佐藤弘のニュース

[PSM]櫛引&三竿のU-23コンビも先発、鹿島が水戸に競り勝つ

ゲキサカ / 2016年02月24日10時13分

[スタメン&布陣はコチラ] 水戸は前半2分、佐藤弘のFKにDF宋株熏が頭で合わせたが、ヘディングシュートはわずかにゴール左へ外れる。すると同8分、水戸の右CKから今度は鹿島がカウンターを仕掛け、MFカイオが右サイドを駆け上がり、大きくサイドチェンジ。MF遠藤康が左サイドから素早くアーリークロスを入れ、FWジネイが頭で叩き込んだ。 カウンターから先制を許した [全文を読む]

後半3発の水戸が金沢撃破で3試合ぶり白星《J2》

超ワールドサッカー / 2016年07月31日20時33分

佐藤弘が放ったシュートのこぼれ球を自ら拾ってパスを出すと、平松が押し込む。▽これで勢い付いた水戸は74分にダメ押し。佐藤弘からパスを受けた平松がボックス右に抜けて右足でクロスを入れる。最後は、佐藤弘が右足でネットを揺らした。▽結局、後半に挙げた3ゴールで金沢を下した水戸が3試合ぶりの白星。敗れた金沢は、4試合ぶりの黒星となった。 [全文を読む]

敵地で3点ビハインドを追いついた水戸が連敗阻止…町田は3度目の連勝ならず《J2》

超ワールドサッカー / 2016年07月24日21時15分

▽56分に湯澤のパスから佐藤弘のシュートが決まって1点を返した水戸は、続く78分にもチャンス。左CKから佐藤弘がクロスを供給すると、ファーサイドの福井が頭で合わせ、水戸が1点差に詰め寄る。▽これで完全に押せ押せムードの水戸は90分、ドリブルで中央を駆け上がった佐藤弘がミドルレンジから右足のシュートを叩き込み、土壇場で同点。敵地で3点ビハインドの展開から見事 [全文を読む]

[PSM]新戦力6人先発の水戸、鹿島に善戦も兵働「最低でも1ポイントは…」

ゲキサカ / 2016年02月24日10時13分

GKとの1対1から放った佐藤弘のシュートは惜しくも左ポストを直撃したが、三島が「公式戦になると、練習試合より僕に対するロングボールが増える。そういう中で僕が競って(佐藤)和弘が抜け出すチャンスもつくることができた」と話すように、新戦力である佐藤弘との2トップにも好感触をつかむことができた。 だからこそ、結果につなげたかったと兵働は言う。「こういう内容のとき [全文を読む]

後半2ゴールの水戸が大分に完勝で10戦無敗!!《J2》

超ワールドサッカー / 2017年06月03日15時01分

上福元が出したパスを佐藤弘がカットして、最後は前田が押し込み、試合の均衡が破られた。 ▽さらに水戸は88分、右サイドから佐藤が入れた折り返しを白井が合わせる。しかしうまくミートできずにゴールマウスを外すが、これを林が押し込んで水戸が試合を決定付ける2点目を奪取。水戸が10試合無敗の2連勝とした。 [全文を読む]

林のゴールを守り切った水戸が群馬との“北関東ダービー”を制する!《J2》

超ワールドサッカー / 2017年04月15日17時08分

73分には佐藤弘のクロスに反応した林がシュートも、枠を外してしまう。 ▽その後も攻め込みながら守備時にはリスクを犯さずに引いて守った水戸が1点を守り切りタイムアップ。水戸が0-1で“北関東ダービー”を制し、通算成績を12勝14分け7敗とした。一方の群馬は8試合を終えて未だ勝利がない苦しい状況が続いている。 [全文を読む]

トリップアドバイザー、世界中の旅行者の口コミから選ぶ「トラベラーズチョイス(TM) ホテルアワード2017」を発表

PR TIMES / 2017年01月24日15時31分

」また、日本部門のランキングで史上初となる「ベストホテル」「サービス」「ラグジュアリー」の3部門1位を獲得した『マンダリン オリエンタル 東京』の総支配人のポール ジョーンズ氏と同アワードに初のランクインとなり「旅館」部門で10位になった『京屋旅館』取締役の佐藤弘氏は、次のようにコメントしています。 [全文を読む]

C大阪、佐藤和弘の2発を浴びて3戦連続ドロー《J2》

超ワールドサッカー / 2016年10月30日16時02分

ロメロ・フランクのパスがDFにあたってルーズになると、素早く反応したボックス左の佐藤弘がハーフボレー気味にシュート。これがゴール右上に決まり、水戸が2-2とする。 ▽その後は、C大阪が押し気味に試合を進めたものの、勝ち越し弾を挙げることができず、タイムアップ。C大阪は3試合連続のドローとなっている。 [全文を読む]

プレーオフ圏の確保狙う京都、終了間際弾で水戸とドロー《J2》

超ワールドサッカー / 2016年10月23日15時02分

立ち上がりは佐藤弘や白井がシュートに持ち込むなど水戸が攻めるも、時間の経過とともに京都も反撃に出る。 ▽水戸は25分、右サイドでFKを獲得すると、キッカーを務めた兵働が好クロスを供給。伊藤がこれに合わせるも、ヘディングシュートは枠を捉えることができない。ハーフタイムにかけては水戸が押し気味に進めたが、フィニッシュの精度を欠いて得点できず、前半はゴールレスの [全文を読む]

[adidas cup in Sendai]「最後まで『富岡は強かった』と言われるように」富岡はマジメに、走り続けて選手権へ

ゲキサカ / 2015年09月03日22時07分

佐藤弘八監督は「1日2試合を4日間やった中で、苦しい時にどんなに頑張れるかとか、余計なプレーしてこねて取られるとかやらないようにしながら、攻守の切り替えを速くして、一人ひとりが守備意識持ってゲームをつくることを言っていた。まだ1点取られると下向いてしまうのでそこは改善しなければならない。でも、(連日)2試合やった中で常に走り続けることができるようになってき [全文を読む]

[総体]『もう富岡は終わった』と言われないように」16年度限りで休校の富岡が24日に福島県予選初戦

ゲキサカ / 2015年05月24日08時01分

こう語るのは、富岡高・佐藤弘八監督だ。福島県において、富岡は東北屈指の強豪校である尚志高の最大のライバルとして、福島のサッカーを共に最前線で牽引してきた。毎年のように県予選決勝は両者がぶつかり合い、一昨年度の選手権で富岡は、前評判が高かった尚志を下し、創部3年目で初出場した08度年以来となる、5年ぶり2度目の選手権出場を果たした。だが、そんな彼らに受け入 [全文を読む]

[MOM1142]富岡DF坂本敏樹(3年)_唯一の全国先発経験者、「来年この舞台で」の目標へ一戦必勝

ゲキサカ / 2014年10月14日16時23分

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ] [10.11 全国高校選手権福島県予選準々決勝 郡山商高 0-1 富岡高 鳥見山多] 苦しい展開の中、交代出場で決勝点を演出したMF高橋洋人や左足で値千金の一撃を叩き込んだMF鈴木眞澄ら攻撃陣にもヒーロー候補はいたが、富岡高の佐藤弘八監督は「アイツがいるかどうかはデカイですよ」とCB坂本敏樹主将(3年)をマン・オブ [全文を読む]

[選手権予選]マジメさ、徹底する姿勢“丸出し”で戦う富岡、2試合連続1-0勝利で連覇へ前進:福島

ゲキサカ / 2014年10月13日13時56分

佐藤弘八監督も「これ(昨年の強い印象)を払しょくするのが大変」と苦笑いする今年の富岡。夏の全国総体予選は準決勝で学法石川高の前に屈し、プリンスリーグ東北では2勝1分15敗で10チーム中8位だった。それでも今大会は2試合連続1-0で勝利。まだまだ慌ててボールを離してしまってミスから逆襲を食らうシーンがあり、佐藤監督は「自分たちがやりたいことやるためにもうちょ [全文を読む]

[選手権予選]2度の右第5中足骨負傷、怪我に苦しんできた10番が富岡救う突破とアシスト:福島

ゲキサカ / 2014年10月13日13時06分

コンディションはまだ万全ではないが、なかなかボールを落ち着かせることのできる選手がいない中で佐藤弘八監督は「アイツが入るとリズムが変わるんで。そういう面では(決勝アシストのシーンは)顔上げていい仕掛けからでしたね」と話すなど信頼は厚い。怪我で苦しんだ1年間の最後の選手権、これからも10番の仕事をする。 (取材・文 吉田太郎) [全文を読む]

フォーカス