賀川浩のニュース

90歳のサッカー記者・賀川浩氏 ハリルホジッチ監督に合格点

NEWSポストセブン / 2015年04月08日07時00分

この2試合を見て、新指揮官に合格点を出したのが、サッカーライターの賀川浩氏(かがわ・ひろし。90)である。 「これまでの日本代表はボールを横に回すことが多かったが、ハリルホジッチは『縦へつっかけろ』というメッセージで、ディフェンスの裏にボールをどんどん出させていました。これは点を取るための正しい戦略です。 欧米に比べて体格で劣る日本が世界で戦うには、『忙 [全文を読む]

FIFA会長賞受賞の賀川浩氏と宮本恒靖がクラシコ対談。伝統の一戦 クラシコを前に直前スペシャル番組を3/20(金)夜10:00~WOWOWプライムにて無料放送

PR TIMES / 2015年03月19日09時32分

このビッグマッチを前に、先日のFIFAバロンドール授賞式でFIFA会長賞を受賞した世界最年長サッカージャーナリスト賀川浩氏と、リーガ・エスパニョーラ専属解説を務める元日本代表キャプテン・宮本恒靖氏がスペシャル対談を実施。世界最高峰のクラシコの見どころ、そして日本サッカーの未来について語った。クラシコ特別番組『無料放送!バルサvsレアル直前SP 宮本恒靖、遠 [全文を読む]

「メディアが協会に任命責任を問うのはおかしな話」FIFA会長賞受賞、90歳の現役ジャーナリスト・賀川浩が語る

週プレNEWS / 2015年02月22日13時40分

現役最年長、90歳のサッカージャーナリスト、賀川浩(かがわ・ひろし)さんが1月12日、FIFA(国際サッカー連盟)会長賞を受賞した。日本人初というだけでなく、ジャーナリストとしても初の受賞である。 60年以上もの間、日本サッカーを鋭く、温かく見守り続けてきた“伝説の人物”にロングインタビュー。後編では、アギーレ解任ショックに揺れる日本代表について語った。( [全文を読む]

日本人初のFIFA会長賞受賞、90歳の現役ジャーナリスト・賀川浩 「バカげた仕事を、よう長いことやってきた」

週プレNEWS / 2015年02月21日11時00分

現役最年長、90歳のサッカージャーナリスト、賀川浩(かがわ・ひろし)さんが1月12日、FIFA(国際サッカー連盟)会長賞を受賞した。 2001年に創設されたFIFA会長賞は、サッカー界に特別な功績のあった個人や団体に贈られる賞で、過去には“サッカーの王様”ペレ(元ブラジル代表)や“皇帝”ベッケンバウアー(元西ドイツ代表)ら、そうそうたるメンバーが受賞してい [全文を読む]

90歳のサッカーライター賀川浩氏が会長賞受賞…FIFAバロンドール2014の各受賞者(16枚)

ゲキサカ / 2015年01月14日14時24分

90歳の現役サッカーライター、賀川浩氏が日本人として初めてFIFA会長賞を受賞した。 [全文を読む]

90歳のサッカーライター賀川浩氏が日本人初のFIFA会長賞を受賞

ゲキサカ / 2015年01月13日16時40分

「FIFAバロンドール2014」の授賞式が12日に行われ、90歳の現役サッカーライター、賀川浩氏が、日本人として初めてFIFA会長賞を受賞した。 神戸出身の賀川氏は、1974年の西ドイツ大会から、2014年のブラジル大会まで10大会連続でW杯を取材しており、2014年12月に会長賞の受賞が決まっていた。 スイス・チューリッヒで行われた表彰式に出席した賀川氏 [全文を読む]

2014年ワールドカップ優勝国! ドイツサッカー専門デジタルライブラリー「KAISER(カイザー)新書」発刊!

PR TIMES / 2014年09月01日17時43分

★欧州サッカーリーグ新シーズン開幕にあわせて、ボーンデジタルの新レーベルを創刊!★〔Vol.1〕世界最強ドイツブンデスリーガSTORY/著 後藤健生★〔Vol.2〕日独蹴球史秘録 ~現役最年長記者・賀川浩がひも解く日独サッカー交流100年史~学研グループのデジタル事業会社である株式会社ブックビヨンド(東京・品川/社長:織田信雄)は、ボーンデジタルの新レーベ [全文を読む]

セルジオ越後×89歳のスポーツライター賀川浩 ~日本サッカーを変えた2人の男の物語~

PR TIMES / 2014年08月01日09時58分

『LETTER for LINKS ANOTHER EDITION~もうひとつのゴール』8月3日(日)19:00~19:55放送 提供:ゆうちょ銀行 TOKYO FMでは、日本サッカーの礎を築いたセルジオ越後と、89歳の現役スポーツライター賀川浩の知られざる絆を紐解き、2人のブラジルへの旅を追う『TOKYO FMサンデースペシャル LETTER for L [全文を読む]

91歳の現役最年長サッカー記者、1978年までW杯取材費は自腹

NEWSポストセブン / 2017年01月04日07時00分

週2回、自らの資料を寄託した「神戸賀川サッカー文庫」を訪れる「現役最年長サッカー記者」の賀川浩氏(91)。本誌記者の質問に大学ノートを開き、固有名詞や地名をひとつひとつ記して丁寧に説明してくれた。 * * * 90歳になってから、サッカー関連の資料や蔵書を神戸市立中央図書館に寄託しました。ボランティアの協力もあり、館内のスペースに「神戸賀川サッカー文庫」 [全文を読む]

90歳日本人サッカーライター賀川氏にバロンドールFIFA会長賞、海外からも称賛の嵐

AOLニュース / 2015年01月14日14時50分

クリスチアーノ・ロナウドの2年連続受賞が大きな話題となった「FIFAバロンドール2014」の授賞式だが、90歳の日本人サッカーライター、賀川浩さんがFIFA会長賞を受賞し海外でも話題となっている。 1974年西ドイツ大会から昨年のブラジル大会まで10大会連続でワールドカップを取材し続けたという賀川さんは「英語が当時から全く上達していないので授賞式に来ること [全文を読む]

フォーカス