安藤祐介のニュース

ラグビー日本代表・大野均選手、絶賛!! 今話題のラグビー小説、安藤祐介著『不惑のスクラム』重版出来!!

PR TIMES / 2016年05月26日12時21分

発売直後からじわじわと共感を呼んでいる青春ラグビー小説『不惑のスクラム』(著:安藤祐介)。本作にはラグビー日本代表の大野均選手(東芝ブレイブルーパス所属)からも絶賛のコメントが届き、このたび、重版が決定いたしました。 “不惑ラグビー”という、40歳以上の選手だけが出場できる草ラグビーを題材に、それぞれの事情を抱えながら社会で闘う大人たちを描いた、安藤祐介 [全文を読む]

【著者に訊け】安藤祐介氏 ラグビー小説『不惑のスクラム』

NEWSポストセブン / 2016年05月04日07時00分

【著者に訊け】安藤祐介氏/『不惑のスクラム』/KADOKAWA/1600円+税 たとえ過失であっても、人1人の命を奪った人間を、どう受け入れればいいのか。そんな正解のない問いを巡って大いに揺れ、不惑どころではない中高年集団が、安藤祐介著『不惑のスクラム』では老体(?)に鞭打ち、楕円のボールを一心に追うから素敵である。〈不惑ラグビー〉。若くて30代後半、最高 [全文を読む]

【著者に訊け】安藤祐介 会社員の奮闘描いた『おい!山田』

NEWSポストセブン / 2014年04月02日11時00分

【著者に訊け】安藤祐介氏/『おい!山田』/講談社 1400円+税 子供の頃からグズと罵られ、就職すればすぐクビになるダメ男が、なぜか一流広告代理店に入社。社員のストレス解消を一身に担う“取り締まられ役”として社業発展に大いに貢献する(?)第1回ドラマ原作大賞受賞作『被取締役新入社員』(2008年)を始め、ありそうであり得ない設定や、ふざけているようで意外に [全文を読む]

『半沢直樹』にハマった人におすすめの傑作お仕事小説

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月11日12時10分

■『被取締役(とりしまられやく)新入社員』 安藤祐介 講談社文庫 630円 鈴木信男は筋金入りのダメ人間。観光気分で受けた一流広告会社に、ひょんなことから採用される。彼に与えられた仕事は、“ひとりいじめられっこ政策”のトリシマラレ役。主な業務は、制作局のエリート社員の“ストレスのはけ口”だったのだが物語は意外な方向へ展開し……。 【働くことの意味を知る、 [全文を読む]

幻冬舎初の電子書籍フェア「電本フェス」2月1日より4週連続で開催!!~新作、話題作、名作、ぜんぶあります!~

@Press / 2013年02月01日16時30分

(※幻冬舎創立20周年記念作品) 山田悠介日本の地下水が危ない 橋本淳司浮かぶ瀬もあれ 白川道60歳で小説家になる 森村誠一社史編纂室 アフター5魔術団 安藤祐介賢人の仕事術 酒巻久/小宮一慶/生島ヒロシ/佐々木かをり/渡邉美樹賢人の簿記・会計術 山田真哉/近藤仁/高橋和徳/辛坊正記/高橋洋一強い力と弱い力 大栗博司ミツカン社員のお酢定食 ミツカン [全文を読む]

フォーカス