井上弘のニュース

番組制作現場やTV局上層部にBPOへの恐怖心が蔓延

NEWSポストセブン / 2016年08月25日07時00分

だから、審議入りが決まった時点で“負け”だ」 民放連の井上弘会長がトップを務めるTBSの広報部は「BPOは自主的・自律的な第三者機関であり、公権力の関与によらずに放送の質を保つための優れた仕組みだと考えています」と“優等生的回答”をする。 が、テレビ局スタッフの本音は、「審議入りしないための番組作りが何より重要。それをみんなが気にしているから、『BPOのせ [全文を読む]

TBS前で視聴者が集結し抗議行動!TBSは要請文受け取り拒否!「言論弾圧許さない」

Business Journal / 2016年01月28日06時00分

リレートーク終了後は、「岸井成格さん『NEWS23』キャスター降板を許さない市民有志一同」が作成した、TBSの井上弘会長、武田信二社長、津村昭夫取締役(編成局担当)、伊佐野英樹・編成局長宛ての「要請文」を渡すため受付に向かったが、警備員らに阻止されて渡すことができなかった。 今回の行動は、「ザ草の根街頭アピール」と称してさまざまな問題を市民個人が街頭で訴 [全文を読む]

遠藤憲一らが違法配信撲滅を訴え!“それ、違法です”

Smartザテレビジョン / 2015年01月22日00時50分

~放送番組の違法配信撲滅キャンペーン~」の記者会見に、日本民間放送連盟(民放連)の井上弘会長、亀山千広知財委員長、そして啓発スポットに出演する遠藤憲一らが登場した。 近年、放送番組を権利者の許諾なくインターネット上にアップロードし、公開する“違法アップロード”が横行し問題になっている。少なからず放送事業への影響があるとして、民放連は違法配信対策を講じるべく [全文を読む]

TBSがサンゴ密漁で大誤報 画面に映した容疑者は別人だった

NEWSポストセブン / 2015年01月16日07時00分

その民放連の会長はTBSホールディングス会長の井上弘氏。これでは朝日の誤報も政治家の嘘も批判できる筋合いなどない。 ※週刊ポスト2015年1月30日号 [全文を読む]

ビートたけし一転『情報7days』残留も、「報道らしく」人気コーナー消滅へ

日刊サイゾー / 2014年03月28日09時00分

その理由は、TBSの井上弘会長が発した「報道番組は報道番組らしく」という鶴の一声だといわれている。もし、この話が事実ならば、「今さら何を言っているんだ!?」とあきれてしまう。 『ニュースキャスター』の前身は、1991年からスタートした『ブロードキャスター』という番組。福留功男がメインキャスターを務めていた。タレントの山瀬まみが担当した「お父さんのためのワイ [全文を読む]

竹野内豊「待ち人探しを」バレンタイン間近に恋活宣言!

WEB女性自身 / 2014年02月08日21時00分

同作はモテ男のニシノユキヒコの生きざまを描いたラブストーリーで、芥川賞作家・井上弘美の連作短編小説が原作。現在全国公開中。(撮影/河崎文雄) [全文を読む]

「故・筑紫哲也さんレベルの影響力」TBSはやっぱり、みのもんたに頭が上がらない!

日刊サイゾー / 2013年09月26日09時00分

プロデューサーが『こういう時こそ、一致団結して頑張ろう』と檄を飛ばしただけで、肝心のみのさんの進退については言及しなかったそうです」(週刊誌記者) それもそのはず、みのの処遇は、同局トップの井上弘会長が握っているというのだ。 「みのさんと井上会長は古くからの付き合いで、よく一緒に銀座の高級クラブで遊んでいましたよ。みのさんが“接待”する立場で、高価なお中元 [全文を読む]

みのもんた 元横綱朝青龍と酒対決で日本男児の面目保った

NEWSポストセブン / 2013年01月25日07時00分

お通夜には、井上弘・TBSホールディングス会長が駆けつけてくれたんです。彼と女房の枕もとで、しみじみ冷酒を酌み交わしました。あれは、一生忘れられない酒になりました。 今でも女房が恋しい。だから、どんなに酔っても必ず鎌倉の家に帰るんです。女房にお線香をあげないと落ち着かない。週末は、彼女の写真の前で飲んでます。 ※週刊ポスト2013年2月1日号 【関連ニュー [全文を読む]

フォーカス