黒田清隆のニュース

【世界で最も素敵な瞬間】北のウォール街「小樽」が今に伝える、日本近代化の歴史が輝く瞬間

GOTRIP! / 2015年12月03日02時36分

・転換点となった「開拓使10年計画」 北海道の大きな転換点明治4年(1871年)には、のちに内閣総理大臣となる黒田清隆が立案した「開拓使10年計画」が決定されます。 黒田清隆によってもたらされた潤沢な予算を使って、39の各種官営工場の設立、幌内炭山の開発、その石炭輸送のための鉄道の建設が始まります。その鉄道こそ、小樽発展の基礎となったものの1つ、北海道初 [全文を読む]

【ドライブコース編】日高の2大名物、桜並木と馬産地を楽しもう!

Walkerplus / 2017年05月02日11時00分

背後にそびえる日高山脈の眺めも雄大! 黒田清隆が進言し開設した御料牧場の行啓道路として、1903(明治36)年に開設した由緒ある道です。例年の見ごろは5月上旬から中旬。■住所:新ひだか町静内字田原~字御園 ■電話番号:0146・42・1000(新ひだか観光協会)(次のスポットまで車で20分)■ 道の駅 サラブレッドロード新冠【所要時間:40分】日高地方の観 [全文を読む]

<トランプ・安倍会談>世界を覆う強欲資本主義

メディアゴン / 2017年02月13日07時40分

薩長政権を支えたのは天皇の詔勅で「元勲」とされた伊藤博文・山県有朋・井上馨・桂太郎ら長州の4人と、黒田清隆・西郷従道・松方正義・大山巌ら薩摩の4人。そして公家出身の西園寺公望を加えた総勢9人。この9人でいわば元老政治(概念で言えば賢人政治と同じ)が行われた。【参考】<コレジャナイ>東京五輪公式アニメグッズの絶望的なダサさ最後の元老と言われた西園寺公望は昭和 [全文を読む]

お土地柄は人柄から。郷土愛の遺伝子が歴史上の偉人を生み出している

まぐまぐニュース! / 2016年09月14日00時50分

戊辰戦争で降伏した庄内藩に進駐してきたのは、薩摩藩の黒田清隆だった。黒田は西郷隆盛の意を受けて、藩主への礼を失わず、降伏条件も驚くほど緩やかだった。 明治3(1870)年、感銘を受けた18歳の前藩主・酒井忠篤は70余名の家臣を引き連れて、鹿児島に赴き、西郷隆盛から学んだ。彼らは、この時に西郷が語った言葉を『西郷南洲翁遺訓』としてまとめ、風呂敷包みで背負っ [全文を読む]

明治維新150周年カウントダウンシンポジウム in 札幌を11月20日開催 落語家 桂竹丸師匠が島津家第33代当主&北海道博物館館長と明治維新パネルディスカッション!北海道開拓に尽くした薩摩の志士たち~北海道と鹿児島の絆~

@Press / 2015年10月26日13時30分

また本年が薩摩藩英国留学生の渡英150周年に当たり、その留学生のうち北海道で活躍した村橋久成や、北海道開拓使 黒田清隆など北海道にゆかりのある人物に焦点を当てるとともに、北海道と鹿児島県の共通点を探求することで、明治維新150周年と鹿児島県に対する周知を図る機会といたします。【開催の背景】薩摩藩は、西郷隆盛や大久保利通など独自の郷中教育で育まれた優れた人材 [全文を読む]

「#俺も昔はワルかった」で織田信長がぶっちぎり優勝か

デイリーニュースオンライン / 2015年08月13日07時30分

「初代逓信大臣榎本武揚『投獄されちゃったりして…』」 「6代逓信大臣黒田清隆『酒によって大砲撃ったりしちゃいました…』」 このツイートを見た人たちは、彼らの「余罪」をリプライ。大いに盛り上がる展開に。 「榎本武揚は軍艦かっぱらって逃げた挙句、独立国まで作った人だからなぁ。」 「黒田は酔って妻に斬りかかりました。」 「まあ初代総理大臣でも放火していますし、 [全文を読む]

フォーカス