大平太のニュース

高畑充希「家政婦のミタ」脚本家の連ドラ主演 共演者も発表<過保護のカホコ>

モデルプレス / 2017年06月05日04時00分

◆主演に高畑充希を起用したワケ そして、大平太プロデューサーは主演に高畑を起用した理由を「この『過保護のカホコ』という企画を思いついた時、脚本家の遊川さんと、『今、日本で一番芝居の上手い若手女優さんとやろう』と決めました。それが、高畑充希さんだった。高畑さんが、出演してくれなかったら、この企画はやめてたと思う」と説明。 実際、高畑とあったときには「彼女な [全文を読む]

高畑充希、民放ドラマ初主演で究極の箱入り娘に!「家政婦のミタ」遊川和彦がオリジナル脚本

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年06月05日04時00分

「家政婦のミタ」でも遊川とタッグを組んだ大平太プロデューサーが「脚本家の遊川さんと『今、日本で一番芝居の上手い若手女優さんとやろう』と決めました。高畑さんが出演してくれなかったら、この企画はやめていたと思う」と明かす本ドラマ。高畑は「毎週観られて展開が早くて、身構えずに気楽に観ているうちに、意外なところで胸がじわっと温まったり心がピリッとしたり。そんな作 [全文を読む]

素の小澤廉が98%!「あとの2%はセクシーゾーンが見えていないだけ」

Woman Insight / 2017年02月04日20時00分

大平太鼓を叩くシーンでも、太鼓初体験ながらコーチの指導でみるみる内に力強く太鼓を打てるようになる彼を見て、役者としても、身体能力を見ても凄みを感じることが多かったです」(小林裕和) 小澤廉さんのインタビューは後半へ。次回、子ども時代の“魔の木曜日”の話から、「2.5次元俳優」と呼ばれることについて聞いてみました。 (撮影/小林裕和、取材・文/さとう のりこ [全文を読む]

天海祐希&沢村一樹が“偽装の夫婦”に

Smartザテレビジョン / 2015年08月27日06時00分

プロデューサーは遊川とのタッグでヒット作を生み出してきた大平太が担当する。天海は「遊川さんの作られる脚本のパワーに負けないように、全力で演じたいと思います。皆さまに楽しんでいただけるよう、スタッフ、出演者一同頑張りますので、ぜひ応援してください」とコメント。また、沢村演じる超治という人物については、「底抜けに明るいところ、そして人に壁を作らないところが沢村 [全文を読む]

天海祐希、沢村一樹と夫婦役 話題のドラマの全貌が明らかに

モデルプレス / 2015年08月27日06時00分

また脚本の遊川氏は「天海さんの隠されている本当の姿、例えばダークサイド(?)が観たいと思います」と、番組プロデューサーの大平太氏は「天海さんは、僕がプロデューサーとして初めて主演女優としてご一緒した女優さんです。始めから天海さんを想定した企画を8年ぶりに実現できることに胸を踊らせています」と天海に期待を寄せている。 ほか内田有紀、工藤阿須加なども出演する [全文を読む]

天海祐希「女王の教室」の最強タッグ復活<コメント到着>

モデルプレス / 2015年07月28日05時00分

また、遊川氏とタッグを組みヒット作を生み出してきた同局の大平太氏がプロデューサーを務める。 ◆「多少のプレッシャーもある訳なんですが」 天海は「また、遊川さんとお仕事させていただけることになりました。それがなんと!遊川さん連ドラ30本目の作品だそうで!多少のプレッシャーもある訳なんですが。しかしやはり、有り難く嬉しいことです。前回の作品の時より、私自身成長 [全文を読む]

今夜最終回「○○妻」脚本家×プロデューサー対談(2) ドラマはまだまだ終わらない!

Smartザテレビジョン / 2015年03月18日12時38分

「○○妻」(日本テレビ系)や「家政婦のミタ」('11年日本テレビ系)で、個性的な女性主人公像を描いてきた脚本家・遊川和彦氏とプロデューサー・大平太氏。3月18日(水)の今夜、最終回を迎える「○○妻」の見どころとテレビドラマの課題や未来について語ってくれた。□「この原作を持ってくれば」が視聴者に見抜かれている(大平)■20年前はオリジナルで勝負。今は包み紙だ [全文を読む]

「○○妻」脚本家×プロデューサー対談(1) ドラマの現場20年間をプレーバック!

Smartザテレビジョン / 2015年03月11日21時10分

「○○妻」(日本テレビ系)や「家政婦のミタ」('11年日本テレビ系)で、個性的な女性主人公像を描いてきた脚本家・遊川和彦氏とプロデューサー・大平太氏がドラマの現場20年を振り返りや未来について、そしてまもなく最終回を迎える「○○妻」の見どころを語ってくれた。■90年代は花形プロデューサーがいてドラマが憧れの仕事(遊川)□当時はキャスティング第一。視聴率一桁 [全文を読む]

「○○妻」の“○○”は…“契約”妻ではない!?

Smartザテレビジョン / 2015年01月27日21時54分

印象的なタイトル「○○妻」、そもそもこのタイトルの“○○”とはいったい何を意味するのか、大平太プロデューサーを直撃した。 ――ひかりは正純のためなら何でもする完璧な妻だが、どこか謎めいている。そんな“妻”を主人公に作品を作った経緯とは? (脚本家の)遊川(和彦)さんとの打ち合わせでは、いつも僕が妻の、遊川さんが(当時の)彼女の愚痴を言うところから始まってい [全文を読む]

1月ドラマの初回視聴率ランキング発表!

Smartザテレビジョン / 2015年01月21日17時02分

第4位「○○妻」(日本テレビ系) 14.4%脚本家の遊川和彦や大平太プロデューサーなど「家政婦のミタ」('11年、日本テレビ系)のスタッフが再集結。柴咲コウ演じる、ひたすら夫に尽くす妻・ひかりのキャラクターが早くも注目を集めている。第5位「銭の戦争」(フジ系) 14.1%韓国の漫画家、パク・イングォンによるコミックを草なぎ剛主演でドラマ化。父親の借金によっ [全文を読む]

フォーカス