佐瀬守男のニュース

築地銀だこ社長 「被災者の力になりたい」の思いで上場決意

NEWSポストセブン / 2014年12月08日16時00分

同社の佐瀬守男社長(52)に、上場を決意するきっかけとなった東日本大震災と被災地支援について、ノンフィクションライターの高川武将氏が聞いた。(文中敬称略) * * *「僕、本当に商売が好きなんですよ。暇が嫌いで、机の前に10分も座っていられない。常に動いていないと生きていられないんです」 たこ焼きの築地銀だこを軸とした「和のファストフード」を国内外で展開す [全文を読む]

『龍が如く6 命の詩。』発売記念!「銀だこハイボール酒場」でコラボレート企画を実施!11 月 17 日(木 )からコラボ記念オリジナルたこ焼き「極上コラボセット」が期間限定で登場!

PR TIMES / 2016年11月17日14時28分

株式会社セガゲームス コンシューマ・オンライン カンパニー(代表取締役社長 CEO:里見治紀、本社:東京都品川区)と、築地銀だこを展開する株式会社ホットランド(代表取締役社⻑:佐瀬守男、本社:東京都中央区)は、累計出荷本数 800 万本を越える家庭用ゲームシリーズ最新作、PlayStation(R)4 専用ソフトウェア『龍が如く6命の詩。』の発売を記念して [全文を読む]

関西初出店!アメリカ最古のスペシャルティコーヒーチェーン「コーヒービーン&ティーリーフ」が12月27日(日)なんばマルイにオープンします!

PR TIMES / 2015年12月14日13時59分

[画像2: http://prtimes.jp/i/3860/627/resize/d3860-627-596851-2.jpg ] 「コーヒービーン&ティーリーフ」は、L.A. Style株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:佐瀬守男)が運営するロサンゼルス発のコーヒーチェーン店です。1963年に創業し、世界27ヶ国1000店舗以上を展開。日本 [全文を読む]

30代~40代の大人の男女に向けたブランド「BAYFLOW」とLA発コーヒーショップ「The Coffee Bean & Tea Leaf (R)」がイオンレイクタウンでコラボを実施!

PR TIMES / 2015年07月03日11時12分

異業種とのコラボで大人のLAライフスタイルを提案します株式会社アダストリア(本部:東京都千代田区丸の内1-9-2、代表取締役 会長兼最高経営責任者(CEO):福田三千男)が展開する30代~40代の大人の男女に向けたライフスタイル提案型ブランドBAYFLOW(ベイフロー)は、L.A. Style株式会社(本社:東京都中央区新富1-9-6、代表取締役社長:佐瀬 [全文を読む]

自由が丘で月間15万個を販売 BAKEの焼きたてチーズタルトが香港・台湾・マカオでも販売

PR TIMES / 2015年06月02日10時40分

銀だこを運営する株式会社ホットランドの海外展開を行う子会社とライセンス契約 株式会社BAKE(以下「当社」)の海外事業を運営する関連会社であるBAKE INTERNATIONAL CONPANY LIMITED(本社:香港、Director CEO:長沼真太郎、以下「BAKE INTERNATIONAL社」)は「築地銀だこ」を全国に展開する株式会社ホットラ [全文を読む]

LA発老舗カフェ「コーヒービーン」がついに上陸!

Walkerplus / 2015年05月25日14時34分

同店を運営するL.A. Styleの代表取締役社長、佐瀬守男氏は「ロサンゼルスの店舗へ初めて行った時、最高級のコーヒーと紅茶を同時に提供するスタイルに感銘を受け、日本でもこのような専門店を広めたいと思った」と話す。 最高級アラビカ種100%のコーヒー豆を使用し、特徴に合わせて自社焙煎したコーヒーは約20種類を用意。「本日のコーヒー(シングルオリジン)」( [全文を読む]

L.A発 世界25ヶ国で展開「コーヒービーン&ティーリーフ」日本1号店が5月26日 東京・日本橋にOPEN!

PR TIMES / 2015年04月22日14時41分

アメリカ最古のスペシャルティコーヒーチェーンが日本初上陸L.A. Style株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:佐瀬守男)は、米国カリフォルニア州ロサンゼルスに本拠を置く米国最古のスペシャルティコーヒーチェーン「The Coffee Bean & Tea Leaf (R)」(以下:コーヒービーン&ティーリーフ)の日本国内における1号店を、2015 [全文を読む]

築地銀だこ社長「28歳の頃アイスまんじゅうで1億円の借金」

NEWSポストセブン / 2015年01月04日07時00分

焼そばに始まった同社がたこ焼き1本に絞るに至るまでの道のりについて、佐瀬守男社長(52)にノンフィクションライターの高川武将氏が聞いた。(文中敬称略) * * * 「実家が祖父の代から続く鉄工所でした。3時の休み時間になると、いつも婆ちゃんや母ちゃんが焼きそばを焼いて、住み込みの職人たちと皆で食べるんです。それが本当に旨かった。皆でキャッチボールしてくれた [全文を読む]

フォーカス