加藤光久のニュース

トヨタが電動化を加速!2050年に「脱エンジン」を目指す

clicccar / 2016年12月08日11時39分

「EV事業企画室」は豊田章男社長直轄の組織で、加藤光久・寺師茂樹 両副社長を統括役員に、室長には現行4代目プリウスの開発を手掛けた豊島浩二氏が就任。豊田自動織機、アイシン精機、デンソーからも人材を募り、僅か4名で構成されています。 欧州に目を向けると、世界販売台数で依然競合するVWが先頃、パワートレーンを強化した「e-ゴルフ」を発表。 駆動用のリチウムイ [全文を読む]

トヨタ自動車が「EV事業企画室」を始動!電動化加速へ

clicccar / 2016年12月05日08時03分

豊田章男社長直轄の組織となっており、加藤光久・寺師茂樹 両副社長を統括役員に、室長には現行4代目プリウスの開発を手掛けた豊島浩二氏が就任。 既存の社内組織に属さない、独立した社内ベンチャー的な組織運営を目指しており、意思決定を迅速化することで、EVの早期商品化につなげる考えといいます。 欧州ではVWが排ガス不正問題以降、EV戦略を鮮明に打ち出しており、B [全文を読む]

トヨタ、今度こそ本気で電気自動車の開発に取り組む

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年12月03日19時00分

代表取締役副社長の加藤光久氏と寺師茂樹氏もこの新たなEV部門に関わるようだ。章男氏は、2009年よりトヨタ自動車の社長兼CEOを務めているため、トヨタがEVに本格参入するという方向性に、もはや疑問の余地はないだろう。何しろ、リーダーである社長が関わっているのだから。 エンジニアについては、プラグイン・ハイブリッド「プリウスPHV」の開発責任者、豊島浩二氏が [全文を読む]

トヨタの「カイゼン」が40年以上続く理由――加藤光久 トヨタ自動車副社長

経済界 / 2016年10月11日13時44分

その理由を技術担当の加藤光久副社長が語った。飛躍もヒントも改善から―― 中部地区のモノづくりの力には定評があります。その理由をどう考えていますか。加藤 志の高さだと思います。トヨタはもともと織機の会社でした。それが自動車をつくろうというのですから、志なくしてはできません。これはトヨタの社員だけでなく、地域についても同様です。自動車をつくるには数多くの部品が [全文を読む]

新型プリウスが採用した「TNGA」って何?

clicccar / 2015年12月11日11時33分

新型プリウス発表会には、豊田社長は来場していませんでしたが、加藤光久副社長によると、「クルマつくりの構造改革」と語っています。 従来は細かくプラットフォームが分かれ、同じ車種でも仕向け地により細かく仕様が異なっていたなどの無駄を省き、高効率化、コスト低減を狙っているのは確かで、プラットフォームやパワートレーンだけでなく多くのパーツも見直されています。 加 [全文を読む]

トヨタ、「わくわくワールド 来て、見て、体験、ものづくり!」を開催

JCN Newswire / 2015年09月25日15時39分

トヨタ技術会による「TESフェスティバル2015」と豊田市による「とよたものづくりフェスタ2015」で構成Toyota City, Japan, Sept 25, 2015 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)の社内有志の団体であるトヨタ技術会*1(会長 : トヨタ自動車(株) 副社長 加藤光久)、豊田市ならびにとよたものづくりフェスタ [全文を読む]

水素で生活が変わる? 100年後、200年後の子どもたちの環境を考えた「MIRAI」に込めた本当の思いとは?

clicccar / 2014年12月26日10時03分

「MIRAI」の発表会で加藤光久副社長は、「水素社会の実現に向けて、自動車会社として出せる答えがMIRAIの開発であり、MIRAIの登場はプリウスを超えるさらなるイノベーションの幕開けです」と宣言し、水素社会のモビリティでの分野でトヨタが貢献していく決意のほどが感じられます。 また、発表前日に公開された豊田章男社長の動画でも「クルマのターニングポイントで [全文を読む]

どうなる燃料電池車!普及に向けた第2幕がスタート

FUTURUS / 2014年11月14日11時01分

今年6月25日、大型展示施設「メガウェブ」(東京都江東区)で発表の際、「700万円程度で、本年度末までに販売する」(同社・加藤光久取締役副社長)と公言していた。 ■ 長かった下済み時代 花開かせるためには、さらなる努力必要 トヨタが燃料電池車の研究開発を始めたのは、いまから22年前の1992年だ。当時はまだ、プリウス(1997年、初代発売)の基本構想が練 [全文を読む]

トヨタ、「わくわくワールド 来て、見て、体験、ものづくり!」を開催

JCN Newswire / 2014年08月27日15時57分

トヨタ技術会による「TESフェスティバル2014」と豊田市による「とよたものづくりフェスタ2014」で構成Toyota City, Aug 27, 2014 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)の社内有志の団体であるトヨタ技術会*1(会長: トヨタ自動車(株) 副社長 加藤光久)、豊田市ならびにとよたものづくりフェスタ実行委員会*2(委 [全文を読む]

トヨタ、中国の研究開発センターで完成披露式を実施

JCN Newswire / 2013年11月14日16時06分

披露式典には、省政府、市政府からの来賓、木寺昌人在中国日本国特命全権大使、中国第一汽車集団公司(以下、一汽集団)、広州汽車集団股份有限公司(以下、広汽集団)の合弁パートナーの代表者、トヨタからは加藤光久副社長、伊原保守副社長らが出席した。式典において、加藤副社長は「トヨタが中国のお客様にご満足いただけるクルマを提供し続けるために、中国でお客様の声を聞き、妥 [全文を読む]

トヨタ、2年連続販売台数世界一への壁〜「第2トヨタ」で苦戦の中国攻略なるか?

Business Journal / 2013年09月24日07時00分

第2トヨタを加藤光久副社長とともに担当する伊原保守副社長は、新経営体制の発足会見の席上、「将来、世界販売台数が1000万台を達成する時には、新興国で半分の500万台を目指す。次の(有力)市場とされるケニア、ミャンマー、カンボジアにも布石を打ちたい」と語った。●中国の厚い壁 トヨタの前に立ちはだかるのが、中国の厚い壁である。トヨタの13年上半期(1~6月)の [全文を読む]

トヨタ、「わくわくワールド 来て、見て、体験、ものづくり!」を開催

JCN Newswire / 2013年09月04日23時43分

トヨタ技術会による「TESフェスティバル2013」と豊田市による「とよたものづくりフェスタ2013」で構成Toyota City, Sept 4, 2013 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)の社内有志の団体であるトヨタ技術会*1(会長:トヨタ自動車(株) 副社長 加藤光久)、豊田市ならびにとよたものづくりフェスタ実行委員会*2(委員 [全文を読む]

トヨタ:「わくわくワールド 来て、見て、体験、ものづくり!」を開催

JCN Newswire / 2012年08月23日16時36分

トヨタ技術会による「TESフェスティバル2012」と豊田市による「とよたものづくりフェスタ2012」で構成Aichi, Aug 23, 2012 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)の社内有志の団体であるトヨタ技術会*1(会長: トヨタ自動車(株) 副社長 加藤光久)、豊田市ならびにとよたものづくりフェスタ実行委員会*2(委員長: 保田 [全文を読む]

フォーカス