石井至のニュース

慶應幼稚舎vs慶應横浜初等部 お受験界最高峰バトル勃発

NEWSポストセブン / 2016年08月21日07時00分

小学校受験、幼稚園受験に精通する石井至氏が解説する。 * * * 慶應幼稚舎は「日本一古い私立小学校」と言われる超名門。同校の学校説明会で、舎長(校長)が「幼稚舎に受かると、『我が世の春』と勘違いする親御さんもいれば、(落ちて)悲嘆にくれて絶望する親御さんもいる。たかだか小学校の入試に落ちたくらいで人生は決まりません」と言ったのを聞き、驚いたことがある。そ [全文を読む]

替え玉入試事情 「父親が話せないからレンタルパパで面接」

NEWSポストセブン / 2016年10月19日07時00分

著書に『慶應幼稚舎と慶應横浜初等部』がある、幼児教室・小学校受験『アンテナ・プレスクール』の石井至校長はこう話す。 「4、5年前までは、うちのお父さんはまともに話せないから、レンタルパパを借りて面接でしゃべらせるっていう話を言っている人はいましたね。今は受験票が厳しく管理されています。願書には子供だけじゃなく親の写真も貼らせます。で、その人が本当に受験した [全文を読む]

裏口入学の相場は1千万円 超難関有名私立では数十億円も

NEWSポストセブン / 2016年10月18日07時00分

というのも、幼児教室・小学校受験『アンテナ・プレスクール』の石井至校長も、有名幼児塾の現役社員のX氏も、ともに「安すぎる」と言うからだ。 石井さんは「相場が違いすぎる。超難関有名私立だと数億円、数十億円ということもある」と言う。X氏もこう続ける。 「1年に何人かの親から“裏口入学の話が…”と相談されますが、いずれも400万円程度とかそんな話ではありません。 [全文を読む]

裏口入学のブローカー 親から親へと紹介され首つなぐ

NEWSポストセブン / 2016年10月17日07時00分

著書に『慶應幼稚舎と慶應横浜初等部』がある、幼児教室・小学校受験『アンテナ・プレスクール』の石井至校長が実態を明かす。 「ブローカーはそもそも裏口入学はさせられないです。“太いパイプを持っている”などと嘘をついてお金をだまし取る。でもほとんどの人が恥ずかしいから泣き寝入りして、他人に相談しない。だから裏口入学のブローカーはなかなか捕まらなかったんです。 [全文を読む]

来年開校の慶応初等部「読書習慣ある家庭が有利」とお受験プロ

NEWSポストセブン / 2012年08月08日07時00分

自らも塾を運営し、これまで多数の子供を慶応幼稚舎に合格させた実績のあるコンサルタントの石井至氏(石井兄弟社社長)はいう。 「1期生の募集になるので、学校の教育方針を実現できる素養のある子を合格させるでしょう。具体的にいえば、初等部が掲げている3つの教育方針のうち『体験教育』『自己挑戦教育』は幼稚舎とダブります。幼稚舎は何かひとつ得意なことを見つけるだけで [全文を読む]

フォーカス