小泉光臣のニュース

日本たばこ産業株式会社の「分煙コンサルタント」が使うコンサルティング資料の配信ツールに「Handbook」を採用!全国で年間3,000件のコンサルティング案件に効率的に対応

PR TIMES / 2017年06月08日11時30分

インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853、以下、インフォテリア)は、日本たばこ産業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小泉光臣)が、分煙に関するさまざまな質問や相談などに対応する「分煙コンサルタント」が保有するタブレットへコンテンツを配信するツールとして、NTTドコモの法人向けクラウドサービス「ビ [全文を読む]

加熱式たばこバトル 減少「紙巻き」の救世主となるか

J-CASTニュース / 2017年06月03日16時00分

ロイター通信によると、JTの小泉光臣社長は2018年末までに約500億円を投資し、紙巻きたばこ換算で約200億本の生産体制を整えると述べた。200億本は国内たばこ市場全体の8分の1、「加熱式」の半分に当たる。たばこ全体では約6割のシェアを誇るだけに、加熱式でも王者の貫禄をみせたいところだ。 BATは2016年末、「グロー」を仙台市内で限定発売。「事前の予 [全文を読む]

JTは「加熱式たばこ」で巻き返せるか

プレジデントオンライン / 2017年04月19日09時15分

JTの小泉光臣社長は当初19年までとしていた投資計画を「1年前倒しで完了」し、「拡販体制が整い次第、攻勢に出たい」としており、フィリップ・モリスへの対抗意識を隠さない。 JTの国内での紙巻きたばこの販売数量は減り続けており、今年は初めて年間1000億本を割り込む見通しだ。成長市場である加熱式での大型投資には、こうした国内市場の長期低落傾向に歯止めをかけたい [全文を読む]

“米国では参入しない” JTが事業買収の米ブランド、当局から警告受けていた

NewSphere / 2015年10月01日06時00分

高すぎると指摘する声もあるが、今年は「投資の年」と述べたJTの小泉光臣社長は、「NASブランドは、国際的にはプレミアムな価格帯で順調に成長しており、日本でも都市部の喫煙者の強い支持を得ている」(FT)とコメント。高い買い物でも今後の主力商品になり得るという期待を示した。 アナリストたちは、JTは人口減少で経済が縮小し、税率が高く、規制も厳しい日本市場より、 [全文を読む]

JT業績予想下方修正 国内の逆風だけではない要因“海外たばこ事業”を海外紙分析

NewSphere / 2014年05月01日11時40分

同社の小泉光臣社長は、早期退職者の割増退職金に540億円を引き当てること、また不動産利益が470億円減少する見通しを発表した。 【海外企業の戦略】 JTの海外競合にはフィリップ モリス インターナショナル、インペリアル・タバコ、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BATS)など国際的大手たばこ会社がある。投資信託の『モーニングスター』によると、中でもBAT [全文を読む]

たばこを嗜む大人のウェブサイト『ちょっと一服ひろば』がリニューアル! あなたの「一服」を愉しくする新コンテンツが続々登場!

PR TIMES / 2013年10月01日13時24分

日本たばこ産業株式会社(東京都港区、代表取締役社長:小泉光臣)は、成人喫煙者に向けた情報発信サイト、『ちょっと一服ひろば』を、10月1日にリニューアル公開します。[画像1: http://prtimes.jp/i/8382/1/resize/d8382-1-543246-2.jpg ]『ちょっと一服ひろば』は、「一服」の時間をより愉しめるように、愛煙家のみ [全文を読む]

マイルドセブンの新名称メビウス 他の候補名が160個あった

NEWSポストセブン / 2012年10月14日16時00分

8月8日、JTの小泉光臣代表取締役社長は新ブランド名『MEVIUS(メビウス)』について、こう発表した。「世界市場へ向けて『マイルドセブン』を飛躍させるために、グローバル戦略の一環として名前を刷新することにしました」 ご存じ『マイルドセブン』は国内1位のシェア。たばこ国内販売量の約3割を占めるガリバーブランド。そのブランド名を、来年2月から変えるというの [全文を読む]

フォーカス