亀井勝一郎のニュース

全国の校歌・社歌を4時間演奏する「芥川也寸志の団体歌」4月16日に田端で開催。

DreamNews / 2017年02月28日09時00分

上演予定楽曲、作曲年と作詞者社歌・団体歌JALマーチ(1964年、谷川俊太郎)日産自動車社歌「世界の恋人」(1964年、野上彰)東京ガス讃歌(1984年、谷川俊太郎)ネグロス電工株式会社「山あるところ山を越え」(1987年、宮沢章二)東京ロータリークラブ「いざ友よ」(1986年、星野哲郎)鹿児島ナポリターナ(ホセ・しばさき)・幼稚園栄光学園/鳴海ヶ丘幼稚園 [全文を読む]

日本の芸術家・岡本太郎の母「岡本かの子」が愛した地、神奈川県現川崎市高津区「岡本かの子文学碑」は伝統のある芸術作品

GOTRIP! / 2017年02月11日11時30分

岡本かの子の良き理解者であった亀井勝一郎による文を、川端康成の書で記した石碑もあるので、探してみてもよいでしょう。 ・二子神社 「岡本かの子文学碑」に隣接しており、地元に人に親しまれている「二子神社」。 創建は寛永18年(1641年)といわれ、旧二子村の村社でした。 岡本かの子文学碑、二子神社は共に、東急田園都市線・二子新地駅が最寄駅になり、隣駅の二子玉 [全文を読む]

のびやかな秋の奈良を歩く!中秋の奈良大和路「とっておきの花景色」5選

サライ.jp / 2016年10月01日11時30分

[/caption] 亀井勝一郎の「大和古寺風物詩」を読んだのが、筆者が奈良好きになったきっかけ。巻頭グラフはあの入江泰吉氏だった。とりわけ、法隆寺から法起寺へ向かう前後の文章が印象的だったことを覚えている。 この場所では秋らしい青空を背景にしたカットも捨て難いのだが、塔をシルエットにした夕日の撮影地としても人気がある。欲張って、コスモスと夕日を同時に狙う [全文を読む]

“日本のビーナス”孤高の仏像・百済観音はどのように作られたのか?

週プレNEWS / 2013年04月09日06時00分

「百済観音の前に立った刹那(せつな)、深淵をさまようような不思議な旋律がよみがえってくる」(亀井勝一郎『大和(やまと)古寺風物誌』)。「その指先に、ほのかな官能を感じてくる。そうして、肉づきといったものをほとんど感じさせない痩せた長身の胸のあたりからも、かすかな息づかいをきく思いがしてくる。透明な肉感の匂い―といったものだろうか」(伊藤桂一『私の古寺巡礼 [全文を読む]

福沢諭吉、渋沢栄一ら68人の自伝を人物ごとに再編集 eBookJapanが平凡社『日本人の自伝』全巻を電子書籍化!!

PR TIMES / 2012年10月26日09時48分

『日本人の自伝』リリース予定(著者名で表記)【2012年10月】福沢諭吉/渋沢栄一/前島密/植木枝盛/馬場辰猪/田中正造/玉水常治/松山守善/福田英子/内村鑑三/新島襄/木下尚江/鳩山春子/田岡嶺雲/徳富猪一郎/三宅雪嶺/金子ふみ子/高群逸枝/大杉栄/古田大次郎/石川三四郎/片山潜/堺利彦/山川均/河上肇/南方熊楠【2012年11月】宮崎滔天/内田良平/西 [全文を読む]

フォーカス