井崎英典のニュース

「ティファールカフェ ~温度を変える。おいしさ変わる。~」開催!

PR TIMES / 2017年04月26日10時44分

【アプレシア エージー・プラス コントロール 0.8L】を使い、最適な2つの温度で淹れた日本茶の飲み比べや、世界バリスタチャンピオン 井崎英典氏が淹れたコーヒーを試飲できます。その他、1日2回開催されるレクチャーでは、日本茶ソムリエとして活躍中の「茶茶の間」店主 和多田喜氏が、お湯の温度によって変わる茶葉のおいしさをひきだす方法を【アプレシア エージー・プ [全文を読む]

料理苦手主婦でも大成功!松本伊代さんが「エアーチーズケーキ」作りに挑戦 行列の絶えない人気店「Eggs ’n Things」「ギャレット ポップコーン ショップス(R)」 ~夏季限定コラボメニューも発表~

PR TIMES / 2016年07月27日15時44分

[画像1: http://prtimes.jp/i/18884/6/resize/d18884-6-233775-8.jpg ] イベントでは「エアーチーズケーキ」の説明と共に、考案者でもあるアジア人初のワールドバリスタチャンピオン2014の井崎英典さんから「エアーチーズケーキ」を使った、ご家庭でできる簡単で美味しい「小倉エアーチーズケーキ トースト」や「 [全文を読む]

カントリーマアム・ホームパイ リニューアル記念

PR TIMES / 2015年08月25日14時44分

バリスタ世界一の井崎英典さんがプロデュースしたオリジナル珈琲が味わえる ていねいなひとときキャンペーン 開催 人気写真家 川島小鳥の撮りおろしオリジナルフォトブックもプレゼント株式会社不二家(本社:東京都文京区、代表取締役社長:櫻井康文)は、カントリーマアム・ホームパイのリニューアルを記念して、2015年8月25日(火)から”ていねいなひとときキャンペーン [全文を読む]

最高のコーヒーを味わってますか? 『珈琲ぴあ』本日発売

PR TIMES / 2016年09月28日13時01分

[画像1: http://prtimes.jp/i/11710/271/resize/d11710-271-951834-0.jpg ][画像2: http://prtimes.jp/i/11710/271/resize/d11710-271-740870-1.jpg ]<CONTENTS>コーヒーを愛する人々コーヒー好きの著名人に聞く Coffee Lo [全文を読む]

新宿伊勢丹でコーヒーの祭典!フグレントウキョウ、丸山珈琲やNOZY COFFEEなど“今美味しいコーヒー”が集結

FASHION HEADLINE / 2015年11月17日15時00分

コーヒーの魅力を引き出す“クラフトマン”には、14年アジア人初のバリスタ世界チャンピオンに輝いた丸山珈琲の井崎英典を筆頭に、東京・オーストラリア・福岡でバリスタ修行を積んだ経験を持つSWITCH COFFEE TOKYO の大西正紘など、計7名をラインアップ。日本国内はもちろん、世界でも活躍する日本人バリスタと焙煎士たちを一堂に集めた。またコーヒー豆は野 [全文を読む]

カントリーマアム&ホームパイが増量してリニューアル

Walkerplus / 2015年08月12日16時31分

同キャンペーンで対象商品のバーコードを2枚、または1枚集めてはがきに貼りつけて応募すると、抽選で2014年バリスタ世界チャンピオン・井崎英典氏プロデュースのブレンド豆が当たる。 リニューアルしてさらにおいしくなった「カントリーマアム」2品と「ホームパイ」を堪能して、世界トップクラスのコーヒーも手に入れよう!【東京ウォーカー】 [全文を読む]

バリスタ大国・日本?知られざる世界 コーヒー豆生産から関与、農業活性化にも寄与

Business Journal / 2014年12月02日06時00分

そして、14年の「ワールド バリスタ チャンピオンシップ(WBC)」で日本人として初めて世界チャンピオンに輝いたのが、丸山珈琲・小諸店に勤務するバリスタ・井崎英典氏だ。●丸山珈琲社長が明かす「世界一への道のり」 丸山珈琲は、社長の丸山健太郎氏が1991年に長野県軽井沢町に開いた自家焙煎の喫茶店がルーツで、05年から多店舗展開を始めた。頻繁にコーヒー豆生産 [全文を読む]

新宿伊勢丹でコーヒーイベント開催。バリスタチャンピオン丸山珈琲登場【オンリーエムアイ】

FASHION HEADLINE / 2014年09月05日20時30分

注目は、2014年ワールドバリスタチャンピオンに輝いた「丸山珈琲」の井崎英典。「コーヒーは人がつくるもの。生産者、バイヤー、エクスポーター、ロースターを経由し、最後にバリスタが抽出することでお客さまのもとに届くという一連のストーリーを大切にしたい」という信念のもと、期間中は毎日会場に赴いて自らエスプレッソを淹れる。 また、「赤・白ワイン、シャンパーニュを [全文を読む]

フォーカス