中山淳のニュース

日本代表の未来は明るい? 「ベテラン回帰」よりも重要な23歳・久保裕也の台頭

週プレNEWS / 2017年03月25日06時00分

(取材・文/中山淳 撮影/松岡健三郎) [全文を読む]

鹿島が警戒すべきはC・ロナウドではない? モドリッチの味わい深いプレーこそ抑えるべき!

週プレNEWS / 2016年12月17日19時00分

中山淳/取材・文 佐野美樹/撮影) [全文を読む]

迷走するハリル采配。予選突破が最終ノルマではなかったはず!

週プレNEWS / 2016年10月07日21時00分

(取材・文/中山淳 撮影/高橋学) [全文を読む]

本田は今夏に移籍? 日本代表欧州組の不安な幕開け

週プレNEWS / 2016年08月17日06時00分

中山淳/文 ゲッティイメージズ/写真) [全文を読む]

サッカー日本代表「アギーレジャパン」が誕生する可能性は?

週プレNEWS / 2014年06月30日06時00分

W杯を現地取材中のサッカーライター・中山淳氏は、アギーレをこう評する。 「アギーレは欧州のトップリーグのひとつであるスペインのクラブで監督を歴任している、いい監督だと思います。ザッケローニよりも今のサッカーのトレンドに乗っている」 W杯の舞台で采配力を発揮した実績と、世界のサッカーの最先端をいく欧州クラブシーンでの現在進行形の活躍――、日本が目指してきた [全文を読む]

ゴタゴタ続きのACミラン。さらなる戦力ダウンは必至?

週プレNEWS / 2014年02月08日11時00分

サッカージャーナリストの中山淳氏が解説する。 「もともとアレグリ監督は今季で退陣、来季からセードルフ監督というのが既定路線。ところが、チームのあまりのダメぶりにベルルスコーニの怒りが爆発し、時期が早まったということでしょう。ミラン在籍時から、セードルフはピッチ上の監督のような存在で、将来の指導者として期待されていました。とはいえ、監督経験が皆無の人間にま [全文を読む]

難航する本田圭佑の移籍交渉にこんな声「そもそも、UEFAランキング14位のミランでいいのか?」

週プレNEWS / 2013年08月05日12時00分

そこで出場機会が得られないと、半年近く試合に出ないままブラジルW杯を迎えることになってしまいます」(サッカーライターの中山淳氏) そうなると、日本代表にも影響を与えかねない。一刻も早く本田がミランに合流してくれることを祈るばかりだ。 (写真/益田佑一) [全文を読む]

本田圭佑は移籍交渉でミランに足元を見られている

週プレNEWS / 2013年07月29日12時00分

サッカーライターの中山淳氏が語る。 「経済的に余裕があるのはCSKAのほう。金額で譲歩するなら、現状で戦力になっている本田を冬まで使えばいいと考えています。本田の後釜として獲得した選手がケガで使えないという事情もある。しかも、ここで弱気の妥協をすれば、ほかの選手の移籍にも悪影響を与えます」 両者の交渉の間に挟まれた格好の本田側にも“弱み”がある。交渉は、主 [全文を読む]

戦力外の選手だらけ? サッカー日本代表にも影を落とす“欧州組”の明暗

週プレNEWS / 2013年06月01日18時00分

サッカーライターの中山淳(あつし)氏がこう語る。 「一定の評価を得ているのは欧州3季目の内田篤人(あつと/シャルケ)をはじめ、酒井高徳(ごうとく/シュツットガルト)、清武弘嗣(きよたけ・ひろし/ニュルンベルク)、乾貴士(いぬい・たかし/フランクフルト)らドイツの4人。あとは、イングランドでレギュラーの座を獲得した吉田麻也(まや/サウサンプトン)や、オラン [全文を読む]

香川真司にあって本田圭佑にないものは「ヨーロッパにおける希少価値」

週プレNEWS / 2012年06月22日06時00分

ポジションを奪うのは簡単ではありませんが、ユベントスでピルロ(イタリア代表)に挑む姿を見たいですね」(サッカージャーナリスト・中山淳氏) 「ビッグクラブのひとつ下のレベルのクラブであれば、今年1月にラツィオ(イタリア)が手を挙げたように、戦力として興味を持たれる可能性はある。彼はやはり、それほど強くないクラブの“中盤の王様”でやるか、もしくはキープ力を生か [全文を読む]

フォーカス