石塚邦雄のニュース

三越伊勢丹、クーデター勃発で2トップ電撃退任か…社内対立先鋭化「三越ばかりリストラ」

Business Journal / 2017年03月08日22時00分

石塚邦雄会長は6月の株主総会で代表取締役会長執行役員を退任する。 前日に大西社長の引責辞任が報じられた。後任が決まらないうちに社長退任が表面化したことで憶測が呼んだ。店舗閉鎖をめぐり、旧三越勢と旧伊勢丹出身者の対立が激化。三越出身の石塚氏が伊勢丹側のエース、大西社長と刺し違えたのではないかと噂された。 三越伊勢丹HDは7日午前、伊勢丹新宿本店近くの本社で社 [全文を読む]

三越伊勢丹石塚会長、プレミアムアウトレット山中社長ら語るインバウンド2000万人時代

FASHION HEADLINE / 2014年01月29日14時00分

2日目には「市場拡大を見据えた、これからのインバウンド戦略」をテーマに松山良一日本政府観光局理事長、石塚邦雄三越伊勢丹ホールディングス代表取締役会長、山中拓郎三菱地所・サイモン社長をパネリストに、篠原一博日本SC協会専務理事がコーディネーターとしてシンポジウムを開催。「訪日外客2000万人時代に向けて」をテーマに、松山氏からSC業界のインバウンド対応に関し [全文を読む]

三越伊勢丹や東電 火中の栗を拾うサラリーマン社長の悲哀

NEWSポストセブン / 2017年04月05日11時00分

組合を筆頭に大西おろしに動き、最終的には石塚邦雄会長に引導を渡されたとされています」 その“カリスマ”の後任として4月1日、杉江俊彦専務(56)が昇格して新社長に就任した。杉江氏は1983年に慶応大法学部を卒業後、伊勢丹に入社。業務改革のため、リアルタイムで在庫を単品管理する非常に先進的なシステムを導入するなど、ITに強い人物。 「杉江氏は大西氏の部下とし [全文を読む]

三越伊勢丹HD社長辞任 日経にリークした人物の意図とは

NEWSポストセブン / 2017年03月14日16時00分

大西氏の辞任を既成事実化して、追い落としを確実にする意図があったと見るのが自然です」(経済誌『経済界』編集局長の関慎夫氏) さらに続報では石塚邦雄・会長が大西氏を前に「現場が持たない。責任を取って辞めてもらいたい」と迫った場面があったことも伝えられた。 三越伊勢丹HDは、三越百貨店と伊勢丹百貨店の経営統合で2008年に誕生した。その中で大西氏は「伊勢丹メン [全文を読む]

“デジタル×ファッション”専門メディア「DiFa」が 伊勢丹新宿店「イセタンガール」とコラボ展示を開催!最新デジタルアイテムを取り入れた、新しいファッションスタイルを提案。

PR TIMES / 2016年08月10日13時08分

~8月10日(水)~22日(月)まで伊勢丹新宿店2階、アートフレームで特別展示~株式会社スパイスボックス(本社:東京都港区、代表取締役社長 田村栄治)は、自社で運営する“デジタル×ファッション”に特化したWebメディアの「DiFa」(ディーファ)が、このたび伊勢丹(株式会社三越伊勢丹ホールディングス 本社:東京都新宿区、代表取締役会長執行役員 石塚邦雄)新 [全文を読む]

三越伊勢丹、大阪撤退の敗因~高島屋ら関西連合の執念で人気商品扱えず、伊勢丹流も不発

Business Journal / 2014年02月06日01時00分

三越の石塚邦雄社長(当時、現三越伊勢丹HD会長)が大阪進出を最終決定したといわれている。一方、伊勢丹は大阪進出に懐疑的で、進出の白紙撤回を考えた時期もあったが、三越側の強い意向で開店することになった。 1月21日、記者会見した三越伊勢丹HDの杉江俊彦取締役常務執行役員は「ファッションに強い伊勢丹と高齢層に強い三越の強みを結集しようとしたが、中途半端になって [全文を読む]

フォーカス