上村春樹のニュース

全柔連・上村春樹会長がトップに居座り続けた知られざる理由

アサ芸プラス / 2013年09月02日09時59分

その明るさを際立たせたのが、指導者の暴力や助成金の不正受給など、一連の不祥事が続出しながら全日本柔道連盟のトップに居座り続けた上村春樹会長の辞任だった。 スポーツ紙担当記者は話す。 「引き際の悪さに世間の信用はガタ落ちでしたが、8月21日にようやく辞任し、後任の新会長には宗岡正二・新日鉄住金会長兼最高経営責任者が就任しました。上村氏ら前執行部を含む23人の [全文を読む]

「柔道って難しい!」女性がまったく理解してないことが判明

しらべぇ / 2016年08月12日21時00分

なんで3分間逃げまわるだけの競技を観なきゃいけないのか— クレメンティア (@hougyoku1835) August 6, 2016美しい柔道を取り戻すべく国際柔道連盟理事の上村春樹氏や山下泰裕氏が尽力しているが、思うようにはいかない状況。2014年のルール改正は「一本に重きをおく」ためとされたが、オリンピックをみるかぎりその目的は果たせておらず、相変わ [全文を読む]

TV局 多数の芸能、政財、スポーツ界等のVIP子弟社員の名前

NEWSポストセブン / 2013年09月21日07時00分

不祥事続きの全日本柔道連盟の上村春樹・前会長の息子もウチにいますね。バッシング報道の際は居づらそうでした(笑い)」 日本テレビには、同局出身の福留功男氏の娘や、アイドルグループ『嵐』の櫻井翔の妹が在籍中。櫻井兄妹の父は、テレビ局の免許更新に大きな影響力を持つ総務省のエリート官僚でもある。また、かつては石原伸晃・環境大臣も報道記者として所属していた。 テレビ [全文を読む]

全柔連、再出発への懸念〜突出した部活死亡率、前会長が東京五輪招致ロビー活動か…

Business Journal / 2013年08月27日07時00分

女子日本代表選手に対する指導陣の暴力問題、助成金の不正受給など、不祥事が相次いでいた全日本柔道連盟が8月21日、臨時理事会を開き、上村春樹会長など23人の理事が引責辞任。新会長には新日鐵住金会長兼最高経営責任者の宗岡正二氏が選出され、また業務をチェックする監事に暴力問題で女子選手から相談を受けていた元女子柔道選手で筑波大学大学院准教授の山口香氏が推薦される [全文を読む]

全柔連 13年前にも3200万円不正受給で地検の取り調べ受けた

NEWSポストセブン / 2013年06月10日16時00分

6月11日に予定される理事会では、上村春樹・会長の進退に注目が集まるが、本人はいまだ明言を避けている。しかし、全柔連関係者によれば、実は上村体制にはひた隠しにされていたもう一つの問題があるという。 「今回問題になった助成金の一部は、全柔連の強化委員会にプールされていましたが、実は全柔連は10年以上前にも、似たようなスキームで不正受給を行なっていた。シドニ [全文を読む]

全柔連の現役幹部「今の幹部の関心は地位とカネと名誉だけ」

NEWSポストセブン / 2013年04月03日07時00分

それでも上村春樹会長以下、執行部は全員留任。責任の所在は曖昧にされたままだ。 そして、今は明治大派や東海大派による「学閥」による派閥抗争も存在する。危機感を覚えた全柔連の現役幹部が、自浄作用を失った組織の実態を本誌に独占告白した。 * * * パワハラ問題で辞任した園田隆二・前全日本女子監督は明大卒で上村会長の子飼いです。それでも会長を辞めさせられなかった [全文を読む]

五輪戦士の「黒メダル」25年史(2)04年アテネ、08年北京「男子柔道」連覇 内柴正人「準強姦」前にも強要前科 「アテネ直前合宿中に女子選手が泣き出し…」

アサ芸プラス / 2012年07月25日10時56分

「それも考慮され、今大会は全柔連の上村春樹会長が団長に決まったんです。しかし、その直後に同郷・熊本出身である内柴の不祥事が発覚してしまった」(スポーツ紙デスク) まさに柔道界にとっては、顔にドロを塗られたようなものだった。全柔連関係者が話す。 「逮捕を聞いた時、『やっぱりか』という思いでした。11年に九州看護福祉大から三顧の礼で客員教授として迎えられ、女 [全文を読む]

フォーカス