仲谷昇のニュース

<渡辺徹座長・文学座コント部>旗揚げ公演『おもしろいやつ』出色は助川嘉隆

メディアゴン / 2017年03月12日07時30分

仲谷昇がいた文学座である。小池朝雄がいた文学座である。岸田今日子がいた文学座である。岸田今日子がいた文学座である。神山繁がいた文学座である。三谷昇がいた文学座である。名古屋章がいた文学座である。山崎努がいた文学座である。北村総一朗がいた文学座である。徳川夢声がいた文学座である。宮口精二がいた文学座である。樹木希林がいた文学座である。岸田森がいた文学座である [全文を読む]

後世に伝えたい「ニッポンの大ヒット映画」女優!(1)「三田佳子・Wの悲劇」

アサ芸プラス / 2016年12月11日17時57分

まず、羽鳥翔の長年のパトロン(仲谷昇)が腹上死して、大きな役と引き換えに、新人の静香(薬師丸ひろ子)に身代わりを頼む場面。三田 ホテルの一室でのやり取りは、たしか1シーン1カットの長回しで撮ったはず。身代わりをためらうひろ子ちゃんに「できないはずないわ、あなた女優なのよ。女優、女優、女優!」と迫って。セリフを覚えるというより、身のうちから出るようにしないと [全文を読む]

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

仲谷昇サン演ずる歴史学者が「デパート大航海時代」や「幕末ビール維新」といったテーマで、現代の商品史を“歴史の講義風”に説いた。 〇『19xx』(90年10月~91年9月)毎回、1つの年を取り上げ、当時のヒット曲を背景に、ひたすら世相映像を流すシンプルな構成が持ち味。 〇『アインシュタイン』(90年10月~91年9月)企画・小牧次郎、構成・渡辺健一。城ヶ崎ア [全文を読む]

橋爪功 主役の大変さは、やってみると分かる

NEWSポストセブン / 2016年03月12日16時00分

芥川さんは『仲谷昇君に相談しなさい』と言ったんですが、僕は『もう決まってます。一生ついていきます』って。 それを今も引きずってます。野田秀樹には『いまどき、劇団なんて古いですよ』と言われるんだけど、先輩たちがせっかく作ってきた劇団を俺の代で潰すわけにはいかないから。 芥川さんはシェイクスピアの主役をやっては体を壊していましたが、共演した際に『なんで俺の所に [全文を読む]

杉村春子に「あんたの芝居は借り物」と指摘された加藤武

NEWSポストセブン / 2014年03月09日16時00分

小沢昭一・フランキー堺・仲谷昇といった、後に同じく俳優となる同級生たちがいた。早稲田大学に進学後も小沢の他に今村昌平・北村和夫らが同級生におり、黄金世代といえる。 演出部しか募集はなかったため、加藤は俳優ではなく裏方として文学座に入る。文学座には小津安二郎監督作品などで知られる大女優・杉村春子がいた。 「入ったはいいが、肉体労働ばかりだった。それをやりなが [全文を読む]

幻のドラマ「同棲時代」(沢田研二・梶芽衣子主演) 40年ぶりにCS放送・TBSチャンネル2で5月に放送!

PR TIMES / 2013年04月25日14時16分

《 「同棲時代(沢田研二・梶芽衣子主演)」作品情報 》 制作 TBS 地上波放送 1973/02/18 出演 梶芽衣子、沢田研二、萩原健一(友情出演)、仲谷昇、初井言榮、逸見慶子、寄山弘、 研ナオコ、湯原昌幸、市地洋子、山本コウタロー ほか 原作 上村一夫「同棲時代」 脚本 山田太一 プロデューサー 宮武昭夫 監督・ディレクター 竜至政美 ストーリー: [全文を読む]

フォーカス