田中彰のニュース

[関西]首位・阪南大、計16得点で4連勝!ルーキーMF田中彰馬が今季2点目(16枚)

ゲキサカ / 2017年05月05日17時46分

※別サイトへ移動します ●関西学生サッカー連盟公式サイト ●twitter:JUFA_kansai ●facebook:関西学生サッカー連盟 ●Google Plus 関西学生サッカー連盟広報フォトアルバム [全文を読む]

[プレミアリーグWEST]11-0勝利で得失点8差も逆転!名古屋U18がプレミア残留!:第18節

ゲキサカ / 2015年12月07日00時07分

MF田中彰馬の3ゴールとMF梶山幹太のゴールによって前半10分までに4点リードを奪った名古屋はその後もMF川崎健太郎の連続ゴールやこの日3得点を挙げたMF杉田将宏の活躍などによって加点。11-0で勝利した名古屋は勝ち点を履正社と同じ21まで伸ばし、加えて履正社との間に8点差あった得失点差を大逆転してプレミアリーグ残留を果たした。一方、今年初昇格した履正社は [全文を読む]

母の日に、「花のある暮らし」を贈れる最新のフラワーギフト。

PR TIMES / 2017年04月18日17時33分

東京で2店舗の花屋「ex. flower shop & laboratory」を運営する、株式会社BOTANIC(東京都目黒区、代表取締役:田中彰)は、一定期間、四季折々の花と、その花に関する新聞が届く「ハレとケ定期便」のギフトチケットを販売開始しました。[画像1: https://prtimes.jp/i/25440/1/resize/d25440-1- [全文を読む]

[横山杯]桐光学園は前線で起点作れず…粘り強く勝利をつかみ取った武南が2連勝

ゲキサカ / 2016年12月29日02時24分

後半頭からDF金子開研とDF田中彰真を送り出し、交代選手でリズムを変えようとしたが叶わず、「中盤ではできている場面もありましたが、一つ前の位置で起点を作って、そこから厚みのある攻撃をしたかったですけど、そこができなかったですね」と声のトーンを落とした。 それでも守備では、第1節の慶應義塾戦は無失点、この試合でも最少失点にとどめた。最終日に向けて石橋コーチは [全文を読む]

[プレミアリーグWEST]最終節も後半失速して逆転残留ならず・・・名古屋U-18は東福岡に0-4で敗れ、初降格

ゲキサカ / 2016年12月12日07時17分

「前期に対戦した時に、チンチンにやられたので苦手意識があった」(DF小田逸稀、鹿島内定)という名古屋MF田中彰馬に対しても、ほとんど見せ場を与えない。一方、東福岡はテンポの良いパス回しからサイド攻撃を繰り出したが、44分に左クロスから放ったMF高江麗央(G大阪内定)のヘディングシュートが枠から外れるなど名古屋DFを脅かすことができず、両者、無得点のまま前半 [全文を読む]

軟式野球の頂点を決めるゼビオドリームカップJUWNES(東海地区・愛知ブロック代表)が東京バンバータ(関東地区・東京Aブロック)を下して初優勝!

PR TIMES / 2016年11月28日18時41分

<大会結果> 優 勝:JUWNES(東海地区:愛知ブロック代表) 準優勝:東京バンバータ(関東地区:東京Aブロック代表) 表 彰:最優秀選手賞 市川翔平(JUWNES) 優秀選手賞 田中彰(東京バンバータ) <大会概要> 大 会:第2回ゼビオドリームカップ2016 主 催:「第2回ゼビオドリームカップ2016」実行委員会 (ゼビオグループ/株式会社TBS [全文を読む]

[クラブユース選手権(U-18)]展望:Eグループは復活の気配が漂う広島ユース、Fグループは宮本新監督率いるG大阪中心の戦いに

ゲキサカ / 2016年07月23日08時31分

主将のMF梶山幹太を起点に、MF田中彰馬らが繰り出す攻撃力は大会でも随一だ。躍進の鍵となるのは、課題と言える失点癖の解消。山崎真監督が就任してから取り組む組織的なボール奪取と「最後まで身体と頭を同時に動かせる力」(山崎監督)を発揮できれば、上位も見える。 エースのFW菅大輝が一足早くトップチームに活躍の場を移している札幌U-18も2種登録済のGK櫻庭立樹ら [全文を読む]

[プレミアリーグWEST]「残念」「悔しい」名古屋U18vs神戸U-18は3-3ドローに

ゲキサカ / 2016年07月05日10時11分

名古屋は直後にMF田中彰馬がボレーシュートを決めて再び勝ち越し。だが、山崎真監督が「中断期間中にここまでWESTで最多失点だった守備を改善しようと取り組み、意識は少しずつ変わってきましたが、まだ成果は出ていません」という名古屋は、勝ち越した1分後に神戸FW泉柊椰に同点ゴールを奪われてしまう。 この後、互いに4点目を目指したが、決定打は生まれずに3-3で引 [全文を読む]

[プレミアリーグWEST]G大阪ユースが後半53分の決勝点で競り勝つ:第7節2日目

ゲキサカ / 2016年07月03日19時50分

名古屋は追いつかれた直後の後半28分にMF田中彰馬のゴールで再び勝ち越したが、神戸は29分にFW泉柊椰が同点ゴールを決めて3-3で引き分けた。 2日、第7節1日目の3試合を行った。5勝1敗で首位のセレッソ大阪U-18(大阪)はアウェーで大津高(熊本)と対戦。前半17分にMF松岡大智のゴールで先制すると、後半にもMF上畑佑平士とU-17日本代表FW中島元彦が [全文を読む]

[プレミアリーグWEST]広島ユースが大分U-18に3-0快勝:第2節4日目

ゲキサカ / 2016年05月22日14時29分

ともに開幕戦黒星スタートだった京都サンガF.C.U-18(京都)対名古屋グランパスU18(愛知)戦は前半、名古屋がFW深堀隼平の2ゴールとMF杉田将宏、MF田中彰馬のゴールによって4得点を先取。京都は後半13分にFW服部航平のゴールによって1点を返したが、名古屋は直後に深堀がこの日3得点目となるゴールを決めて5-1で快勝している。 【プレミアリーグWES [全文を読む]

フォーカス