中川五郎のニュース

はっぴいえんどのオールメディアボックスから単体ハイレゾ音源が配信スタート

okmusic UP's / 2015年03月18日19時00分

■『はっぴいえんどマスターピース』2014年12月26日(金)発売 PCCA.04140/¥12,000(本体)+税<収録内容> ■アルバム「はっぴいえんど」「風街ろまん」 ■アナログ盤/デジタルリマスター CD/ハイレゾ音源ダウンロードカード ■はっぴいえんど資料集 (28Pアナログジャケットサイズ) /松本隆作詞ノート レプリカ(48P)■アルバム『U [全文を読む]

由紀さおり「夜明けのスキャット」ギリシャremix世界50ヵ国以上で配信決定!中川五郎氏ナレーションによる「みんなの音楽1969」ニュースも公開!

PR TIMES / 2012年02月03日14時07分

このリミックスには、そんな私たちの思いが表れていると思いますし、これを受け容れて下さった由紀さんに感謝します」 [全文を読む]

URCアナログ復刻シリーズ12作品をアナログLP&カセットテープで発売

okmusic UP's / 2017年04月30日13時00分

はっぴいえんど、をはじめ、五つの赤い風船、遠藤賢司、岡林信康、加川良、金延幸子、斉藤哲夫、ザ・ディランII、シバ、高石友也、高田渡、友部正人、中川五郎、早川義夫、休みの国、六文銭、三上寛など、ここからデビューした強烈な才能は枚挙にいとまがない。1960年代末の反戦・社会運動の高揚を背景に、綺羅星のごとく才能が集い、個性溢れる名盤を送り出し、今なお大きな影響 [全文を読む]

加川良追悼! 教育勅語復活のいまこそ思い出せ、国のために命を捨てることのばかばかしさを歌った「教訓Ⅰ」

リテラ / 2017年04月08日19時30分

加川良は、高田渡、岩井宏、岡林信康、高石ともや、遠藤賢司、ザ・フォーク・クルセダーズ、中川五郎らとともに1970年代のフォークブームを牽引した人物。作詞に困った吉田拓郎が、加川と思しき男性が恋人に宛てたと思われる手紙の文面をそのまま歌詞にした「加川良からの手紙」の人物としてもよく知られている(この「加川良からの手紙」の制作過程には諸説ある)。 そんな彼の [全文を読む]

下北沢の名物スポット「駅前マーケット」 さよならイベント開催

太田出版ケトルニュース / 2017年04月03日13時09分

7日(金)馬浪マラカス団 8日(土)曽我部恵一、金田康平(THEラブ人間) 9日(日)松崎ナオ、山田淳 10日(月)伊藤ヨタロウ 11日(火)近藤房之助、中川五郎 らが出演する予定だ。 「さよならマーケット ありがとうマーケット」は、2017年4月7日(金)~4月11日(火)まで、下北沢駅前食品市場にて開催。 (※)追記 4月5日、主催者より 「想定以上 [全文を読む]

新しいモノを追い続ける学生の街、京都から生まれた独自の音楽性とは?

マイナビ進学U17 / 2016年07月06日12時02分

高石友也さん、中川五郎さん、高田渡さん、遠藤賢司さんらが京都に拠点を移し、活動を開始。後に“関西フォーク”と呼ばれるブームとなっていったこのシーンは、岡林信康さんの登場で最高潮の盛り上がりを見せたといえるのではないでしょうか。■関西の若者文化の核となっていた西部講堂時代は70年代へと移り変わり、1970年12月31日、京都・西部講堂で開催されたイベントが、 [全文を読む]

ピーター・バラカン×レイチェル・チャンが熱く語る傑作ドキュメンタリー映画「AMY」対談が登場!フリーの電子版音楽雑誌ERIS第15号は6月2日発行

@Press / 2016年05月26日10時30分

人気の連載「モア・ザン・ライナーノーツ」は、フォークシンガー・訳詞家・音楽評論家・小説家と幅広く活躍中の中川五郎が初登場。エリック・アンダースンの不朽の名盤「ブルー・リヴァー」(1972年)を渾身の書き下ろし。 【雑誌概要】 タイトル :「ERIS/エリス」第15号( http://erismedia.jp ) 発行日 :2016年6月2日(季刊年4回発 [全文を読む]

元ちとせ 平和への想い込め熱唱!幻の『拝啓大統領殿』も披露

dwango.jp news / 2015年10月16日11時23分

1969年にピート・シーガーにより発表され、中川五郎による日本語詞でも有名なこの曲は、元ちとせにとっても新境地とも言えるタイトで重厚なロックサウンドも印象的な1曲で、イントロから会場中がそのグル―ヴに魅了されていく。美しいメロディと元ちとせの抒情豊かなヴォーカルが会場を包み込む岩谷時子訳詞による『ケ・サラ』に続き、元ちとせが10年前、2005年に坂本龍一を [全文を読む]

元ちとせ 平和への思い込めたNEWアルバムに佐野史郎が参加

dwango.jp news / 2015年06月04日13時30分

2011年8月31日にシングルでリリースされた『永遠(トワ)の調べ』以外はすべて新録作品となり、谷川俊太郎、寺山修司、あがた森魚、松任谷由実らによる作詞楽曲や、中川五郎、加藤登紀子、岩谷時子らが日本語詞を手掛ける洋楽曲まで、全編を通じて、日本語の美しさも感じられるアルバムとなっている。元ちとせからは今作へ込めた思いを次のように寄せている。「戦後60年が経っ [全文を読む]

フォーカス