井上靖のニュース

絶世の美女「額田王」恋の謎。万葉集に見る、いにしえの恋愛事情

まぐまぐニュース! / 2017年02月10日01時40分

井上靖の小説の中でも、宴の中で詠みあげています。確かに、宴でもなければどうやって歌を交換したんだということになります。 大海人皇子が遠くで袖を振るのを見つけた額田王が歌を届けるには、大声で叫ぶしかありません。相手は狩りをしているのです。その歌を聞いた大海人皇子が「吾恋ひめやも」と大声で言い返すなんてことはやはり考えられないのです。差し出すとすれば、人知れず [全文を読む]

ダイナム会津若松店がパチンコホール企業として初めて「会津若松市男女共同参画推進事業者表彰」を受賞

PR TIMES / 2017年01月23日15時24分

[画像1: https://prtimes.jp/i/13913/45/resize/d13913-45-811189-0.jpg ] 表彰式の様子 [画像2: https://prtimes.jp/i/13913/45/resize/d13913-45-641708-1.jpg ] 左: 会津若松市長 室井照平様 中央: 会津若松店 ストアマネジャー [全文を読む]

静寂の中、彫刻・文学・野の花に触れる―長泉町「クレマチスの丘」【富士の旅vol.1】

FASHION HEADLINE / 2016年03月17日20時00分

広大な敷地内は、フランスの画家ベルナール・ビュッフェの作品を所蔵する「ルナール・ビュッフェ美術館」、作家・井上靖の「井上靖文学館」とそれらに隣接する「駿河平自然公園」があるビュッフェ・エリアと、杉本博司が設計を手掛けた「IZU PHOTO MUSEUM」、クレマチスの庭園に併設された「リストランテ プリマヴェーラ」などのレストランがあるクレマチスガーデン・ [全文を読む]

中谷美紀「私は、愛される方を選びます」【インタビュー後編】

Woman Insight / 2016年01月23日19時30分

『猟銃』は、シルク・ドゥ・ソレイユ『ZED』などの演出家フランソワ・ジラール氏が井上靖さんの同名小説を舞台化し、“妻と愛人そして愛人の娘”のそれぞれの胸に秘められた思いをその男性に宛てた手紙で綴るストーリー。中谷さんは1人3役を見事に演じ、「第19回読売演劇大賞」優秀女優賞と「第46回紀伊國屋演劇賞」個人賞を受賞するなど話題となりました。 その中谷さんに [全文を読む]

寝技中心の「七帝柔道」に青春を捧げた学生たちを描いた小説

NEWSポストセブン / 2013年03月25日16時00分

井上靖の自伝的小説『北の海』に〈練習量がすべてを決定する柔道〉という言葉がある。作中で四高(現・金沢大)からスカウトに来た柔道部員が口にする高専柔道の核心をついたこの言葉〈小柄で才能のない者でも寝技なら練習量を極限まで増やせば必ず強くなれる〉に感銘を受け、旧制沼津中を出て浪人生活を送る主人公(洪作=井上靖)は四高を目指す。『北の海』は今なお現役の旧七帝大 [全文を読む]

全国の校歌・社歌を4時間演奏する「芥川也寸志の団体歌」4月16日に田端で開催。

DreamNews / 2017年02月28日09時00分

上演予定楽曲、作曲年と作詞者社歌・団体歌JALマーチ(1964年、谷川俊太郎)日産自動車社歌「世界の恋人」(1964年、野上彰)東京ガス讃歌(1984年、谷川俊太郎)ネグロス電工株式会社「山あるところ山を越え」(1987年、宮沢章二)東京ロータリークラブ「いざ友よ」(1986年、星野哲郎)鹿児島ナポリターナ(ホセ・しばさき)・幼稚園栄光学園/鳴海ヶ丘幼稚園 [全文を読む]

【真田丸】数万の軍勢すら敵わなかった「女たちの交渉能力」

しらべぇ / 2016年12月04日10時00分

小説を書く上ではそれでは困るので、新田次郎は「湖衣姫」、井上靖は「由布姫」と命名した。これらは史料に基づくことではない。名が記録に残らないということは、その人物が何も権限を与えられていなかったという意味。武田支配下では、女性は低く見られていたのだ。ちなみに、もとは農民であった豊臣秀吉の母・大政所ですら、「なか」という本名が後世に伝わっている。■女が天下を平 [全文を読む]

雄大な紅葉風景と湖沼群!福島・裏磐梯の秋を楽しみ尽くす5つのポイント

サライ.jp / 2016年11月07日17時00分

つばくろ谷や天狗の庭、双龍の辻など作家・井上靖氏が名付けた吾妻八景が次々と表われ、絶景の一語に尽きます。 上の写真は、「桧原(ひばら)ビューライン」と呼ばれる国道459号線の道の駅・裏磐梯からの眺めです。裏磐梯観光の拠点ともいえる檜原湖が美しく広がります。 ■3:道の駅・裏磐梯名物 福島県北塩原村、「桧原(ひばら)ビューライン」と呼ばれる国道459号線沿い [全文を読む]

定額制の音声コンテンツ聴き放題サービス 「LisBo(リスボ)」10/3(月)スタート! https://www.lisbo.jp/

DreamNews / 2016年10月03日09時00分

<公開コンテンツ>■岩波書店 (29講演)・網野善彦 「日本中世の平民と職人(第一回)(第二回)」・大野晋 「語学と文学の間」・中尾佐助 「イモの文化とイネの文化」・遠山茂樹 「近代天皇制の成立過程(第一回)(第二回)」・坂口謹一郎 「酒学入門」・高田博厚 「ルオー:その人と芸術」・谷川徹三 「日本の美」・福田歓一 「民主主義と国民国家」・真下信一 「人間 [全文を読む]

名物モンブランタワーのホットケーキが芸術的すぎる!愛知県・豊橋市が誇るホットケーキ専門の喫茶店「三愛(さんあい)」

GOTRIP! / 2016年09月23日14時00分

井上靖の小説の舞台にもなったこの街に、全国から注目を集める1軒の老舗喫茶店がある事をご存知でしょうか? それが今回ご紹介する喫茶店「三愛(さんあい)」。 実はこちらのお店、パンケーキ、ホットケーキ好きの間では非常に知名度が高いお店です。 それもそのはず、1965年創業の老舗喫茶店「三愛」のメニューはホットケーキのみ。 喫茶店王国の愛知県で、メニューがホッ [全文を読む]

千年の秘湯。森の時間が流れる青森「蔦温泉」

TABIZINE / 2016年06月12日12時00分

【泉響の湯】 作家井上靖氏が、蔦温泉の雰囲気を「泉響颯颯」(せんきょうさつさつ=泉の響きが風の吹くように聞こえてくる、の意)と表したことから名付けられました。天井が高く、開放感があります。 (C) アプティネット 【久安の湯】 湯船底板の隙間からぷくぷく湧き上がる、源泉の透き通った湯。湧出ポイントに板を貼った、「源泉湧き流し」です。ブナ材の湯船や壁、天井 [全文を読む]

子どもたちは読書離れしていない!絵本・詩集等 電子書籍購入で“紙書籍”プレゼント!『銀の鈴社 30周年記念キャンペーン』を7月末まで実施

@Press / 2016年05月24日11時00分

プレゼント対象書籍には、谷川俊太郎や井上靖、やなせたかし等の作品も含まれています。当キャンペーンにより、語り継がれるべきコンテンツを電子書籍版でリーズナブルに何冊も味わえることを体感していただくことで、育児世代の家庭において図書館や教科書等で馴染み深い絵本や詩集等の良書に触れる機会を創出します。【『銀の鈴社 30周年記念キャンペーン』概要】期間中、当サイト [全文を読む]

中谷美紀 舞台「猟銃」で見せた女優魂あふれる1人芝居

アサ芸プラス / 2016年04月16日17時57分

作家・井上靖氏が描いた同名の短編小説が原作だ。1人の男性に宛てて送った3人の女性の手紙をもとに、おのおのの胸中が明かされる恋愛ストーリーである。中谷は男の妻・みどり、みどりの従姉で男と不倫関係にある彩子、彩子の娘である薔子の3役を、90分間休む間もなく、1人で演じるのだ。冒頭の身悶えシーンは、みどりの心中を表現したものだった。 中谷の動きはさらに激しさを増 [全文を読む]

『とと姉ちゃん』 朝ドラ史上初の「生涯独身ヒロイン」に?

NEWSポストセブン / 2016年04月12日07時00分

「『暮しの手帖』の執筆者には、川端康成、井上靖、志賀直哉、井伏鱒二、三島由紀夫ら錚々たる顔ぶれが名を連ねていました。『あなたの暮し』も、文豪役としてどんな大物出演者が登場するかが本当に楽しみです。『花子とアン』の村岡花子も執筆者のひとりだったので、もしかすると吉高由里子との絡みが実現するかもしれません」(同前) 興味が尽きない今後の展開。待ちきれないファ [全文を読む]

中谷美紀、男性諸君に「女性の恐ろしさを観にきて」【インタビュー前編】

Woman Insight / 2016年01月22日08時00分

『猟銃』は、シルク・ドゥ・ソレイユ『ZED』などの演出家フランソワ・ジラール氏が井上靖さんの同名小説を舞台化し、“妻と愛人そして愛人の娘”のそれぞれの胸に秘められた思いをその男性に宛てた手紙で綴るストーリー。 中谷さんは1人3役を見事に演じ、「第19回読売演劇大賞」優秀女優賞と「第46回紀伊國屋演劇賞」個人賞を受賞するなど話題となりました。 その中谷さんに [全文を読む]

都がクリス・ハートさん起用し人権啓発CM作成――8日・13日には講演と映画の集い

政治山 / 2015年12月07日16時00分

作家・井上靖が自身と家族の実話をベースにつづった自伝的小説が原作で、幼少期の出来事により母親との間に大きな溝を抱える中年作家と、年老いて記憶もあいまいな母親との関係を中心に、家族の深い絆が描かれます。 入場無料、事前申込不要ですが、当日午前10時00分より整理券を配布(定員550人)します。 12月13日に稲城市で辻井いつ子さん講演、映画「そして父になる」 [全文を読む]

実力派女優・門脇麦が自殺志願者という難役を熱演! 「芝居をしていて楽しいと思う瞬間は少ない」

AOLニュース / 2015年09月21日12時00分

『トイレのピエタ』の松永大司監督が、井上靖の短編集「愛」収録の同名小説を映画化した『死と恋と波と』。自殺志願の男女の出会いと葛藤を叙情的に描いた作品で、今年の春には第32回釜山国際短編映画祭のインターナショナルコンペティション部門に出品され、映画ファンの注目を集めた。今回、「GYAO!」での配信を前に、自殺志願者の女性・辻村那美役を熱演した門脇麦が本作への [全文を読む]

ナレーションは堤真一! ロマンチックな“星が生まれる場所”への旅にご招待!!

Smartザテレビジョン / 2014年12月10日21時23分

旅は、井上靖の小説「敦煌」にも描かれた西夏王国が栄えた場所・銀川からスタート。かつてエベレストよりも高い山と話題になったアムネマチン山脈を望み、標高4000m級の地帯にこつぜんと姿を現す天空の湖やオリン湖とサザン湖など、絶景の連続と出合う。また、険しい地形の中で育まれたきたチベット族ら少数民族の暮らしなど、黄河流域に生きる人々にも密着する。黄河の源流域のか [全文を読む]

昭和という時代を生きた“文士”の「顔」を記録した特別展「林忠彦写真展 ― 日本の作家109人の顔」 日比谷図書文化館にて9月26日~11月25日に開催

@Press / 2014年09月19日16時00分

(2) 井上靖の直筆原稿林忠彦に寄せた「林忠彦氏の仕事」の直筆原稿6枚を展示します。(3) イラストによる撮影エピソード付きの解説書会場内で配布される解説書には、林忠彦と作家との撮影時のエピソードがイラストで掲載され、作家の意外な一面が楽しく紹介されています。また、今回の特別展では、坂口安吾以外に谷崎潤一郎、川端康成など8人の大作家を表紙にした8種類のコレ [全文を読む]

駅前が断崖絶壁 自転車訪問もNGの秘境駅が長野県に存在

太田出版ケトルニュース / 2014年09月01日09時10分

かつてこの地に住んだ文豪・井上靖の生原稿や、昔、中部天竜駅にあった鉄道博物館「佐久間レールパーク」の看板が展示されています。佐久間は民話の里としても有名で、図書館には地元・佐久間にまつわる民話がずらり。川が多いせいか、河童や蛇、竜の逸話が多いようです。 続いては、秘境駅訪問家・牛山隆信氏作成の最新版全国秘境駅ランキングにて3位を獲得した小和田駅。雅子妃の苗 [全文を読む]

フォーカス