古田肇のニュース

「安売りはしない」 岐阜県、ミラノサローネ出展の舞台裏

Forbes JAPAN / 2017年05月27日15時30分

岐阜県の「CASA GIFU II」で指揮を執るのが、知事の古田肇だ。「岐阜県はモノづくりが盛んです。恵まれた地域資源に匠たちがその技術で命を吹き込み、木工、刃物、和紙、陶磁器などの美しい産業を育んできました。その魅力を海外に伝えるには、どんなものが現地で喜ばれ、売れるのかという目利きの力が大切で、商品の開発にも現地目線を取り入れることが必要です。そこに、 [全文を読む]

東京23区の大学地方移転は「絵に描いた餅」に終わるのか

ZUU online / 2017年02月05日09時10分

地方大学の振興に向け、抜本的な対策をお願いしたい」、知事会地方創生対策本部長の古田肇岐阜県知事は「東京の大学の新増設を抑制し、若者の東京一極集中に歯止めをかけるべきだ」と訴えている。政府は年末の「まち・ひと・しごと創生会議」で地方の若者が東京に流出する理由を「地域ニーズに対応した高等教育機関の機能が不十分」と指摘、2017年夏をめどに地方大学の振興策をまと [全文を読む]

三菱UFJ銀がある地方銀行につくった“借り” 多すぎる地銀の淘汰が加速!

Business Journal / 2015年07月23日06時00分

13年9月、古田肇岐阜県知事は「十六銀行がベスト」として、十六銀行と15年度も契約を継続する議案を議会に提出した。指定金融機関が交代した場合、システムの改修費に1億5000万円の費用がかかり、1年半の準備期間が必要というのが、その理由だった。しかし、県政自民クラブの反対多数で、この議案は否決された。 [全文を読む]

トヨタ、地域に根ざした環境教育プログラムを展開する「トヨタ白川郷自然學校」が10周年

JCN Newswire / 2015年06月12日15時15分

同式典では、古田肇岐阜県知事、成原茂白川村村長をはじめとする行政や地元の関係者、ならびに全国の自然學校やNPOの関係者をお迎えし、日頃の活動へのご理解・ご支援に対する感謝をお伝えするとともに、本年4月に新たに就任した山田俊行學校長が10年間の歩みと今後10年の活動方針について説明する。今後、「トヨタ白川郷自然學校」は、近年のさらなる環境意識の高まりや、地域 [全文を読む]

この冬、世界一に輝いた岐阜の美酒に酔い浸る旅 「『清流の国ぎふ』めぐる旅キャンペーン2014~2015冬」が 12月18日より開始

PR TIMES / 2014年12月18日10時30分

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村吉弘、以下リクルートライフスタイル)は岐阜県(知事:古田肇)と協働で、岐阜県の宿泊滞在型観光の促進と現地消費の増大を目的とした「『清流の国ぎふ』めぐる旅キャンペーン」を企画・実施いたします。2014~2015冬は、岐阜県が誇る日本酒にスポットをあて、12月18日より開始することをお [全文を読む]

経産省出身の岐阜・福岡両県知事に不満噴出 経歴自慢だけで「給料泥棒」との批判も

Business Journal / 2013年09月20日14時00分

岐阜県の古田肇知事(66)の悪評が、財界関係者やお膝元の県庁内で充満している。すでに秘書経験者ら側近の離反も始まった。 古田氏は高級官僚として超エリートコースを歩んできた。地元の県立岐阜高校をトップの成績で卒業後に東京大学法学部に進学。通産省(現経産省)に入省後は、官僚の中の官僚を養成するといわれる超難関のフランス国立行政学院(ENA)に留学。さらにジェト [全文を読む]

トヨタ、「多治見サービスセンター」の竣工式を実施

JCN Newswire / 2013年07月22日17時14分

竣工式には、古屋 圭司 国務大臣、古田肇 岐阜県知事、古川 雅典 多治見市長らを来賓に迎え、豊田章男 社長、前川眞基 副社長ら約120名が出席。式典では、豊田社長が「お客様の現場で起こることに“より迅速に、より正確に”対応していくために、メンテナンス技術や修理技術を高め、お客様目線でアプローチし、コミュニケーションしていくのが、私どもの『サービス』の使命。 [全文を読む]

フォーカス