをカミングアウト

Record China / 2016年12月14日14時20分

■筆者プロフィール:川崎健太郎 経歴:1988年、神奈川県川崎市生まれ。日本大学法学部新聞学科卒。富士見書房ファンタジア文庫編集部(現株式会社KADOKAWA)、時事通信社運動部を経て、2015年より一念発起し中国、上海市へ。中国語で挨拶もできない中で在駐日本人向け雑誌の編集、営業に携わる。専門分野はアニメ漫画等のサブカルチャーとスポーツ関係全般。 [全文を読む]

<コラム>詐欺事件も…!中国の激安床屋は本当に「大丈夫」なのか?日本人の私が身体を張って検証してみた

Record China / 2016年11月29日21時10分

■筆者プロフィール:川崎健太郎 経歴:1988年、神奈川県川崎市生まれ。日本大学法学部新聞学科卒。富士見書房ファンタジア文庫編集部(現株式会社KADOKAWA)、時事通信社運動部を経て、2015年より一念発起し中国、上海市へ。中国語で挨拶もできない中で在駐日本人向け雑誌の編集、営業に携わる。専門分野はアニメ漫画等のサブカルチャーとスポーツ関係全般。 [全文を読む]

<コラム>上海で毎朝聞こえる日本語、日本要素たっぷりのスマホゲームが中国を席巻!

Record China / 2016年11月18日19時10分

■筆者プロフィール:川崎健太郎 経歴:1988年、神奈川県川崎市生まれ。日本大学法学部新聞学科卒。富士見書房ファンタジア文庫編集部(現株式会社KADOKAWA)、時事通信社運動部を経て、2015年より一念発起し中国、上海市へ。中国語で挨拶もできない中で在駐日本人向け雑誌の編集、営業に携わる。専門分野はアニメ漫画等のサブカルチャーとスポーツ関係全般。 [全文を読む]

<コラム>日本から上海に戻ると、見知らぬ男性に部屋を乗っ取られていた

Record China / 2016年09月06日07時50分

■筆者プロフィール:川崎健太郎 経歴:1988年、神奈川県川崎市生まれ。日本大学法学部新聞学科卒。富士見書房ファンタジア文庫編集部(現株式会社KADOKAWA)、時事通信社運動部を経て、2015年より一念発起し中国、上海市へ。中国語で挨拶もできない中で在駐日本人向け雑誌の編集、営業に携わる。専門分野はアニメ漫画等のサブカルチャーとスポーツ関係全般。 [全文を読む]

今季トップチームでプレーのFW杉森もさすがのゴール!名古屋U18が韓国王者破る:Jリーグインターナショナルユースカップ

ゲキサカ / 2015年12月17日18時53分

対する名古屋はMF川崎健太郎、DF吹ヶ徳喜がコンディション不良で先発できず、さらにFW北野晴矢がポゴンシュチェチン(ポーランド)との契約のために渡欧しており不在。試合日に帰国したものの、当然ながらこの一戦には間に合わず。いささか役者を欠く中での試合だった。 対する全南も3年生の5人を欠く陣容。韓国では高校の公式戦が終わると、すぐに進学する大学の練習に合流す [全文を読む]

[プレミアリーグWEST]降格危機の名古屋U18が11発快勝。土壇場でのプレミア残留を掴む

ゲキサカ / 2015年12月07日08時06分

中央をMF川崎健太郎、FW森晃太と繋いで右サイドに展開。受けた田中がマークを外して、降りぬいた左足シュートがゴールネットを揺らし、スコアは4点差まで開いた。「5点を獲り返すのは難しい」と京都橘の米澤一成監督が口にしたように、試合早々に勝敗が決する形となり、以降も「前期対戦した名古屋とはかなり変わっていて、チームの雰囲気など全てが良くなっていたように思う。特 [全文を読む]

[プレミアリーグWEST]残留をかけた大一番。最下位・名古屋U18がセットプレー2発で履正社に逆転勝利

ゲキサカ / 2015年11月23日11時03分

耐える時間が続いた名古屋の転機は、高田監督が「ただボールを配っているだけではなく、前で仕事をしないといけない2人」と評するMF川崎健太郎と梶山幹太のボランチコンビの変化。同点を奪うために、高い位置でのプレーが増えたことで、セカンドボールが拾えるようになり、試合の流れを引き寄せた。34分にはドリブルを仕掛けた森がPA左で倒され、FKを獲得。自ら直接狙ったキ [全文を読む]

[Jユースカップ]逆転、逆転の大熱戦はPK戦で決着!名古屋U18がF東京U-18退けて決勝進出!!

ゲキサカ / 2015年11月08日08時22分

25分、MF川崎健太郎の縦パスを横方向の移動でCBの前に入ったMF柴田駿が触って、エースの森へ。森のシュートはF東京GK山口康平がなんとか防ぐも、こぼれ球をMF深堀隼平が蹴り込んで同点に追い付いてみせた。さらに後半7分には、相手のバックパスを奪ったFW北野晴矢のパスを受けた森がドリブルで持ち込み、最後は切り返しから巧みにシュートコースを作っての右足シュート [全文を読む]

[Jユースカップ]川崎F U-18が前年王者の鹿島ユース破る!!:2回戦試合結果

ゲキサカ / 2015年10月19日08時44分

2015Jユースカップ 第23回Jリーグユース選手権大会 【2回戦】(10月17日) [大銀B] 大分トリニータU-18 1-0 FC町田ゼルビアユース [大]酒井将輝(68分) [吉田] サンフレッチェ広島ユース 3-0 アビスパ福岡U-18 [広]山根永遠(34分)、藤原慶人(39分)、加藤陸次樹(84分) [志木G] 大宮アルディージャユース 5-2 [全文を読む]

[クラブユース選手権(U-18)]エース不在、10人での戦いで見せた団結力と個の強さ、仙台ユースが劇的勝利で初の4強進出!!

ゲキサカ / 2015年07月29日06時55分

対する名古屋はMF川崎健太郎(3年)が左右にボールを動かし、MF池庭諒耶(3年)が絶妙な間から繰り出すスルーパスで決定機を演出。29分には池庭のスルーパスからエースFW森晃太(3年)が決定的な左足シュートを放つ。また、超攻撃的な左SB吹ヶ徳喜(3年)が非常に高い位置で攻撃に絡む名古屋は中央、最後から好機を連発。だが仙台はCB郷家章人(3年)がスライディング [全文を読む]

[クラブユース選手権(U-18)]ピタリとハマった狙いと流れ傾けた先制点、名古屋U18が5-1でF東京U-18撃破!

ゲキサカ / 2015年07月27日10時18分

7分の絶好機で安部柊斗のシュートがバーを叩いた青赤軍団と、10分にMF川崎健太郎が放ったミドルシュートが突き刺さった若鯱軍団。そのコントラストが試合の流れを決定付けることとなった。 この1点で名古屋のゲームプランは明快になった。加えて前後半2回ずつの飲水タイムが設けられるという特殊なレギュレーションも名古屋は巧妙に利用した。「15分ずつ6セットと考えて、『 [全文を読む]

[クラブユース選手権U-18]千葉県1部L所属の千葉U-18、プリンス勢の甲府U-18、仙台ユースがプレミア勢撃破して8強進出!

ゲキサカ / 2015年07月26日21時46分

そのほか、プレミアリーグ勢同士の対戦となった名古屋グランパスU18(愛知)対FC東京U-18(東京)戦はMF川崎健太郎の先制ゴールなどによって名古屋が5-1で快勝。サンフレッチェ広島ユース(広島)対コンサドーレ札幌U-18(北海道)戦は2-2の延長前半6分に広島MF前田武勇が勝ち越しゴールを決めたが、直後に札幌FW菅大輝がこの日2点目のゴールを決めて3- [全文を読む]

フォーカス