堀文子のニュース

嵐山光三郎氏選出 80、90代の老人の凄さが分かる3冊の本

NEWSポストセブン / 2013年12月31日07時01分

(1)『不幸は人生の財産』(曽野綾子/小学館) (2)『99歳一日一言』(むのたけじ/岩波新書) (3)『極上の流転 堀文子への旅』(村松友視/中央公論新社) (1)曽野綾子は、言いにくいことをはっきりと言うバツグンのセンスがあって、明解ですっきりする。この書は「明るい老人になる方法」でもあって、耳が遠くなっても料理ができ、視力をなくしても洗濯ができるス [全文を読む]

【書評】死を内なる自然とし次の生命の始まりとする極意

NEWSポストセブン / 2016年01月24日16時00分

【書評】『私流に現在を生きる』堀文子/中央公論新社/1200円+税 【評者】嵐山光三郎(作家) 「慣れない、群れない、頼らない」ことが堀文子さんの生きかたである。97歳で「現在」を描き続ける日本画家をつき動かす力はどこから来るのか。自在なる生涯を語る自伝は、戦争、辺境への流浪、行くさきざきの国で出あった人々や事件とからみあい、読みだすと息もつかせず、さなが [全文を読む]

美智子さまと黒柳徹子 話題は健康など日常のおしゃべり

NEWSポストセブン / 2016年05月05日07時00分

美智子さまが傘寿を迎えられた2014年10月20日、黒柳は朝日新聞のインタビューで、日本画家の堀文子さん(97才)と皇居を訪れ美智子さまと歓談したエピソードを明かしていた。 《堀先生が草花をお描きになることから、美智子さまは小さなお庭を見せてくださいました。自然の草を、わざわざ生やしているとおっしゃっていたけど、とってもすてきで。美智子さまはユーモアがお [全文を読む]

TBSとフジが「テレビ界最大のミステリー」黒柳徹子の実態に迫る!

AOLニュース / 2014年09月12日18時00分

また黒柳徹子本人が、長寿の画家・堀文子を取材するという強力な企画もあるそうです。必見です。さらに翌14日(日)には、『ワンダフルライフ』(フジテレビ)の最終回に黒柳徹子がゲストとして登場します。こちらのラ・テ欄には「黒柳徹子の素顔を5つのキーワードで探る▽黒柳が明かす結婚観▽デビュー当初の苦労」とあります。番組では「婚約破棄」「超個性派女優」「好きなことだ [全文を読む]

かっこいいR80女性 自律欲求を全うする気持ちが魅力の秘密

NEWSポストセブン / 2014年08月02日16時00分

画家の堀文子さん(96才)は、“何もなければ隣の部屋に移動するのも嫌。でも絵は自分でも驚くほどこんなに好きなんだって思えるの”と、今も精力的に作品を生み出し、毎年個展を開いてらっしゃる。すごい情熱ですよね。それと、男の人にも媚びないかたばかりで。男なんてしょうもない生き物ってバッサリ言われました(笑い)」 好奇心旺盛で、よく動き、よく食べ、自分の体をきち [全文を読む]

フォーカス