佐藤敬のニュース

第20回モリサワ文字文化フォーラム「筆蝕と曲線」

PR TIMES / 2017年05月12日11時14分

京都府文化功労賞、日本文化デザイン賞、京都新聞大賞文化学術賞、佐藤敬之輔賞も受賞。現在、『石川九楊著作集(全12巻)』(ミネルヴァ書房)を刊行中。本年7月、登録作品1,000点、著作刊行100点への到達を記念し、石川九楊の書の宇宙を広く紹介する「書だ!石川九楊展」を開催する。(上野の森美術館にて2017年7月5日(水)~7月30日(日)) [全文を読む]

ピカソやブラック、岡本太郎、東郷青児の作品が同時に並ぶ『日本におけるキュビスム−ピカソ・インパクト』

NeoL / 2017年01月20日22時47分

◆ 出品作家および出品予定作品数 出品作家 89 名 出品予定作品数 約160 点 パブロ・ピカソ[10 点]、ジョルジュ・ブラック、東郷青児、萬鐵五郎、古賀春江、柳瀬正夢、村山知義、仲田定之助、黒田重太郎、今西中通、川口軌外、坂田一男、三岸好太郎、前田寛治、難波田龍起、恩地孝四郎、小山田二郎、鶴岡政男、松本竣介、池田龍雄、阿部展也、佐藤敬、岡本太郎、山 [全文を読む]

[総体]強豪連破して4強進出の飛龍、静岡学園を完封も初の全国には届かず:静岡

ゲキサカ / 2016年05月30日08時38分

後半は両サイドから再三ドリブルで仕掛けられたが、右SB遠藤優(3年)とCB佐藤敬樹主将(3年)が連係でボールを奪うなど強固なディフェンス。前線、中盤の献身的なプレスバック含めて運動量も落とさなかったチームの守備面については指揮官も及第点を与えていた。 3回戦で選手権予選覇者の藤枝東高を1-0で破り、準々決勝ではプリンスリーグ東海で首位争いを演じる藤枝明誠高 [全文を読む]

[総体]先輩たちが成長遂げた夏の全国経験して個々が飛躍を、静岡学園がPK戦制して決勝進出!:静岡

ゲキサカ / 2016年05月30日07時33分

CB佐藤敬樹主将(3年)やCB青木啓悟(3年)、GK月田翔一郎(2年)中心に守る飛龍は局面で数的優位をつくり、FW白川大吾廊(3年)らが繰り出す静岡学園のドリブル突破を封殺。静岡学園は後半10分、白川の仕掛けからPA中央でボールを受けた福原が反転しながら右足シュートを放ったが、シュートは枠上へ外れて絶好の先制機を逃してしまう。 [全文を読む]

タイポグラフィの「今」を知る、貴重な一冊!『日本タイポグラフィ年鑑2016』刊行のお知らせ

PR TIMES / 2016年04月11日17時40分

グランプリインタビューほか、協会顕彰・第15回佐藤敬之輔賞もあわせて収録しています。 誌面サンプル [画像2: http://prtimes.jp/i/12505/147/resize/d12505-147-433122-2.jpg ] [画像3: http://prtimes.jp/i/12505/147/resize/d12505-147-601220 [全文を読む]

キャンパス内期日前投票所で若者の投票率アップを!!~2015統一選「Create Future山梨」の取り組み

政治山 / 2015年05月14日11時50分

山梨大学と同じく今回の統一選から期日前投票所を設置した弘前大学では、入学式の告辞で、佐藤敬学長が、「弘前に移り住むことになった新入生の皆さんには、ぜひ、弘前市民として住民登録をしていただくようお願いします」と住民票の移動を促しています。こうした呼びかけも欠かせません。 選挙権年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる『公職選挙法』改正案が成立する見通しで、 [全文を読む]

フォーカス