佐藤信一のニュース

アサツー ディ・ケイ、復興支援の写真集シリーズ第3弾『南三陸からvol.3 2012.3.11~2013.3.11』を刊行

PR TIMES / 2013年07月23日15時43分

再生にむかう宮城県南三陸町を撮り続ける写真家、佐藤信一によるシリーズ第3弾。ひとりでも多くの人に訪れてほしいと願いながら、生まれ故郷の魅力を伝える南三陸ガイドブック。 株式会社アサツー ディ・ケイ (本社:東京都中央区 以下ADK)は、 東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県南三陸町で、震災直後から現地の様子を撮影し続けている 佐藤信一さんの写真集『南三陸 [全文を読む]

2011.9.11から、様々な想いを抱え迎えた2012.3.11追悼式までをおさめた、写真集第2弾を刊行 『南三陸から vol.2 2011.9.11~2012.3.11』

PR TIMES / 2012年06月28日16時38分

株式会社アサツー ディ・ケイ (本社:東京都中央区 代表取締役社長:清水與二 以下ADK)は、東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県南三陸町で、震災後から現地の様子を撮影し続けている佐藤信一さんの写真集『南三陸からvol.2 2011.9.11~2012.3.11』を刊行します。本書は、昨年9月に刊行された写真集『南三陸から 2011.3.11~2011. [全文を読む]

現地の写真館 店主佐藤信一氏が、故郷と大切な人々を撮り続けた写真集 『南三陸から 2011.3.11~2011.9.11』 「講談社出版文化賞」写真賞を受賞

PR TIMES / 2012年06月01日11時45分

株式会社アサツー ディ・ケイ (本社:東京都中央区 代表取締役社長:清水與二 以下ADK)は、グループ内出版社の株式会社日本文芸社との協同で企画・発行した『南三陸から 2011.3.11~2011.9.11』で、著者である佐藤信一氏が第43回講談社出版文化賞【写真賞】を受賞したことをご報告いたします。「南三陸から 2011.3.11~2011.9.11」は [全文を読む]

<南三陸町の成人式>2011年の震災翌日に卒業式を控えていた中学3年生たちが成人式

メディアゴン / 2016年01月18日07時20分

テレビのニュースで紹介されたミニドキュメントに登場したのは、映画「うたごころ」に協力して下さっている地元の写真店主でカメラマンの佐藤信一さんの息子さんでした。佐藤さんは、自宅と店を失いながらも、甚大な被害を受けた町と人々の再起を図る姿を、温かい目線で撮り続け、写真集「南三陸から」のシリーズを出版されている方です。その中の一つ、傷だらけの集合写真は、佐藤さん [全文を読む]

そして賠償打ち切り? 安倍政権の“福島県民見殺し策”が始まった!

週プレNEWS / 2014年12月04日06時00分

■自宅から300m地点にプルトニウムが! 原町区大原地区にある佐藤信一さん宅。勧奨地点の指定世帯だ。玄関横に置かれた庭石に測定器を近づけると、いきなり3000cpmカウント・パー・ミニッツを超える表面汚染が見つかった。この数値はどのくらい高いのか? 原発施設などに設けられる放射線管理区域では、法律によって1000cpmを超えるものは汚染されていると判断さ [全文を読む]

フォーカス