伊吹雅也のニュース

最新騎手データでわかる「秋競馬」コース別攻略法!(1)芝1200メートルは横山典弘騎手を狙え

アサ芸プラス / 2016年09月10日09時56分

そこで、週刊アサヒ芸能連載でおなじみの伊吹雅也氏が「最新データ」を駆使して中山・阪神のコース別に儲かる騎手をピックアップ。本命党も穴党も勝ち組を目指そう! 秋競馬の開幕は、ゴール直前の急坂で知られる中山と阪神が舞台となる。ともにタフさが求められるうえ、芝コースは内回りと外回りがあり、展開がガラッと変わるのも特徴である。スポーツ紙レース部デスクが解説する。「 [全文を読む]

騎手別「絶対に儲かる」買い時&消し時データを極秘公開!(1)騎手のクセや特徴を見抜く

アサ芸プラス / 2014年04月24日09時52分

さまざまな馬券の攻略ポイントの中でも、騎手に注目するのが伊吹雅也氏だ。過去3年の騎手データを基に、得意のシチュエーションをあぶり出し。回収率100%超えの「絶対に儲かるデータ」を極秘公開する! 今年はゴールデンウイークの真っただ中の5月4日に行われる春の天皇賞。その前哨戦となる4月6日の大阪杯(阪神、芝内回り2000M)は、昨年のダービー馬キズナが勝利し、 [全文を読む]

荒れるオークスを獲る!牝馬操縦“巧”テク騎手で万券だ!(1)牝馬騎乗でも強いルメールとデムーロ

アサ芸プラス / 2017年05月20日09時56分

1 ルメール(46.9%)2 デムーロ(43.8%)3 福永祐一(41.2%)4 川田将雅(38.1%)5 戸崎圭太(38.0%) そこで、週刊アサヒ芸能の連載コラムでおなじみの伊吹雅也氏に登場願おう。「集計期間中、牡馬およびセン馬の複勝率は22.4%で、牝馬は18.3%。およそ4%の差がある。無難に乗れば、自然と牡馬の数値が高くなるので、この差が小さけれ [全文を読む]

競馬好き100名が渋谷に集結!3/25(土)『競馬好き飲み会』を競馬予想SNSウマニティが開催!参加者募集中!

PR TIMES / 2017年03月17日16時40分

(競馬グッズなどの賞品もあります)また、ウマニティで活躍するプロ予想家からは、現場歴40年超の佐藤洋一郎さんやデータ分析の達人・伊吹雅也さんなど多数が参加予定、ドバイワールドカップや高松宮記念の予想も聞けるかも!?女子必見の導師嵐山さんの青龍占術占いコーナーもあります!イベント概要は以下をご覧ください。先着100名様限りの募集になりますので、お申し込みはお [全文を読む]

得意&不得意で成績激変「万券騎手16人」で大儲け!(1)東京2400メートルは蛯名騎手が堅実!

アサ芸プラス / 2017年02月11日09時56分

そこで、週刊アサヒ芸能連載でおなじみの伊吹雅也氏が最新データを調査。すると、万馬券に直結する“意外な新常識”が見えてきた! あの名ジョッキー、アンカツこと安藤勝己さんでさえ、引退後に「中山はトリッキーでいい思い出が少ない」と語っていたが、超一流騎手でも苦手なコースはあるものだ。ただでさえ人気になりやすいだけに、買い時と外し時が馬券収支に大きく関わってくる。 [全文を読む]

“買える騎手、買えない騎手”最新裏パドック情報!(3)若手成長株で名前があがる石川裕紀人

アサ芸プラス / 2016年02月14日09時56分

また、4年目の城戸義政(22)=36勝=や岩崎翼(21)=59勝=、伴啓太(22)=31勝=も減量特典が継続します」(競馬評論家・伊吹雅也氏) 中でも、東の専門紙トラックマンは長岡を推奨。「昨年、勝利数を伸ばしたところで減量特典が消え、騎乗依頼が減ってしまった。それでも腐らずやっているだけに、このチャンスを生かしそうです。1月24日の京都ではひと鞍のために [全文を読む]

“買える騎手、買えない騎手”最新裏パドック情報!(2)数字からも見えてくる岩田康誠のスランプ状況

アサ芸プラス / 2016年02月13日17時56分

週刊アサヒ芸能連載でおなじみの競馬評論家・伊吹雅也氏が解説する。「14年はJRAのレースにおける年間勝率が15%に達していたものの、15年は10%まで下落。特に15年10月から16年1月は5.2%と、さらに下がっています」 ちなみに15年の年間勝率5%前後の主な騎手というと、北村友一(29)=5.2%=、津村明秀(30)=5.1%=、石橋脩(31)=4.8 [全文を読む]

武豊“精密機械なペース配分”で完全復活内幕!「社台グループも評価を見直し始めた」

アサ芸プラス / 2015年12月27日09時56分

前人未到の大記録へのお膳立ては整いました」(前出・ベテラントラックマン) 週刊アサヒ芸能連載でおなじみの競馬評論家・伊吹雅也氏が朝日杯を占う。「かつては『桜花賞男』と呼ばれていた男。阪神芝1600メートル内回りのGI(06年、桜花賞以前)で【6 4 2 16】と堅実だったのに対し、阪神芝1600メートル外回りのGI(06年、阪神JF以降)は【0 1 1 1 [全文を読む]

夏競馬後半突入!「万券ガッポリ」大作戦!“札幌のオススメは勝浦騎手”

アサ芸プラス / 2015年08月07日09時57分

そこで後半戦のベスト3も、週刊アサヒ芸能連載でおなじみの伊吹雅也氏にセレクトしてもらった。「まず、札幌のオススメは勝浦騎手です。特にダート戦の成績が優秀で、86戦して勝率12%、複勝率50%と超一流ジョッキー級。それなのに人気薄で波乱を呼ぶわけですから、まさに夢のような存在です。特にコース替わりや乗り替わりで狙いたいですね」 現在、勝浦騎手は32勝で東西リ [全文を読む]

夏競馬で“万券ガッポリ”大作戦!「福島ダートはクロフネ産駒の牝馬」

アサ芸プラス / 2015年07月10日05時56分

スタートを決めて、巧みに好ポジションを取っているんでしょうね」(伊吹雅也氏) 1700メートル以上であれば北村宏騎手の出番だ。成績は〈16 16 10 66〉(38.9%/108%)で、そのうち出走頭数が14頭以下の場合は〈4 8 4 16〉(50%/150%)となる。「種牡馬のトップが京都や東京を得意とするディープ産駒というのは意外でしたね。昨年の七夕賞 [全文を読む]

夏競馬で“万券ガッポリ”大作戦!「函館二千以上の岩田騎手は買い」

アサ芸プラス / 2015年07月09日05時56分

そこでアサヒ芸能連載「2億円馬券研究所」でおなじみの伊吹雅也氏が、馬券戦略に直結する狙い目ベスト3をあぶり出してくれた。「函館で成績1位の岩田騎手は、特に2000メートル以上で買いです。過去3年の成績は〈6 12 7 23〉(複勝率52.1%/複勝回収率142%。以下同)と、複勝率は50%を超えます」 今季も開幕週の6月21日に3連勝の固め打ち。今後も目が [全文を読む]

ついにデビューするJRA“初”外国人騎手はこの「得意条件」で儲ける!(1)年間150勝が目標

アサ芸プラス / 2015年02月28日09時55分

本誌「WIN5予想」でおなじみの伊吹雅也氏が解説する。 「まずデムーロ騎手は、複勝率で見ると、13年が34.1%、14年が35.1%。11~12年は40%を軽く超えていたので、少し下がり気味です。ただ、JRA通算が37.1%ですから『ここ2年はちょっと調子が悪かった』くらいの話ですね」 一昨年は「JRAの騎手免許試験の準備と不合格ショック」(スポーツ紙デス [全文を読む]

JRA払い戻し率変更で“武豊馬券”がおいしくなる?(1)「毎週馬券を購入する人は大きな差が!」

アサ芸プラス / 2014年03月25日09時57分

伊吹雅也氏は、こう話す。 「払い戻し率がアップすることで、今後は馬連への関心度がグーンと上がるはずです。馬連なら連対率、ワイドなら複勝率を強く意識できるかがポイントになるでしょうね」 その参考として、名手・武豊(45)の競馬場、そして芝とダート別の騎手成績を例にあげてくれた。 「夏の小倉遠征が多いだけにローカルでもいい数字ですが、中でも芝の連対率が際立っ [全文を読む]

騎手と調教師「相性抜群 or 絶縁不仲」を一挙紹介(2)

アサ芸プラス / 2014年01月22日09時57分

競馬評論家・伊吹雅也氏が解説する。 「昨年、前者のコンビは〈8・6・4・52〉で単勝回収率が262%、複勝回収率は108%。後者は〈10・3・8・62〉で、単が209%、複が110%と、注意を払いたい」 [全文を読む]

「アンカツ2世」戸崎圭太(3)ウチパクより勝てると思う

アサ芸プラス / 2013年03月07日09時59分

本誌連載でもおなじみの伊吹雅也氏が“戸崎攻略法”をこう指摘する。 「堀厩舎とのコンビはダントツですが、上原厩舎では09年以降に限ると複勝率は61・1%まで上がりますし、加藤厩舎とは人気サイドよりも適度な人気薄のほうが馬券的な妙味があります。引き続き注目するとともに、中堅厩舎が主戦騎手として勝負をかけてくるケースを狙いたいです。 芝とダートでは、複勝率を見る [全文を読む]

馬主が査定した有力騎手(2)「安定感」なら福永祐一騎手

アサ芸プラス / 2013年01月29日09時59分

本誌競馬連載陣の伊吹雅也氏が指摘する。 「12年のJRA重賞の成績を見ると、岩田騎手の継続騎乗馬での勝率は25%と強烈。ですが、乗り替わりになると8・1%、連対率は43・8%から16・2%まで下がります。その点、福永騎手は継続騎乗で勝率18・8%、乗り替わりでも13・3%、連対率を見ても31・3%から26・7%と、5%ほどしか下げていません。継続騎乗馬で [全文を読む]

万馬券続出「中京競馬」のウハウハ攻略法

アサ芸プラス / 2012年03月22日10時58分

しかし、蓋を開けてみると、東京のスロー展開なら34秒を切ることもあるのに、中京では速くても34秒後半と、かなりパワーを要していました」 本誌連載でもおなじみの伊吹雅也氏もこう話す。 「10年の中京全レースにおける単勝1~3番人気馬は勝率21・5%、連対率38・0%でした。ところが、今回の2日間では、単勝1~3番人気馬の勝率が16・7%、連対率は31・9%。 [全文を読む]

フォーカス