金永のニュース

韓国 飯島訪朝事前掌握できず日本に大物情報将校を送り込む

NEWSポストセブン / 2013年06月10日07時00分

5月半ば、飯島勲内閣官房参与が北朝鮮を電撃訪問し、序列第2位の金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長と会談した。この訪朝の内幕をジャーナリストの須田慎一郎氏が解説する。 * * * 第二次安倍内閣の現職閣僚の一人が、筆者にこう言う。 「古屋圭司拉致問題担当大臣が、まさに自信満々といった口調で、『今回は一気呵成に行く』と言っているのです。安倍首相の側 [全文を読む]

張成沢氏処刑後の北朝鮮最高指導部の3つの変化に注目集まる

NEWSポストセブン / 2013年12月23日07時00分

金夫妻は昨年の式典では、ナンバー2の張成沢氏や叔母の金敬姫・党政治局員、金永南・最高人民会議常任委員長や軍指導者と横一線に並んでいたが、今年は金永南氏や軍最高幹部が一歩後ろに下がったことで、金正恩独裁体制が確立しつつあることを暗示している。 さらに、昨年の場合、軍最高幹部は金氏の左側に並んでいたが、今年は逆の右側に並んでいる。これも伝統的な共産党の序列を表 [全文を読む]

「朝鮮総連ビル落札」は拉致被害者帰国のために仕組まれたものだった

アサ芸プラス / 2013年11月19日09時58分

「今年5月、飯島勲内閣官房参与が電撃訪朝し、北朝鮮NO.2の金永南最高人民会議常任委員長、金永日朝鮮労働党書記と会談。宋日昊日朝国交正常化交渉担当大使とは複数回の意見交換を行った。実はこの際、拉致被害者の帰還についても話し合われています」 そのやりとりは次のようなものだったという。 飯島 拉致被害者を日本に返してほしい。 北朝鮮 では1人50億円ほしい。 [全文を読む]

A猪木氏「日朝トップ会談の下地作りのため訪朝強行」と識者

NEWSポストセブン / 2013年11月06日07時00分

――猪木氏は張氏のほか、北朝鮮でナンバー2の金永南(キムヨンナム)最高人民会議常任委員長とも面識があるなど太いパイプを持っている。どうしてそこまで北朝鮮から信頼されているのか。辺:1996年に新日本プロレスの興行を平壌で成功させて、当時の対日責任者だった金容淳(キムヨンスン)とパイプを持ったことから、北朝鮮人脈を築いていきました。その後、韓国の金永三政権が [全文を読む]

飯島勲参与「これが“電撃訪朝”拉致会談の全貌だ!」(1)十数人が帰国候補に入った

アサ芸プラス / 2013年05月31日09時58分

北朝鮮NO.2の金永南〈キム・ヨンナム〉最高人民会議常任委員長、金永日〈キム・ヨンイル〉朝鮮労働党書記と会談。宋日昊〈ソン・イルホ〉日朝国交正常化交渉担当大使とは複数回の意見交換。これ以外の政府高官とも面会し、18日、羽田空港に帰国──。 これが飯島勲内閣官房参与(67)の電撃訪朝におけるおもだった動きである。02年の小泉訪朝と拉致被害者5人の帰国、そして [全文を読む]

人間共生学部開設記念 北京大学中国語言文学系との共同シンポジウム -- 3月3日(金)、関東学院大学関内メディアセンター

Digital PR Platform / 2017年02月22日08時05分

【シンポジウム概要】 ◯日時 3月3日(金)15:30~17:00 15:30 主催者挨拶 15:40 北京大学紹介 基調講演「人間共生と現代に生きる中国思想」 張輝北京大学教授 16:30 パネルディスカッション 「人間共生−中国文学理論、日中の民間交流を通して」 金永兵(きん・えいへい)北京大学教授 段躍中(だん・やくちゅう)日本僑報社代表・北京大学 [全文を読む]

[関東]流通経済大登録メンバー:後期

ゲキサカ / 2016年09月29日01時40分

流通経済大・後期リーグ登録メンバー ■監督 中野雄二 ■主将 MF塚川孝輝(4年=広島観音高) ▼GK 1 松岡昂輝(4年=瀬戸内高) 21 西岡佑馬(3年=神戸科学技術高) 22 オビ・パウエル・オビンナ(1年=JFAアカデミー福島U18) ▼DF 2 小池裕太(2年=新潟U-18) 3 橋本直哉(4年=流通経済大柏高) 4 塚川孝輝(4年=広島観音高) [全文を読む]

[関東]流通経済大登録メンバー

ゲキサカ / 2016年04月15日22時15分

流通経済大登録メンバー ■監督 中野雄二 ■主将 MF塚川孝輝(4年=広島観音高) ▼GK 1 松岡昂輝(4年=瀬戸内高) 21 西岡佑馬(3年=神戸科学技術高) 22 オビ・パウエル・オビンナ(1年=JFAアカデミー福島U18) ▼DF 2 小池裕太(2年=新潟U-18) 3 橋本直哉(4年=流通経済大柏高) 13 宮内雄希(3年=広島ユース) 15 今 [全文を読む]

北朝鮮・金正恩第一書記の“デビュー延期”を中国はどう見たか?

週プレNEWS / 2015年06月08日11時00分

一方、今回は約10日前に金第一書記の不参加をロシア側に伝え、代わりに労働党内序列2位で、対外的には国家元首の役割も果たす立場にある金永南(キムヨンナム)・最高人民会議常任委員長を出席させた。北朝鮮はむしろ、国際社会からの孤立を恐れ、彼らなりにできる限りの手を尽くしたと見るべきでしょう。 ともあれ、これで金第一書記の最初の訪問国が中国になる可能性が高くなりま [全文を読む]

訪朝したアントニオ猪木・参院議員 張成沢氏銃殺の見解語る

NEWSポストセブン / 2014年01月10日16時00分

猪木:私の訪朝を手配してくれたのは金永日(キム・ヨンイル)さん(朝鮮労働党書記、国際部長)です。まず彼との1時間ほどの会談があって後日、張成沢さんと話しました。内容はすべてビデオで撮影してあります。 佐藤:具体的にはどのような話を? 猪木:スポーツ交流の話をしましたが、政治的な話も突っ込んでしています。一つはとにかく腹を割って話す機会を作るために日本から [全文を読む]

加藤嘉一「北朝鮮に逆利用され、米韓を怒らせた飯島氏の訪朝は“オウンゴール外交”です」

週プレNEWS / 2013年06月10日14時00分

これらの特殊事情がなければ、政治家でもない“単なる密使”の飯島氏が、北朝鮮ナンバー2の金永南(キム・ヨンナム)・最高人民会議常任委員長と会談などできるはずがない。事実、会談や空港での様子を含めた写真や映像は、内外に向けた政治的プロパガンダにいいように利用されました。 「まんまと引っかかった」という表現は使いたくありません。安倍首相にも狙いがあったのでしょ [全文を読む]

飯島参与が訪朝直後に会談した“中国人女性”の正体

WEB女性自身 / 2013年05月29日07時00分

「北朝鮮ナンバー2の金永南最高人民会議常任委員長と会談したときでした。大勢の出席者のなかで、飯島氏のテーブルにだけ、灰皿が置かれていたといいます」(官邸詰め記者) 電撃的な北朝鮮訪朝から帰国した飯島勲内閣官房参与(67)。彼は、タール18ミリの「ゴールデンバット」を1日2〜3箱吸うヘビースモーカーだ。ナンバー2との会談での異例の厚遇。だが、飯島氏のいまの役 [全文を読む]

権力基盤が揺らいでいる? 金正恩“雲隠れ”の間に北朝鮮で起きた大異変

週プレNEWS / 2012年07月12日10時00分

例外は、お飾りの国家元首にすぎない金永南(キムヨンナム)最高人民会議常任委員長が、わがままな金正日に代わって外国の要人と会談をこなしたときくらいのもの」 独裁下の北朝鮮では指導者はただひとりというのが鉄則。それ以外は高位の党人だろうが軍人だろうが、金ファミリーの“家来”にすぎない。ボスを差し置いて家来が目立つことなど、絶対にあってはならないことなのだ。 「 [全文を読む]

フォーカス