高木仁三郎のニュース

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.12「日航ジャンボ機墜落、チェルノブイリ原発」安全神話が崩れた大事故の悲惨

アサ芸プラス / 2017年01月02日17時55分

高木仁三郎・原子力資料情報室世話人(物理学者)の話。「原子炉はウラン235を核分裂させて稼働し、通常の運転状態なら、核分裂生成物は燃料棒の中に閉じ込められているわけです。ところが、いったん燃料棒が溶け始めると、死の灰が温度上昇に従って、キセノンやクリプトン、ヨウ素、そしてセシウムといった順に、外に飛び出してしまうんです。そして、これらの種類を見れば炉心温 [全文を読む]

各地で活躍する優れた非営利組織を表彰します 「第3回エクセレントNPO大賞」募集開始 結果発表は12月上旬予定

DreamNews / 2014年08月21日18時00分

http://www.excellent-npo.net/index.php/ja/第1回受賞団体●エクセレントNPO大賞 該当団体なし●市民賞 Youth for 3.11●課題解決力賞 高木仁三郎市民科学基金●組織力賞 スペシャルオリンピックス日本●東日本大震災復興支援賞 ネットワークオレンジ MMサポートセンター 遠野まごころネット ゆめ風基金 セカ [全文を読む]

住民語る「美味しんぼ問題で語られなかった“福島の切実”」

WEB女性自身 / 2014年05月24日07時00分

反原発運動に大きな影響を与えた故・高木仁三郎さんが始めた高木学校のメンバーだ。 11年12月から半年間、東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員も務めた。 騒動のきっかけは、4月28日発売の『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)の「美味しんぼ」で、主人公で新聞記者の山岡士郎が福島第一原発を取材後に疲労感を訴え、鼻血を流す場面だった。 さらに双葉町の前 [全文を読む]

ストーキング、なりすまし、汚物を配達......「反原発へのいやがらせ」がひどい!

tocana / 2014年04月02日12時00分

・成りすまし 例えば、反原発に生涯を捧げた科学者・高木仁三郎の「成りすまし葉書」や「存命中に送られたニセお悔やみ手紙」(これらは現存していて"物証"として掲載されている)に代表される手紙の送付がある。 本人に"成りすまし"たり、ニセの不倫情報を記すなどし、運動家や活動家を誹謗中傷したものだ。また特定の活動家の名前を明記し「逮捕された」「死んだ」という文書 [全文を読む]

「いつもアジドラ★いっき見アジドラ」、3月ラインナップ発表!!韓国のドラマ・映画・エンタメが盛りだくさん!

スポーツソウルメディアジャパン / 2014年01月28日18時46分

【放送スケジュール】 3月1日(土) 後10:00~深夜0:00 3月8日(土) 後11:15~1:15 3月22日(土) 深夜0:15~2:15●未来潮流「科学を人間の手に~ 高木仁三郎・闘病からのメッセージ」…3/8ほか SD 約74分 (日本 1999年) [全文を読む]

脱原発つぶやく毎日記者 御用ジャーナリストとの批判に反論

NEWSポストセブン / 2012年07月27日16時00分

チェルノブイリ事故6年後に現地を取材し、高木仁三郎さんの著書に感銘を受けた私は、原発が大事故の起こりうるシステムであり、ウランがいずれは枯渇するという資源的制約から考えても、再生可能エネルギーに移行するまでの過渡的なエネルギー源であると判断しています。だから、1本も原発推進の記事を書いたことがないし、ずっと「脱原発」の姿勢で記事を書き続けてきました。「御用 [全文を読む]

フォーカス