畠山啓のニュース

[MOM1942]西目MF今野颯(2年)_181cmの長身レフティーが左足で2発

ゲキサカ / 2016年11月11日20時16分

畠山啓監督はフィジカルの強さに欠けている部分を指摘する。本人もそれを自覚。この日は終盤に運動量が低下しただけに、守備でもハードワークしてチームに貢献できる選手になることを掲げている。課題ももちろん多いが、懐の深いボールキープと左足キックなど面白い存在だ。憧れの日本人プレーヤーはMF中村俊輔(横浜FM)。「もっと2列目から抜け出したり、味方の縦パスを受けて [全文を読む]

[選手権予選]「3年生が決めろ!」の檄に応えた西目の10番MF伊藤、右足ループで貴重な追加点!:秋田

ゲキサカ / 2016年10月21日14時34分

[10.20 全国高校選手権秋田県予選準決勝 新屋高 1-3 西目高 八橋陸上競技場] 2-0で折り返したハーフタイム、西目高の10番MF伊藤玲央主将(3年)は畠山啓監督から強烈な檄を受けていた。指揮官は「前半は状況判断がまずく、弱気になった面があったので、『いつまで2年生に迷惑かけるんだ。3年生が決めろ!』とハッパをかけました」。その言葉に燃えた10番は [全文を読む]

[選手権予選]西目は元FWのCB加川が奮闘、決勝ではFW時代のライバル封じて全国決める

ゲキサカ / 2016年10月21日13時59分

畠山啓監督は「(FWに未練があって)本人は100パーセント納得していないと思いますけど……」と語っていたが、本人はチームのために今はCBに集中して勝つことを目指している。FWでは技術面などに課題があったことも感じており、納得のコンバート。そのCBは「(自分は)県内では身体が大きい方なので、相手のハイボール競って勝つとか身体の強さを活かしていきたい」と力を [全文を読む]

[選手権予選]3年生は先発、ベンチ合わせて2人。同期、先輩の思い持って戦った西目が秋田決勝進出!

ゲキサカ / 2016年10月21日12時49分

だが、この日は畠山啓監督が「力関係はリーグ戦は2敗していますし、新屋の方が1枚、2枚上と認めた上での苦肉の策でした」という戦術、プランが見事に効果を発揮する。本来、ボールを握ってからのテクニカルな崩しと前からの勢いある守備も特長とする西目だが、プレスをかける位置を普段よりも10~15m下げて対応。指揮官も「思った以上にハマりましたね」と微笑んでいた新屋対策 [全文を読む]

[MOM1527]西目DF伊藤輝(3年)_毎朝掃除機で自宅の清掃、心整えたSBが「やってしまった」スーパーミドル!

ゲキサカ / 2015年10月24日20時56分

本当にびっくりしています」と語り、畠山啓監督も驚きの表情を隠さなかった。 当の伊藤輝は「やってしまった」と微笑。クロスのこぼれ球を豪快に左サイドネットへ突き刺したシュートについて「昨日のCK練習でも何回かこぼれ球あったんですけど全部フカしてしまった。でもあれ(今回のゴール)は、しっかり(シュートを)抑えて気持ちで押し込もうと思いました。難しかったですけれど [全文を読む]

[選手権予選]昨年決勝のリベンジ!「下手くそ」と言われ続けてきた世代の西目が14回目の全国へ王手!!:秋田

ゲキサカ / 2015年10月23日12時12分

西目のCB山崎嘉樹主将(3年)が「去年、自分も出ていてPKで負けてしまって、本当に悔しくて、組み合わせ決まった頃から新屋とやったら絶対勝つぞと思って練習していました」と語り、畠山啓監督も「年代が違うと同じ相手でも内容もサッカーも全然違うんですけど、去年決勝で破れているので、借り返して秋商への挑戦権を取ろうと」臨んだ因縁の新屋との準決勝。西目が持ち味のスピ [全文を読む]

[DAYS×ゲキサカ連動企画vol.12]西目高MF佐藤勇矢(3年)

ゲキサカ / 2014年10月27日21時13分

西目の畠山啓監督は「アイツだけはすごいなと思う。間に合わないかな、と思うところも全力で迷い無く行ってくれるし、高橋のゴールは彼がボールを奪ってからの得点だった。素晴らしい頑張りだった」と佐藤のプレーを絶賛。指揮官からの信頼も絶大だった。 試合後、佐藤が人目もはばからず泣き続けたのは、全力を出し切ってピッチ狭しと走り回り、自分たちのサッカーを貫き、それでも [全文を読む]

[選手権予選]激戦の秋田決勝はパスサッカーとカウンター織り交ぜた新屋が初優勝!

ゲキサカ / 2014年10月27日21時01分

それでも畠山啓監督は「準決勝までは内容が良くなく、決勝で初めてきちんとつないで内容のあるゲームができた。第三者的に見てもうちの選手は頑張ったと言ってもらえると思う」とやろうとしていた高い位置からのプレス、丁寧なパス回しは存分に見せられたこともあり、選手の労をねぎらった。新屋の倍以上のシュートを放ち、優勢な時間帯が長かっただけに、前半のうちにゴールが欲しかっ [全文を読む]

フォーカス