久保田弘信のニュース

ゴミと大気汚染に苦しむインド

Japan In-depth / 2017年02月02日10時14分

久保田弘信(フォトジャーナリスト)世界人口ランキング第2位のインドは、第1位の中国と同様に深刻な大気汚染問題に直面している。2016年12月25日、インドの首都デリーの隣街グルガオンに住む友人が「ホワイトクリスマス」と題して一枚の写真を掲載した。窓から撮影されたその写真は全体が白く霞んでいて、濃霧の中にいる写真のようだった。勿論、濃霧でも雪でもなく、大気汚 [全文を読む]

忘れ去られた国、アフガニスタン

Japan In-depth / 2016年12月25日23時00分

久保田弘信(フォトジャーナリスト) 2016年9月11日、今年もアメリカ同時多発テロの犠牲者のために追悼式典が行われた。日本のメディアもその様子を伝え、特集としてテロ事件のショックが原因でPTSDに悩む人に注目した番組が放送された。9月11日は世界中の人たちにとって忘れられない日だが、アフガニスタン戦争が始まった10月7日は知る人ぞ知る日だ。その10月7日 [全文を読む]

戦場ジャーナリストとは フォトジャーナリスト 久保田弘信

Japan In-depth / 2016年04月23日09時51分

Japan In-depth 編集部フォトジャーナリストの久保田弘信氏を招き、あまり知られていない戦場ジャーナリストの実態について聞いた。久保田氏は、日本にいるときは普通のカメラマンとして、入学式の撮影などで生計を立て、その生活で蓄えた分を海外取材で充てている。テレビ出演や講演等が目立つカメラマンもいるが、それだけで食べていけるのはほんの一握りだ。取れ高で [全文を読む]

[久保田弘信]【日本政府に身代金要求か?】~ジャーナリスト安田純平氏シリアで拘束~

Japan In-depth / 2015年12月24日19時15分

シリアに向かった安田純平君が拘束されたというニュースが入ってきたのは半年近く前のこと。第一報は「ヌスラ戦線に拘束されたらしい」というものだった。 後藤さん、湯川さんの時と違って、拘束したのがISでなくヌスラ戦線で拘束に関する公なメッセージは届いていなくて、日本の中でも大きな話題とはならず知る人ぞ知る事件となっていた。人質事件が起きた時、解放して欲しいなどと [全文を読む]

[Japan In-depthチャンネルニコ生公式放送リポート]【中東紛争地域~難民問題を考える~】〜フォトジャーナリスト久保田弘信氏に聞く〜

Japan In-depth / 2015年10月19日19時00分

写真)難民の子供たち ©久保田弘信先月30日、今まで沈黙を守っていたロシアがシリアの「イスラム国(IS)」の拠点を空爆した。ますます激しさを増す紛争から逃れようと、シリア周辺からは今なお多くの人々がヨーロッパを目指し、祖国を離れようとしている。欧米が難民の受け入れを進めるなか、日本は一国としてどう動くべきなのか。今回は、フォトジャーナリストの久保田弘信氏を [全文を読む]

[久保田弘信]【イラク難民とシリア難民】~2006年から続く、過酷な運命~

Japan In-depth / 2015年10月04日07時00分

トップ画像:©久保田弘信 [全文を読む]

[久保田弘信]【国を南北に分断したイラク戦争】~「サダムの時代の方がましだった」~

Japan In-depth / 2015年09月10日15時00分

写真全て:©Hironobu Kubota トップ画像:「戦争被害が殆どなかったアルビルでは警戒心が薄い米兵」 [全文を読む]

[久保田弘信]【イラク全土に広がる治安の悪化】〜クルド人vsアラブ人、始まりはイラク戦争~

Japan In-depth / 2015年05月27日22時03分

戦後イラクの混乱はバグダッドだけでなく地方都市でも酷いという情報を得てバグダッドから北上し、キルクーク、スレイマニアを目指した。 キルクークは首都バグダットから約230キロ北上した場所にある油田の街だ。天然資源があり、南部アラブ地域と北部のクルド地域の境界線にあたるキルクークはクルド人とトルクメン人が暮らす街だったが、サダム・フセインのアラブ化政策によって [全文を読む]

[久保田弘信]【他宗教、他民族の国バングラデシュ】~世界の紛争を解決するヒントがそこにある~

Japan In-depth / 2015年05月14日19時00分

バングラデシュはベンガル人が9割を占める国。しかし、チッタゴン丘陵やコックスバザールを訪れると仏教形の少数民族やミャンマーからやってきたロヒンギャ族などをみかける。 宗教も約9割がイスラム教で仏教やヒンドゥ教、キリスト教を合わせても全体の一割に満たない。全体の9割がベンガル人そしてイスラム教の国、それでもバングラデシュを訪れると他宗教、他民族の国という感覚 [全文を読む]

[久保田弘信]【民主化にはほど遠いミャンマー】~バングラデシュに数十万の難民~

Japan In-depth / 2015年05月07日23時50分

バングラデシュ南部の街Cox’s bazar(コックス・バザール)には世界一長いビーチが広がっている。その長さ120キロというから想像を絶する。 夕方になると地元の人達が夕日を眺めに来る観光スポットだ。 コックス・バザールの隣街テクナフからセントマーティン島へ観光船が出ている。あまり観光地らしい観光地がないバングラデシュにあってセントマーティン島は観光のメ [全文を読む]

フォーカス